2014年6月3日

Dell’Oro Groupが,L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2014年第1四半期に売上が前期比で10億ドル減少して50億ドルをギリギリ超えたレベルになった、と発表しました。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「幾つかの要素がイーサネット市場が四半期では史上2番目の低い売り上げに終わったことに関与しています。企業向けはここのところ不調です。顧客がワイヤレスの機能を望んでいるためです。また企業データセンター向けはCisco’s Nexus 9000 productの更新を待っています。 一方、white box switchingは相変わらず伸び、シェアを増やしました。今後の見通しは、Cloud providersが更にどの程度需要を伸ばすか、中国政府がどの程度外国メーカーをネットワークへの供給業者として認めるかによって決まるでしょう。」 また報告書は40 Gigabit Ethernet と100 Gigabit Ethernetの両方が伸び、全市場の5%以上に達したとしています。この分野ではCisco Systems, Dell, Hewlett-PackardとJuniper Networksが前期比でポート出荷を伸ばしたとしています。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[Fast Ethernet, 1Gps、10Gbps、40Gbps, 100Gbps、管理型および非管理型に分けて調査]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話:   米国 650-622-9400 内線244 FAX:    米国650-654-9428 電子メール:Julie@DellOro.com Webサイト:www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 … Continued


2014年5月31日

Dell’Oro Groupの調査により光波長分割多重化伝送装置(WDM)機器市場全体で、2014年第1四半期までの4四半期の合計での全世界売上高が前年同期比で12%成長して、90億ドルに達したことが判明しました。これは長距離、都市圏の二つのアプリケーションを含んでいます。これについて弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「WDM伝送機器市場の需要は大変に堅調です。サービスプロバイダーは能力増強を続けています。光伝送機器全体もこの期間伸び率はプラスでしたが、新規投資の恩恵を受けているWDMの伸びが最も目立ちます。特に100 Gbps WDMが主流になってきたため、この勢いは当分続くでしょう。2014年第1四半期では、100 Gbps WDMのラインカードの出荷数は前年同期比で倍増以上になったと見ています。」 2014年第一四半期までの一年間の市場シェアのリーダーは次の通りです。   Total WDM Equipment Market $9.0 Billion for trailing four quarter period (2Q13 through 1Q14)   Equipment Manufacturer Rank Y/Y Growth Huawei 1 + 6 % Ciena 2 + 18 % … Continued


2014年3月26日

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第4四半期でWLAN市場全体が前年同期比で9%以上伸びたことが判明しました。2013年通年では85億ドルになります。第4四半期では企業向けの分野でマーケットシェアは変動し、新規参入のJuniper Networks, Meru Networks, Motorola Solutions やRuckus Wirelessがシェアを伸ばしました。 当分野の副社長であるChris DePuyは次の様に語っています。 「802.11acは企業向けの出荷が10%に接近しています。これは前回の802.11nの更新のペースに類似しています。2014年末までには多くの主要メーカーは802.11ac based のaccess pointsの出荷を始めるため、市場はさらに成長するでしょう。802.11ac ベースの端末、スマートフォン、タブレットやノートブックの出荷が急増するため、WiFiインフラの整備が必要になるためです。」 第4四半期での企業向けと戸外のMesh Nodes WLAN市場のリーダーはCisco Systems で、Aruba Networks とRuckus Wireless が続きます。 <本報告書について> 上記は弊社の2013年第4四半期ワイヤレスLAN市場レポートからの抜粋です。この調査は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。企業向けおよびSOHO向けアクセス・ポイント、ブロードバンド・ゲートウェイ、ネットワーク・インターフェース・カードを含み、802.11b, 802.11g、802.11a/g、  802.11nと802.11acを対象としたものです。 ワイヤレスLAN市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。                                      電話:              米国 650-622-9400 内線244                                      FAX:               米国650-654-9428                                      電子メール:Julie@delloro.com … Continued


