2013年8月26日 -

Dell’Oro Groupが2013年第2四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場が、3四半期連続で、前年同期比で成長したと報告しました。 これは2G/3G分野では停滞しているものの、LTE分野が好調であるためです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「第2四半期は南米、北米と欧州が二桁伸びて、アジア太平洋が弱含みだったことを補いました。弊社は2013年後半のRAN分野への設備投資は、2012年第四半期や2013年第1四半期の急成長よりは鈍化するものの、依然プラスを維持すると見ています。これは北米や欧州は伸びが鈍化しても、アジアが下半期に伸びると見ているためです。」 報告書はWCDMA/LTE market ではEricssonが首位のシェアを保ち、Huawei が2位でシェアを伸ばしていると報告しています。この2社で合計63%のシェアを得ています。   <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> 当社のモビリティRAN四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMA、LTE-FDD, LTE-TDDとMobile WiMAX別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。モビリティRAN市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話:   米国 650-622-9400 内線244 FAX:    米国650-654-9428 電子メール Julie@delloro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。   以上


2013年8月26日 -

Dell’Oro Groupの最新の5カ年予測によると、Application Delivery Controller (ADC) market は順調に伸び、2017年には23億ドルを超えるとのことです。これは、データセンターの新規建設に加えてデータセンターの統合も予想されるためです。 Dell’Oro Groupの主任アナリストであるCasey Quillin はこれについて次の様に語っています。 「ADCの 2013年の滑り出しはスローですが、年間では5%を超える成長になると見ています。ADC は2012年には成長が鈍化しました。LTE の新規建設による収入は伸び悩み、また競争激化による価格低下で、特に下位製品が影響を受けました。しかし、コアは堅調で、かつpublic Cloud on virtual ADCs による好影響はまだ出てきたばかりの状況です。またCiscoがACE module を止めたことで市場に大きな穴が空きました。新規業者がすぐこの穴を埋められるわけではないので、Citrix, F5, Radware, と A10 はこの機会をとらえて受注を伸ばしています。」   <データセンターアプライアンス市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のData Center Appliance市場5カ年予測はApplication Delivery Controller (Modular, Fixed and Virtual) とWAN … Continued


2013年8月26日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第2半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で20%増となったことが判明しました。 1.   Evolved Packet Core (EPC) が大幅に伸び、全体を牽引しました。EPCの市場の大部分は北米で、LTE radio networksの加入者のトラフィックを管理するために使われています。 2.   北米がLTEの加入者の大きな部分を占めています。 3.   Alcatel-Lucent が北米で強いことが本四半期での急速なシェアの増加の主因です。 これについて当社副社長のChris DePuyは次のように語っています。 「Evolved Packet Core (EPC)市場のシェアは大きく変動しています。前期ではCiscoが2位の座を占めました。一方今期は, Alcatel-Lucentがシェアを大きく伸ばして首位に踊り出ました。しかし、過去3四半期のsessionの出荷パターンを見てみるとより安定した業界図がわかります。Ericssonが首位を堅持しています。」   <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core予測レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment (GGSN, SGSN, PDSN and ASN Gateway) とEvolved Packet … Continued


2013年8月26日 -

Dell’Oro Groupの調査により、光伝送機器市場で、2013年第2四半期の全世界売上高が 5四半期振りに前年同期比で成長したことが判明しました。 弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「2013年第2四半期は光伝送機器市場にとって素晴らしい四半期でした。需要が北米とアジア太平洋で大きく伸び世界需要をプラス8%に押し上げました。北米では通信事業者がメトロの設備能力を拡大させました。これは個人、企業向けの両方にブロードバンドのサービスを提供しようとするもので、これに伴ってDWDM systemの配備も進みました。これで北米トップのFujitsu とCienaが恩恵を受けています。アジア太平洋では中国の移動通信業者がモバイルLTE network を拡大するため、packet backhaul systemsとDWDM long haul systems for inter-provincial capacityを急速に展開しています。これで恩恵を受けているのが、  ZTE とHuaweiです。」 Optical Transport Equipment Market $3.5 Billion in 2Q13 Region Y/Y Growth North America + 18 % EMEA – 6 % … Continued


2013年5月28日 -

Dell’Oro Groupの調査により、光パケット機器市場で、2013年の全世界売上高が前年同期比で27%成長し、11億ドルに達したことが判明しました。過去4四半期の合計では20%伸びて、46億ドルの市場になっています。弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「光伝送機器市場は急速にpacket optimized transport systemsに移行しています。 2012年の全世界売上高は減りましたが、幾つかのメーカーは売上を増やしています。このなかで、トップに立っているのは、Ciena とHuaweiでそれぞれ 22%を占めています。 Optical Packet Equipment Market (Based on revenue) Total Market 1Q13 Trailing Four Quarter MFG Revenue ($B) $4.6 B       Region Share Y/Y Growth North America 34 % 15 … Continued


