2013年3月14日 -

Dell’Oro Groupのネットワーク・アダプターとコントローラー市場の調査によると、2012年第4四半期の10Gbps Ethernet同市場では4年ぶりに前年同期比で7%縮小して200万台弱になったとのことです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるSameh Boujelbeneはこれについて次の様に語っています。 「2012年始めにはサーバーのメーカーは多くの10 Gbps controllers and adapters を購入しました。しかし、今四半期ではサーバーのメーカーはこの在庫の消化に努めたため市場は縮小しました。10Gbpsによるサーバー接続へのエンドユーザーでの需要は非常にゆっくりです。これは価格が高止まりしているためです。2013年始めには低価格の新製品が出てくるので状況は変わるでしょう。」 また報告書はBroadcom, Cisco, Emulex とMellanoxといったメーカー間のシェア変動が激しいことを取り上げています。初めてIntelが出荷シェアで首位に立ち、またMellanoxが8位から2位に躍進しています。 技術的には10 Gbps migration on blade とstand-alone servers との差異分析や、10G Base-T, Fibre Channel over Ethernet (FCoE), とInfiniBandについて分析を行っています。 ク・アダプター市場報告書について>   Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のEthernetネットワーク・アダプター市場はアダプターカードの市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と、Controllerチップの出荷数量をメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。Port shipmentsは (by speed 1 Gbps, 10 … Continued


2013年3月14日 -

Dell’Oro Groupの調査により、光伝送市場で、2012年の全世界売上高が前年同期比で4%縮小したことが判明しました。通信事業者がSONET とSDHといったレガシー機器の購入を減らしたためです。弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「2012年の全世界売上高は4%減りましたが、レガシー機器の購入が30%と大幅に減ったことを考えると善戦しています。伝送機器はブロードバンドやスマートフォンが伸び伝送帯域への需要が伸びているかぎり伸び続けます。WDM機器は今後も年率8%で伸びると見ています。地域別には北米と欧州といった先進地域で投資が少なかったため12%縮小しました。しかし、アジア太平洋や中南米といった新興地域では通信事業者の投資意欲は強く市場は伸びています。」 シェア上位3社はHuawei, ZTE and Alcatel-Lucentでシェアは3社合計で50%を超えています。 2012 Optical Transport Equipment Market Region Growth Rate Rank 1st Rank 2nd Rank 3rd North America -12% Ciena Fujitsu Cisco EMEA -12% Huawei Alcatel-Lucent Ericsson Asia Pacific +5% Huawei ZTE NEC … Continued


2013年3月14日 -

Dell’Oro Groupが。L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2012年に売上が210億ドルに達し、売上で記録を更新したと発表しました。この伸びはほとんどデータセンター向け需要が好調なことによるもので、企業向けは弱含みです。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「イーサネットスイッチの市場は2012年に売り上げ記録を更新しました。しかし、米国政府向けの需要が弱いのと顧客の好みが変わったことからモジュラー型が縮小しました。固定型が、積み重ねが容易になったことに加えて頑丈なことから、モジュラーから固定型への移行が促進されると見ています。専らモジュラー型の米国政府向けの需要が弱いことがこの傾向に拍車をかけています。2013年の市場も相変わらずデータセンター向けが好調なことは続きますが、モジュラー型が苦しい状況は続くでしょう。」 また報告書は2012年にFixed Top-of-Rack (Purpose Built) 10 Gigabit Ethernet が50%以上伸びたと報告しています。これは、企業データセンター、特に通信事業者のクラウド向けが伸びたためです。 メーカーで見ると、このセグメントの会社は、Alcatel-Lucent, Arista, Avaya, Brocade, Cisco, Dell, Enterasys, Extreme, HP, IBM, とJuniper です。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[100, 1000 Mbps and 10Gbps、管理型および非管理型に分けて調査], 第4~7層(レイヤ4~7)スイッチ[100, 1000 Mbps]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話:   米国 650-622-9400 … Continued


2013年3月14日 -

Dell’Oro Groupの調査によると、アクセス機器市場のうちGigabit Passive Optical Network (GPON) は好調だった一方、他の端末 (Cable + Digital Subscriber Line (DSL) + Passive Optical Network (PON)) はスローであったことが判明しました。宅内機器(CPE)全体では前期比で縮小した一方、GPONは前期比で10 percent、前年同期比で28 percent伸びています。 これについてDell’Oro Groupの主任アナリストのSteve Nozikは次のように述べています。 「2012年では高帯域の宅内機器、GPON, VDSL, と DOCSIS 3.0 Cable CPE は総じて好調でした。しかし第4四半期ではGPON を除いてはさえませんでした。中国が好調なためGPON のみが伸びました。これは中国の通信事業者が大規模な光ファイバ化プロジェクトを進めているためです。なお2013年にはほとんどのセグメントで成長が戻ると見ています。」 また報告書によると2012年第4四半期のアクセス機器全体の出荷では 上位3社はいずれも中国市場への供給者で、Huawei, ZTE, とAlcatel-Lucentの順番です。中国向けを除くと、Alcatel-Lucent, Huawei, とCalixという順番になります。 … Continued