2014年3月26日

TD-LTEモビリティーインフラRAN市場は2013年第4四半期に5倍以上伸びる。 Dell’Oro Groupが2013年第4四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場でTD-LTE RAN が5倍以上伸びて、その他の分野 (GSM, WCDMA, CDMA) の減少を補った と報告しました。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「第4四半期は中国でのTD-LTE rolloutsがあり、前期比、前年同期比双方での伸びに貢献しました。TD-LTE RANの売上は10億ドルを超え、FDD/TDD LTE全体の売上の約三分の一を占めました。」 この他に報告書は ZTE が前期比で最もシェアを伸ばしたこと。 Ericsson, Huawei, NSN, とAlcatel-Lucent がそれぞれ38 percent, 24 percent, 17 percent,と10 percent のシェア(2013年のWCDMA/LTE RAN売上比)を占めた Total RAN market は2014年には2年連続で5%以下の伸びと予測されている。これは北米の減少を中国の伸びが補うため。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> 当社のモビリティRAN四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMA、LTE-FDD, LTE-TDDとMobile … Continued


2014年3月26日

Dell’Oro Groupの調査により、2013年に世界市場で通信事業者向けルーターの売り上げが前年比で5%成長したことが判明しました。昨年は縮小していました。市場は全体で97億に達し、 2014年にはこの伸びが加速化すると予想されています。 .これについて弊社アナリストであるAlam Tamboliは次のように語っています。 「2013年は過渡期と位置付けられます。地域的にはEurope とAsiaは伸びましたが、北米は横ばいでした。一方100 Gigabit Ethernetといった新製品が登場し始めています。こうした新しい製品更新サイクルが始まるため、2014年は成長の年になるでしょう。」 通信事業者向けルーター市場―2013年には上位4社が94%のシェアを占める 第一位Cisco: 3%シェアを失うも2位の倍以上のシェアを占める。 第2位Juniper: 北米が好調で二桁の伸び 第3位Alcatel-Lucent: 北米でシェア失うもEurope とAsia で強くシェア維持 第4位Huawei: 中国で強くシェア獲得 <本報告書について> 上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, 100Mbps, 1000Mbps, 10 Gbps、100Gbps、その他(WANスイッチを含む))/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査したものです。セグメントとしては、通信事業者向けのコアとエッジ、企業向けのルーターを網羅しています。 電話:           米国 650-622-9400 内線244 FAX:            米国650-654-9428 電子メール:Julie@delloro.com Webサイト:www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 … Continued


2014年3月3日

Dell’Oro Groupが。L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2013年に売上が220億ドルを超え、ほとんどのセグメントで売上の記録を更新したと発表しました。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「クラウドプロバイダーの飽くなき拡張と企業データセンターの大きな伸びが成長に貢献しています。2013年では巨大クラウドプロバイダー向けにWhite box switchingが好調で、まだベースは小さいものの伸びでは大きく貢献しました。また企業データセンター向けも伸びました。このため多くのメーカーが記録を達成しました。一方2014年に関しては、中国のメーカーが出てくるのとクラウドの衝撃があるため、個々のメーカー毎には業績にばらつきが出ると見ていますが、全体としては成長を続けるでしょう。」 また報告書は多くのメーカーが売上高4億ドルを突破したと報告しています。Cisco Systems, Dell, Extreme Networks [including Enterasys Networks], Hewlett-Packard, HuaweiとJuniper Networksといった会社であったとしています。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[Fast Ethernet, 1Gps、10Gbps、40Gbps, 100Gbps、管理型および非管理型に分けて調査]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話:   米国 650-622-9400 内線222 FAX:    米国650-654-9428 電子メール:Julie@DellOro.com Webサイト:www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com   <Dell’Oro … Continued


2014年2月3日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測The Advanced Research Report: Small Cell (January 2014) では、小型ワイヤレスセル市場(Service Provider WiFi, evolved WCDMA/LTE, multimode WCDMA/LTE/WiFi small cell radio)が今後5年間(周波数)ライセンス型、(周波数のライセンスが不要な)アンライセンス型とも成長を続けるとのことです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるStefan Pongratzは次の様に語っています。 「通信事業者がマクロセルを可能なかぎり配備したいことは間違いありません。しかし、焦点がカバレッジの範囲から高トラフィックなエリアに於ける効率と屋内に移ると、面積効率や採算性から小型ワイヤレスセル(small cell)が優れていることは明白です。弊社はSP WiFiの予測値を引き下げましたが、ライセンス型のsmall cellを引き上げました。Ericsson, NSNやHuaweiの新製品が通信事業者の予算に含まれることは確実だと見ています。」 この他の主要な予測は以下の通りです。 通信事業者は約67万台のsmall cell backhaul links を2013年から2018年までに配備する。 ライセンス型の業務用small cell BTS の出荷は2015年の16万台から2018年には62万5千台まで伸びる。 SP WiFiの売り上げは2013年から 2018年にかけて倍増する。 <The … Continued