2013年5月28日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第1四半期でWLAN市場全体が前年同期比で17%伸びたことが判明しました。特に戸外向け市場での出荷が好調でした。またDOCSIS 3.0 cableモデム が最近出荷され始めたことに伴ってBroadband WLAN組み込みの宅内機器が増えています。 当分野の副社長であるChris DePuyは次の様に語っています。 「2013年に企業分野向けに二つの分野で新技術が導入されます。無線と有線の融合と802.11acの導入です。トップメーカーはそれぞれ、いかに新技術を導入するか、作戦を練っています。この結果市場シェアも成長率も今後数四半期変動するでしょう。」 また報告書は戸外向けOutdoor Mesh Nodes市場と企業向けを合わせて今四半期ではCisco Systems とHewlett-Packard がシェアを増やしているとしています。またSOHO市場では、NETGEARが首位で、 Technicolorが次いでいます。サービス提供者向けでは Cisco Systems, Ericsson とRuckus Wireless が上位3社です。 <本報告書について> 上記は弊社の2010年第1四半期ワイヤレスLAN市場レポートからの抜粋です。この調査は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。企業向けおよびSOHO向けアクセス・ポイント、ブロードバンド・ゲートウェイ、ネットワーク・インターフェース・カードを含み、802.11b, 802.11g、802.11a/g、  802.11nと802.11acを対象としたものです。 ワイヤレスLAN市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話:                米国 650-622-9400 内線222 FAX:                 米国650-654-9428 電子メール:Amy@delloro.com Webサイト:www.delloro.com     また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> … Continued


2013年5月28日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第1半期に通信事業者向けのIP電話市場は全体としては19%縮小したことが判明しました。一方でIP Multimedia Subsystem (IMS) Core systems Session Border Controller (SBC)、Voice Application Server (VAS) systemsの売り上げは10%伸びました。これは通信事業者がVoice Over Long Term Evolution (VoLTE) serviceへの投資を開始したためで、この傾向は今後も続くものと見ています。これに加えて新しい傾向としてthe virtualization of the telecom coreが出てきています。 これについて副社長Chris DePuyは次のように語っています. 「通信事業者は過去数カ月間、software-based core networking functionsをメーカーに要求しています。 いくつかのメーカーはcontrol-plane oriented functions(たとえば IMS Core とVoice Application Servers … Continued


2013年5月28日 -

Dell’Oro Groupが2013年第1四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場が、2四半期連続で、前年同期比で成長したと報告しました。 これは2G/3G分野では停滞しているものの、LTE分野が経済の不安定さにもかかわらず、好調であるためです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「RANへの注目が増しています。弊社は2013年の無線分野への設備投資は2012年よりは鈍化するものの、依然プラスを維持すると見ています。製品分野別には、commercial public access small cellsの商業化はこの四半期では延期となりましたが、かわりにmacro BTSsの台数が伸びています。通信事業者がネットワークの革新とLTE coverage 格大を優先しているため. macro BTSsの出荷は2013年に記録を更新するでしょう。」 報告書はWCDMA/LTE market ではEricssonが過去4四半期で40%以上のシェアを持ち、Mobile Broadbandではトップとなっている と報告しています。この分野ではHuawei が2位、Nokia Siemens Networksが3位となっています。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> 当社のモビリティRAN四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMA、LTEとWiMAX別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。モビリティRAN市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話:   米国 650-622-9400 内線244 FAX:    米国650-654-9428 電子メール Julie@delloro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。


2013年3月14日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2012年第4半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で25%増となったことが判明しましたEvolved Packet Core (EPC)が大幅に伸びたことが全体を牽引しました。 1.    Ericssonが売上で首位。ライセンス供与では Huawei がトップグループ入り。 2.    Alcatel-Lucent とSamsung が、従来型からPacket Core (EPC)への移行で、 シェアを大きく格大。 3.    平均販売価格は安定化。 これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています。 「Evolved Packet Core (EPC)市場の最大のドライバーはLong-Term Evolution (LTE) です。通信事業者は2012年後半のスマートフォンの導入によるLTE加入者の大きな伸びをみて、Evolved Packet Core 機器の導入契約を加速化しています。 これに伴ってAlcatel-Lucent, Cisco Systems, Ericsson, Huawei, Nokia Siemens, Samsung … Continued


2013年3月14日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2012年第4半期に通信事業者向けのIP電話市場は全体としては5%縮小したことが判明しました。一方でIP Multimedia Subsystem (IMS) Core systems の売り上げは急伸しました。これは通信事業者がVoice Over Long Term Evolution (VoLTE) serviceへの投資を開始したためで、この傾向は今後も続くものと見ています。 これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています. 「VoLTE は事業機会であるとともに設備機器への投資のパターンをかき乱す要因です。弊社はVoLTE services が2013年に大きく伸びると見ています。20にわたる通信事業者がサービスを開始し、ハンドセットからnative Internet Protocol voiceを始めます。IMS とWireless Application Server への需要はVoLTE-capable ハンドセットで今後数カ月更に刺激されるでしょう。通信事業者は有線への投資を延期して、無線への投資を優先させています。」 また報告書によると通信事業者向けのIP電話市場はcircuit switched 加入者とVoice Over IP (VoIP) 加者を合わせて20億ドルに達したとのことです。 <本報告書について> 弊社のIP電話通信事業者市場レポートは、市場規模、市場シェア、台数/ライセンス/チャネルの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは有線、無線のIP電話(音声コア)市場をSoftswitch、Media Gateway、Session Border Controllers (SBC), … Continued