2013年2月15日 -

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測The Advanced Research Report: Small Cell (January 2013) では、公共アクセスが可能な小型ワイヤレスセル市場(Service Provider WiFi, evolved WCDMA/LTE, multimode WCDMA/LTE/WiFi small cell radio)が将来の成長を牽引するとのことです。 Dell’Oro Groupの先任アナリストであるStefan Pongratzは次の様に語っています。 「小型ワイヤレスセル市場は企業向け、住居向けと公共アクセスとありますが、今後5年間では公共アクセスが一番伸びると見ています。通信事業者にとっては大規模な小型ワイヤレスセルの配備を割り当てられた周波数内で達成することは大きなチャレンジです。しかし、先進的な事業者では屋外での人口密集地への設備投資から屋内の小型ワイヤレスセルとそのエッジへ設備投資を移す傾向が明確になっています。」 また報告書は以下の分野を分析しています。 1. Backhaulの機器供給者のリスト、その技術とソリューションの描写。その結果として小型ワイヤレスセルの60%は外部のbackhaul{ LOS, Non-LOS(Line of Sight)を含む}Microwaveに依存するとの見方を示しています。 2. 周波数の割り当ての不要な小型ワイヤレスセルの詳細な分析とService Provider WiFi がこの分野で2017年には出荷シェアで85%を占めるとの予測を紹介しています。 <The Advanced Research Report: Small Cell … Continued


2013年2月15日 -

Dell’Oro Groupの5カ年予測調査によると、WDM光伝送市場の市場は年率10%で伸びて2017年には130億ドルに達するとのことです。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語っています。 「40/100 GbpsのWDMが今後5年間の成長の中心です。特に通信事業者がネットワークの能力を拡大するため100 Gbpsに注力していて、需要は非常に好調です。このため100 Gbpsの市場は今後5年間 は年率75%で伸び、2017年には全市場の60%を占めると予測しています。」   <レポートについて>   Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。 弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。                                電話:            米国 650-622-9400 内線244                                FAX:             米国650-654-9428                                電子メール:     Julie@DellOro.com                                Webサイト:      www.delloro.com    また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。                                電子メール:kenichi@delloro.com 


2013年2月15日 -

Dell’Oro Groupの最新の5カ年予測によると、Data Center Appliance市場はほぼ年率10%で伸び、2017年には40億ドルを超えるとのことです。これは、virtual appliancesの採用が production networks とcloud environmentsで加速するためです。 Dell’Oro Groupの主任アナリストであるCasey Quillin はこれについて次の様に語っています。 「virtual appliances は Application Delivery Controller とWAN Optimization marketsで急速に伸びています。一方SSL とIPSec offloading分野では物理的機器でもはっきりしたメリットがあります。Virtual appliancesは生まれたばかりの新しい市場で変化が激しく、今後、よりスマートでネットワークの知能を向上させることができる価格の高い上級機種が伸びるでしょう。Cloud applicationsはその一例です。たとえば、F5, Riverbed, Citrix, と A10はAmazon Web Servicesとcompatible な public cloud向け virtual appliance solutions製品を発表しています。」 報告書はまたnetwork intelligence … Continued


2013年2月15日 -

Dell’Oro Groupの5カ年予測によると、今後5年間の通信事業者向けのIP電話市場は年平均70億ドルのレベルで安定化するとのことです。この市場は過去5年間減少してきました。成長分野(IP Multimedia Subsystem (IMS) Core, Voice Application Servers and Session Border Controllers (SBC))がSoftswitch and Media Gatewayといった成熟分野、の減少を補うとの見方です。 これについて当社副社長Chris DePuyは次のように語っています. 「変化があったのは、米国と韓国でVoice over LTE (VoLTE) services が商業化されたためです。この基礎となるIMS architecture は音声ばかりでなく、messaging, file transfer, and video callsを扱えます.  これによって通信事業者は消費者がスマートフォンで供給者から直接購入できるサービスに対して競争力を強化できます。来年にはIMS-based のシステムが大きく伸びるでしょう。」 また報告書によるとSession Border Controller (SBC) の伸びは、いくつかのメーカーの動きにかかわらず大きな変化は予測されていません。なおこの報告書で予測されている分野はVoLTE subscribers, IMS Core … Continued


2013年2月15日 -

Dell’Oro GroupがL2-L3イーサネットスイッチ市場が2017年には250億ドルに接近するとの5カ年予測を発表しました。L2-L3のスイッチングでは, データセンター向けに最適化された需要が好調なのとキャンパスネットワークで高速機種への移行が起こるためです。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「技術の変化がIT管理者の考えを変えつつあります。Bring Your Own Device (BYOD) の動きと、それによって多種類の膨大な端末がネットワークにアクセスすることになるのがこの変化の起点です。現在ほとんどの企業はイーサネットスイッチの購入と無線LAN (WLAN)の購入を別々に違うアプリケーションとして考えています。この予測期間ではイーサネットスイッチはまだ多様な技術の一般ユーザーのネットアクセスのために配備される一方、WLANはモバイル用途のため配備されています。ただ一部の先進企業はWLANを主たる接続技術として配備し始めています。この先進的傾向が予測期間中に伝播し、イーサネットスイッチとWLANの緊密な接続を推進していくと考えています。」 また報告書は10Gbps固定型が予測期間中にもっとも成長するとみています。データセンター向けとキャンパスネットワークの両方で需要が伸びます。このセグメントのメーカーはAlcatel-Lucent, Avaya, Brocade, Cisco, Enterasys, Extreme, Dell, HP, IBM, and Juniperです。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[100, 1000 Mbps ,10Gbps、40Gbps, 100Gbps, 管理型および非管理型に分けて調査], といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析、予測したものです。 イーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話:   米国 650-622-9400 内線244 FAX:    米国650-654-9428 電子メール:Julie@DellOro.com … Continued