2014年2月1日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、ワイヤレスパケットコア機器世界市場 は今後5か年間に60%伸び、2018年には60億ドルに達するとの見込みです。この伸びの殆どがEvolved Packet Core(EPC)によるものです。 Dell’Oro Groupの副社長であるChris DePuy はこれについて次の様に語っています。 「今後5年間で、アジア太平洋(APAC)、欧州、中近東、アフリカ(EMEA)がEPCの主たる市場になります。設置ベースでは現在は北米, APAC, EMEAがほぼ均等です。現在メーカーはNetwork Function Virtualization (NFV) based systemsの提供を始めたところです。このため、APACやEMEAの新しい通信業者はNFVの最も大きなユーザーになるでしょう。 その他の特徴として; PCRF 市場は2018年には9億ドルの市場になると予測。 Alcatel-Lucent, Ericsson, Cisco, Huawei, NSN とZTE が市場のリーダー  NFV-based licensesのユーザーとその分析を含む。 <本報告書について> ワイヤレスパケットコア機器世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、 市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメント別に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment (GGSN, SGSN, PDSN and ASN … Continued


2014年2月1日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場 は2018年には80億ドルになるとの見込みです。 Dell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「モビリティ・後方支援機器は通信事業者の無線能力、経路管理やスイッチのキャパシティの伸びの大きな部分を占めます。今後通信事業者がLTEの拡張とSmall Cellの配備を進めていくため、5カ年の後半にはセルサイトの増加が加速していきます。また戸外のSmall Cell向けの後方支援機器は2018年までにモビリティ・後方支援機器の10%を占めるまで成長すると予測しています。」 また報告書の主要な論点は以下の通りです。 スイッチ、ルーターは年率5%増えて全体の約35%にまで増えることになります。需要を牽引するのはパケットベースのモビリティ・後方支援機器です。通信事業者がLTE とLTE-advancedの配備を進めるためです。 伝送機器は年率2%増えます。新しいマクロセルの展開とSmall cellの増加が需要の主たる牽引役ですが、古い低能力のモビリティ・後方支援機器の更新も出てきます <本報告書について> モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので各機器の売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。また世界、及び地域のモバイル加入者とセルサイトの数を含んだ表を提供しています。 モビリティ・後方支援機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話:            米国 650-622-9400 内線244 FAX:            米国650-654-9428 電子メール:  Julie@delloro.com Webサイト:www.delloro.com    www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 当社の調査では半年毎の5ヵ年予測に加えて、四半期毎に市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。(www.delloro.com). 以上


2014年1月31日

Dell’Oro Groupの5カ年予測調査によると、光伝送市場の市場は2018年には150億ドルに達するとのことです。Dense Wave Division Multiplexer (DWDM) が市場の伸びの大部分をしめ、成長を牽引します。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語っています。 「100 GbpsのWDMが今後5年間の成長の中心です。従来のコア市場に加えて都市圏でもシェアを伸ばします。このため100 Gbpsの市場は今後5年間市場を牽引し、2018年には全市場のかなりの部分を占めると予測しています。」   2013-2018の主たる市場のトレンドは以下の3点です。 伝送能力増加への需要が100 Gbps wavelengths のDWDM 機器の伸びを支え、2018年までDWDM伝送機器全体で年率8%伸びる。その中で100 Gbps wavelengths の占める割合は2018年には80%まで上昇する。  OTN とpacket transport への移行がoptical packet platforms with OTN switching featuresの伸長をもたらす。Optical packet platform は年率15%の成長となる。 コア市場と都市圏市場の割合は都市圏の増加によって変わり、都市圏向けが市場の主流となる。 <レポートについて>     Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器5カ年予測市場レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。      弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 … Continued