2012年11月29日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2012年第3半期に通信事業者向けのIP電話市場でSession Border Controller (SBC) が前年同期比で11%伸びたと報告しました。また今四半期にVoice Over Long Term Evolution (VoLTE) servicesが北米とアジアで始まり新しい時代の幕を開きました。 これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています. 「5四半期前に弊社はSBC市場での競争条件の変化について警告しました。2012年の始めには価格が2011年中期に比べて28%下落しました。 現在は価格は完全に戻ったわけではありませんが、上昇を始めています。今後はSBCの成長に加えてVoice Over Long Term Evolution (VoLTE) servicesやIMS Applications Serversの成長が期待できます。」 また報告書によると通信事業者向けのIP電話市場はcircuit switched 加入者とVoice Over IP (VoIP) 加者を合わせて14億ドルに達したとのことです。 <本報告書について> 弊社のIP電話通信事業者市場レポートは、市場規模、市場シェア、台数/ライセンス/チャネルの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは有線、無線のIP電話(音声コア)市場をSoftswitch、Media Gateway、Session Border Controllers (SBC), Softswitch、音声アプリケーションサーバIMS CSCF, とlegacy mobile switching centers.のセグメントに分けて分析しています。また各々のMedia Gatewayを高密度、中密度、低密度に分類しています。 … Continued


2012年9月27日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2012年第2半期に世界市場で通信事業者向けルーターの売り上げが前年比で大きく減少したことが判明しました。2011年半ばに始まった市場の停滞が続いています。通信事業者向けルーターは通信事業者がインターネットの管理に使うものですが、殆どの地域と、かつトップグループのメーカー全てで減少しています。 これについて弊社副社長であるShin Umedaは次のように語っています。 「2011年半ば以降多くの要因が重なって減少が続いています。ヨーロッパの経済不振、米国と中国の投資サイクルの下降、量の増加を上回る価格の低下といったものです。今年後半もこうした傾向は続くでしょう。このため今年は前年比で横這いになるでしょう。」 通信事業者向けルーター市場のシェア首位はCiscoで、続いてJuniper, Alcatel-Lucent、 Huawei Technologiesという順位です。この順位はここ当分変化がなく、2012年第2四半期ではこの4社で90%以上のシェアを獲得しています。 <本報告書について> 上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, 100Mbps, 1000Mbps, 10 Gbps、100Gbps、その他(WANスイッチを含む))/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査したものです。セグメントとしては、通信事業者向けのコアとエッジ、企業向けのルーターを網羅しています。 電話:米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール:Jessica@delloro.com Webサイト:www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。


2012年9月24日

これについてDell’Oro Groupの先任ディレクターであるAlan Weckel は次のように述べています。 「Huawei とZTEの前期比での大きな伸びがイーサネットスイッチ市場のもう一度の四半期ベースでの記録的伸びをもたらしました。また中国市場が伸びるにつれて、中国メーカーが世界的に売り上げとシェアを増加させています。ただ、アジアの伸びは著しいですが、市場の大部分は北米と欧州が占めています。北米のシェアは今後も高く維持されるでしょう。これはデータセンターの拡充とWeb 2.0 build-outsの進展が他地域より早く、かつ大規模に進んでいるためです。」 また報告書は10 Gigabit Ethernetがすべての地域で売上を伸ばしていると分析しています。この市場でのポート出荷ベースでの上位6社はBrocade, Cisco, Dell, HP, IBM, と Juniperです。 <本報告書について> 上記のイーサネットスイッチ市場特別レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。 … Continued


これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています. 「2011年第2半期ではSession Border Controller (SBC)市場で競争が激化する兆しが見えます。この市場は対前年同期比で38%伸び、Alcatel-Lucentは新規参入し、4%の市場シェアを獲得しました。」 また報告書によるとGENBANDが固定音声コア市場ではシェア首位で、ワイヤレス音声コア市場ではEricssonがシェア首位です。 <本報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の通信事業者向けIP電話市場5ヵ年予測レポートは、ソフトスイッチ、メディアゲートウェイやSBCの市場規模、平均販売価格とライセンス・チャネル出荷を詳細に調査・分析しています。このレポートはメディアゲートウェイを高密度、中密度、低密度のセグメントに分けて分析しています。 通信事業者向けIP電話市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の四半期報告と5ヶ年予測は光伝送、イーサネット・スイッチ、ルーター、アクセス、SAN、モビリティ・インフラストラクチャー、IP電話とワイヤレスLANといった幅広い技術領域に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に、かつ精密に調査・分析しています。 以上


