2015年2月16日

Dell’Oro Groupの最新の5カ年予測によると、サーバーの出荷台数は低い一桁のレベルではあるが、2019年までの5ヶ年間成長を続けるとのことです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるSameh Boujelbeneはこれについて次の様に語っています。   「ネットワークに接続される端末の数が増えデータセンターで処理されるワークロードが増えるにつれ物理的なサーバーの数は増えていきます。しかし、仮想化がこの成長率を引き下げる方向の力となります。サーバーの出荷の成長は続きますが、出荷先は変わります。クラウドのエコノミクス、価格が安く、安定していて、高性能化が容易で新製品の採用も簡単、といった要素とクラウド・セキューリティの進歩がワークロードのクラウドへの移転を加速化するでしょう。」   報告書はまた予測期間中にはインテルのX86かArmのプロセッサーが主流となって出荷の伸びを牽引すると見ています。またサーバーオプション、たとえば各種の速度のイーサネット接続、フォームファクター、クラウド、企業向けあるいは特定の場所むけ等の配備状況等を分析しています。サーバー接続には最小で8ポート接続があれば大型機と共存できると予測しています。   <サーバー市場5ヶ年予測報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のサーバー市場5カ年予測はBlade, High Density, Stand-Aloneの市場規模、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と出荷数量を詳細に調査・分析・予測したものです。また各種のイーサネット接続(1 Gbps, 10 Gbps, 25 Gbps, 40 Gbps, 50 Gbps, 100 Gbps)、フォームファクター、クラウド、企業向けあるいは特定の場所むけ毎の出荷状況を分析しています。 この報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。   電話:           米国 650-622-9400 内線244 FAX:            米国650-654-9428 Email;     Julie@delloro.com Webサイト: WWW.delloro.com   www.delloro.com … Continued


2015年2月1日

Dell’Oro GroupがStorage Systemのカバレッジを開始しました。Storage Systemの四半期市場シェア報告は業界初で、System Architecture Metrics, Network Integration, Retrieval Method, Communication Protocolとポート数と能力別の市場シェアを検証するものです。 Dell’Oro Groupの創業者で社長のTam Dell’Oroは次のように語っています。 「この報告書を始めることによってデータセンターのインフラの統合化の全側面を全てカバーできるようになります。」 Dell’Oro Groupの副社長であるChris DePuyはこれについて次の様に語っています。 「現在この分野では大きな変化が起こっています。Flash, Software Defined Storage (SDS), Hyperscaler-oriented architecture, Data center Convergenceや劇的なネットワークインターフェースの拡大と多様化といったもので、業界を変革しています。また弊社はWhite Boxの出荷比率を興味深く追跡しています。これは価格の低下やメーカーのシェアに影響を与えるからです。」 <本報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のStorage System 四半期レポートは市場規模、メーカー別市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメント毎に詳細に調査・分析、予測したものです。External, Internal, Capacity別の数表になっています。 例えばExternal Systemについては以下の通りです: Network … Continued


2015年2月1日

Dell’Oro Groupの最新の5カ年予測によると、Network Security Appliance (NAS)市場は力強く伸び、2019年には110億ドルを超えるとのことです。これは、Virtual appliancesの採用が加速するためです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるCasey Quillin はこれについて次の様に語っています。 「Virtual appliances は 柔軟性があり、ソフトの構成とスクリプトを変更することで顧客毎のカスタム化を可能にします。また仮想化とセキューリティ供給者の協業が進み、両者を統合したHypervisor、例えばVM-WareとHyper-Vのような例が出てきています。将来的にはVirtual security appliances はSDNやNFVにとって魅力的なオプションになり、ネットワークのプログラミング化やハードの自動構成化を促すことになるでしょう。」 <データセンターアプライアンス市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のData Center Appliance市場5カ年予測はNSA, Application Delivery Controller (Modular, Fixed and Virtual) とWAN Optimization (Physical and Virtual)の市場規模、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と出荷数量を詳細に調査・分析・予測したものです。 NSAはContent security, Firewall-企業向け, Firewall-SMB, IDS and IPS, … Continued