2012年8月27日 Dell’Oro Groupの調査により、DWDM光伝送市場で、2012年前半の全世界売上高が前年同期比で5%縮小したことが判明しました。売り上げは61億ドルに達しました。 弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「2012年前半の全世界売上高は北米と欧州といった先進地域で投資が少なかったため縮小しました。40 と 100 Gbpsの伝送需要が伸びを牽引しています。しかし、アジア太平洋や中南米といった新興地域では通信事業者の投資意欲は強く市場は伸びています。」 First Half 2012 Growth Rates vs. Year-Ago Period Regions Growth Rate North America -12% EMEA -16% Asia Pacific 7% Rest of World (Latin America) 11% Worldwide -5% また報告書によると、 1. Huawei は全世界で20%のシェアを占めています。 … Continued


2012年8月16日 Dell’Oro Groupが2012年第2四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場について、2G/3G分野では停滞しているものの、LTE分野では非常に好調であると報告しました。 1. LTE RANは前年同期比で3倍以上の伸び/br> 2. 本四半期末ではLTEネットワークが85以上商業化された。これは前年同期比で4倍。 3. 加入者は二千八百万人に達し、前期比で70%の伸び。 4. TDD LTEは全LTEの9%を占める。 Dell’Oro Groupの先任アナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「LTEは相変わらず明るい状況です。通信事業者が2G ,3G の投資を押さえているので、LTEのみが伸びています。北米と韓国では通信事業者が全力でLTEの普及に努めていますが、他の地域でも離陸の兆しがあります。例えば北米以外の地域でのLTEの比重は6%近く伸びています。」 報告書ではLTE全体ではEricsson とAlcatel-Lucentがシェア1位と2位を維持しているが、3位にはNokia Siemens Networks がHuawei を抜いて上がったと報告しています。Samsung がFDD/TDD LTE marketでは5位ですが、 Huawei とZTE はLTE TDD marketをリードしています。ただ LTE だけでは2G, 3Gの減少は補えずRAN市場全体では18%縮小しています。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> 当社のモビリティ・インフラストラクチャー四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMAとWiMAX別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 モビリティ・インフラストラクチャー市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 … Continued


2012年8月15日 Dell’Oro GroupがL2-L3イーサネットスイッチ市場が2016年には250億ドルに接近するとの5カ年予測を発表しました。L2-L3のスイッチングでは, データセンター向けに最適化された需要が好調で、売上の伸びの中心となります。この結果2015年には市場の大部分は10Gbps が占めるものと予測しています。また、40Gbpsと100Gpsの需要も堅調で2016年には両方合わせて30億ドルに達するとみています。 これについてDell’Oro Groupの先任ディレクターであるAlan Weckel は次のように述べています。 「クラウドがネットワークがいかに構成され、誰が機器を保有するかを変えつつあります。データセンター自体がクラウド化し、データセンター内のすべてのサーバーは全てのリソースに接続されるようになると見ています。ただ企業が自分でクラウドを所有するか、第三者にアウトソースするかはまだ分かりません。クラウドのアウトソース化は数少ない巨大なデータセンターに業務が集中するため、機器メーカーの顧客の数は減りメーカー間の競争は激化するでしょう。なお弊社は現在データセンターのネットワーク機器とユーザーアプリケーション機器を分けて分析することを検討しています。データセンタースイッチングで技術リソースがどう配分されていくかに影響があるため両者を別けて分析することが必要です。」 また報告書は2016年には40Gbpsと100Gpsの需要がモジュラー型全体の20%を超えるとみています。Cisco とExtremeがこの範疇の機器を提供しています。 <データセンターアプライアンス市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のData Center Appliance市場四半期報告はApplication Delivery Controller (Modular, Fixed and Virtual) とWAN Optimization (Physical and Virtual)の市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と出荷数量をメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 この報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 … Continued


2012年8月15日 Dell’Oro Groupがアクセス市場の最新の5ヶ年予測を発表しました。これによると、今後5か年は広帯域サービスや売上増につながる新サービスが増えるため、アクセス市場は好調な伸びになるとのことです。これをセグメント別にみると、GPONのOLT, VDSL, DOCSIS 3.0 Cable CMTS, VDSL infrastructure 機器が伸び、ADSLの減速を補うとの見込みです。最も成長するのはGPON で、次に CMTS 、そしてVDSLと続きます。 Dell’Oro Groupの主任アナリスト、Steve Nozikはこれについて次のように語っています。 「GPONを牽引するのは中国ですが、その他地域でも多くのプロジェクトがあります。CMTSについていえばIP ビデオサービス、中小企業向けの用途開発に加えて本命のインターネットの需要を巡っての地域電話会社との競争が機器の需要を拡大させています。技術的には今後5年間はDOCSISが主流を占めます。Additional channel bondingが益々増える帯域への要求に対応できるためです。VDSLはvectoring technology でcross-talkを除去できるようになったため、銅線が使用できる限度を広げたことがやはり需要を伸ばしています。」 <本報告書について> Dell’Oro Groupのアクセス機器市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、DSL、ケーブル機器、PONといった技術カテゴリー毎の売上高、台数と価格の表が入っています。これはCMTS, DSLAMs(ADSL, G.SHDSL, VDSL), OLT(BPON, EPON, GPON)といったネットワークインフ アクセス市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 … Continued


2012年8月14日 Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場 は2016年には90億ドルになるとの見込みです。 Dell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)への需要は堅調です。通信事業者がセルサイトを追加し、ネットワークのIP化を進めているためです。モバイル無線は現在音声よりもPacketのデータ量が多くなっています。将来はこれがさらに進みます。通信事業者がネットワークエッジやセルサイトにより多くのルーターやスイッチを配備して効率やスループットを上げるため、モビリティ・後方支援機器は増えていきます。」 また報告書の主要な論点は以下の通りです。 モビリティ・後方支援機器のうち、伝送機器は年率2%増えて2016年には60億ドルに達するでしょう。Microwaveが半分以上を占めるでしょう。 スイッチ、ルーターは年率9%増えて2016年には30億ドルに達するでしょう。全体の約30%にまで増えることになります。 マクロセルの展開が一段落した後、都市部ではmicro and pico cells あるいはsmall cells の展開が進むでしょう。直視ラインを必要としないソリューションがもとめられるため、small cell後方支援システムへの需要が伸びるでしょう。 <本報告書について> モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので各機器の売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。また世界、及び地域のモバイル加入者とセルサイトの数を含んだ表を提供しています。 モビリティ・後方支援機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 モビリティ・後方支援機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro … Continued


2012年8月8日 Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場でLTE機器が今後5カ年で年率50%以上成長するとの見込みです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratz はこれについて次の様に語っています。 「LTEの米国、日本、韓国での早期導入の成功によって世界中の通信事業者はLTEの導入にコミットしました。効率、通信の遅れの改善、全体のスループットに優れ、かつ将来方向も明確なためです。導入以来たった18カ月ですでにRAN市場の15%以上を占めています。」 また報告書は今後5カ年RAN市場全体(マクロと公衆アクセス用小セル)ではLTEの伸びが従来の(GSM/GPRS/EDGE, TDMA, CDMA, およびWiMAX)の減速を補い、年率2%で成長するものと見ています。公衆アクセス用小セルは5カ年の後半には大きく伸び 、2016年には全体の9%を占めると予測しています。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場5ヶ年予測はRAN市場全体(マクロと公衆アクセス用小セル)の完全な展望を行うもので、 LTE, WiMAX, GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Center、RE Carrier別の売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。 モビリティ・アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 … Continued