2015年2月1日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場でLTE機器(macro とsmall cell radiosを合わせて)が今後5カ年で大きく成長するとの見込みです。この結果、RAN市場全体では2Gと3Gの衰退をLTE RANが補うという構図になっています。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratz はこれについて次の様に語っています。 「この予測期間中でも最終使用者ベースではWCDMAのシェアが一番高いでしょう。しかしLTEの成功が通信事業者のWCDMA/LTEの配備と、ひいては3G全体の動向に影響を与えています。通信事業者はHSPA+とLTE Release8の間には理論的な差以上のものがあると感じ始めています。このためMBB戦略を再検討している通信事業者が増えています。この戦略の変化は今のところは先進的な市場に限られています。しかし端末の価格が下がるにつれて先進市場で起こったことがその他の市場でも起きるでしょう。これがWCDMAのMacroとSmall Cellの配備に影響を与えるでしょう。」 この他、5カ年予測は以下のポイントを指摘しています。 2014年第3四半期のLTE RANの売上高ベースの市場シェアの上位3社はEricsson, Huaweiと Nokiaです。 RAN市場全体(macro とsmall cell)は2014年には2年連続で成長するが、2015年と2016年では減速する。 LTEの市場は2019年には2013年の倍になる。 WCDMA RAN市場は2019年には2013年の半分に縮小する。 <本報告書について> モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場5ヶ年予測はRAN市場全体(マクロと公衆アクセス用小セル)の完全な展望を行うもので、 LTE, WiMAX, GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Center、RE Carrier別の売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。 モビリティ・アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場5ヶ年予測レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 … Continued


2015年2月1日

Dell’Oro Groupの5カ年予測調査によると、光パケット伝送市場は年後5年間年率14%で伸び2019年には100億ドルまで伸びるとのことです。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語って います。   「今までの光伝送機器は伝送能力によって定義されていました。しかしながら次世代の光伝送機器では適応能力とオープンネスが鍵になります。通信事業者はSDN(Software Defined Network)アーキテクチャーへの移行期にあります。このSDNの能力を生かしてネットワークを柔軟にし、コストパフォーマンスを上げるには光伝送でも次世代機が必要です。例えば、光パケット伝送機器のような新しい要素がSDNの能力を生かすために要求されます。」   光パケット伝送機器はWDM機能とスイッチ機能を組み合わせたもので、WDMのシステム能力を高速度伝送のみならず、帯域管理能力、プロテクションやリストレーションの能力を含んだものに高度化したものです。機器メーカーがオープンコントロール能力を付け加えているため、光伝送パケット機器はSDN コントローラーからネットワークの変更やサービスの開始や終了の為の指示を 受け取ることができ、ネットワークの重要な要因になり得ます。     <レポートについて>    Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場5カ年予測レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。   弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 電話:          米国 650-622-9400 内線244 FAX:           米国650-654-9428 電子メール:    Julie@DellOro.com Webサイト:www.delloro.com    www.delloro.com    以上


2015年2月1日

Dell’Oro GroupがL2-L3イーサネットスイッチ市場が2019年には250億ドルを突破するとの5カ年予測を発表しました。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「L2-L3のスイッチングでは, データセンター向けに最適化された需要が好調で、売上の伸びの中心となります。メーカーもこの分野への新製品を増やしています。2010年代の終わりのころには、データセンターの需要の伸びはほとんどクラウドが占めることになるでしょう。一方企業向けデータセンターへの需要は緩やかに減っていくと見ています。またクラウドの拡大はSDN(Software Defined Network)の採用を促し、これがまたイーサネットスイッチ市場で企業向けデータセンターからクラウド向けデータセンターへの移行を促すことになります。クラウドでは、大規模化が可能で、柔軟であることがもとめられますが、これはネットワークのソフトウェア化によってなされるものだからです。」 また報告書は今後5カ年間では、データセンター向けでは25Gbpsが市場の主流を占め100Gbpsも強いと見ています。一方企業向けでは異なるタイプの25Gbpsが採用されると見ています。 また顧客別の差別化はソフトでされると予測しています。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[100, 1000 Mbps ,10Gbps、40Gbps, 100Gbps, 管理型および非管理型に分けて調査], といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析、予測したものです。 イーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話:   米国 650-622-9400 内線233 FAX:    米国650-654-9428 電子メール:Matt@delloro.com Webサイト:www.delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。     以上


2014年12月15日

Dell’Oro Groupの調査により、2014年第3半期に通信事業者向けのIP電話市場は全体としては前年同期比で3%成長したことが判明しました。一方成長市場(IMS Core, Voice Application Servers and Session Border Controllers)は全体として9億51000万ドルの規模に達してきました。 これについて副社長Chris DePuyは次のように語っています。 「大手の通信事業者はサービスを拡大して、多様なサービスを通信インフラをシェアしながら提供できるようにしています。これは使用者の利益にもなり、また共用化が進むことでインフラ投資の価値を増やしています。 たとえばIMS-based infrastructureは高品質の音声を提供できるVoice over LTE (VoLTE) に加えて、セルラー電話の戸内のアクセスの欠陥を補うVoice over WiFi (VoWiFi)サービスも提供しています。今後の数四半期にさらに新たなサービスが同じ通信事業者から提供されるでしょう。たとえばOver the Top (OTT)端末メーカーと競合してadvanced messaging やvideo callingを可能にするRich Communications Services (RCS)です。また報告書によると2014年第3半期の通信事業者向けのIP電話市場はcircuit switched 加入者とVoice Over IP (VoIP) とVoice over LTE加入者を合わせて17億ドルに達したとのことです。 <本報告書について> … Continued


2014年12月15日

Dell’Oro Groupが、L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2014年第3四半期に売上とポート出荷が記録を更新した、と発表しました。データセンター向けが好調で全体の40%を占めました。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。   「イーサネット市場では企業向けもデータセンター向けも前期比で伸び好調でした。各地域も多くのセグメントも来年に向けて好調を維持する要因が数多くあります。クラウド顧客はサーバー接続に10 GEを超える製品への更新サイクルへの前兆が出てきています。企業向けはFixed topologiesの増加と、2.5 と5.0 GEの導入に前向きです。もともと顧客ベースがしっかりしていることに加え、多くの成長要因があることから2015年はリーマンショック以来の好調な年になると予測しています。」 また報告書によると、この四半期でHewlett-Packard とHuaweiが中国市場の50%以上を占めています。また同時に10 GE Top-of-Rack switchingで大きな市場シェアと順位の変動がありました。   <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[Fast Ethernet, 1Gps、10Gbps、40Gbps, 100Gbps、管理型および非管理型に分けて調査]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。                           電話:   米国 650-622-9400 内線244                         FAX:    米国650-654-9428                         電子メール:Julie@DellOro.com                    Webサイト:www.delloro.com            … Continued


2014年12月15日

Dell’Oro Groupの調査により、2014年第3半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で20%増と成長を続けていることが判明しました。LTE 無線 networks を管理するEvolved Packet Core (EPC)が、LTEの伸びに連れて2倍以上に伸び、市場の60%以上を占めるようになりました。 弊社副社長のChris DePuyは、これにつれて次のように述べています。 「北米での価格は大幅に下落しています。通信事業者が新しいメーカーを参入させ、また既存の納入業者との契約条件を見直しているためです。北米以外でも、参入業者が歴史的にも多かったため、価格は更にシビアです。しかし北米外でも北米の加入者方式の価格体系の採用がいくつかの地域で進んでいます。これはNetwork Function Virtualizationが採用されてきたことによるものです。」 弊社のWireless Packet Core予測レポートは主要な市場ごとにTraditional Packet Core とEvolved Packet Coreについて価格の詳細を含んだものです。 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core予測レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment (GGSN, SGSN, PDSN and ASN Gateway) とEvolved Packet Core equipment … Continued


2014年12月15日

Dell’Oro Groupの調査により、2014年第3四半期でWLAN市場全体が前年同期比で8%以上伸びたことが判明しました。また企業向けの802.11ac無線アクセスポイントは前期比で40%伸びました。 当分野の副社長であるChris DePuyは次の様に語っています。 「当四半期で802.11acは企業向けの設置ベースの6%にしか達していません。来年は802.11acの出荷を更に伸ばす要因が二つあります。第一に現在のWave 1より高速のWave 2が来年前半に出てきます。また米国ではE-Rateと呼ばれるWiFi政府補助プログラムが小学校から高校まで適用されます。また802.11ac Wave2はイーサネットの更新を促進するでしょう。最近導入された2.5 や5 Gbpsに加えて 従来からの1 や10 Gbpsイーサネットの導入も刺激するでしょう。」, 第3四半期での企業向けと戸外のMesh Nodes WLAN市場の上位3社はCisco Systems 、Aruba Networks とRuckus Wireless です。   <本報告書について> 上記は弊社の2013年第4四半期ワイヤレスLAN市場レポートからの抜粋です。この調査は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。企業向けおよびSOHO向けアクセスポイント、ブロードバンド・ゲートウェイ、ネットワーク・インターフェース・カードを含み、802.11b, 802.11g、802.11a/g、 802.11nと802.11acを対象としたものです。 <企業向けエッジ四半期報告> これはWired Ethernet とWireless LANの統合の傾向を分析したものです。この報告書が分析するセグメントは:WLAN Access Points; Enterprise Controllers (wireless and wired); Campus … Continued