Dell’Oro GroupのStorage System市場調査四半期報告によると、2015年第2四半期で、Storage System市場は前年同期比で微増であったものの100億ドルの規模に達したとのことです。最大のセグメントである外部記憶装置市場は金額ベースでは横這いであったものの、出荷台数は大幅に増加しました。需要がハイエンドからシフトしているためです。 Dell’Oro Groupの副社長Chris DePuyはこれについて次の様に語っています。 「外部記憶装置市場はますます高速のポートを実装するようになっています。16 GbpsのFibre Channelは普及が始まり40Gbps Ethernetの出荷も始まりました。興味深いことに、この16 GbpsのFibre Channelと40Gbps Ethernetは外部記憶装置よりもデータセンターでの採用が進んでいます。例えば16 GbpsのFibre ChannelはFibre Channelの出荷の過半になりますが、外部記憶装置での実装率は25%程度です。外部記憶装置では新技術の採用はややゆっくり進むと見ています。今後50 Gbpsや100Gbpsの登場が予想されるため、これが外部記憶装置にいかなる影響を与えるか興味深いところです。」 また報告書はHuawei, Pure Storage, Super Microについて新たに判明した情報を発表しています。 <SAN市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のStorage System市場レポートは市場規模、市場シェア、台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメント(External, Internal, by Capacity)とメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。またExternal Systemでは以下のアーキテクチャーと能力で市場をセグメントしています:Network Integration; Retrieval Method; Communication Protocol, as well as Ports (1 GE; … Continued


Dell’Oro Groupの報告によると、2015年第2四半期に、クラウドデータセンター向けのサーバーの出荷金額は伸びが鈍化したとのことです。しかし、サーバー市場の伸びの牽引車であることに変わりはなく、台数は10四半期続けて前年同期で伸びを示したとのことです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるSameh Boujelbeneはこれについて次の様に語っています。 「クラウドデータセンター向けサーバーは成長を続けサーバー市場でのシェアを拡大しています。しかし、2015年第2四半期では前2四半期の記録的なレベルよりは減速し穏当なレベルになりました。巨大クラウドであるBig Four-Amazon, Facebook, Google, Microsoftでは設備投資の増加率が鈍化しています。しかし、これはクラウドデータセンター向けサーバー市場の成熟化をしめしているものではなく、この市場の振れの大きさを表すもので、今四半期は単なる一時的な成長の踊り場で、今後すくなくとも5年は成長が続く、と弊社は見ています。」 弊社のサーバー四半期報告書はクラウドデータセンター向けサーバーがサーバー市場の成長の殆どを占めると分析しています。また報告書はデータセンター顧客毎の動向がWhite Box、あるいは従来のサーバーメーカーや中国メーカーのシェアにいかなる影響を与えるか分析しています。このほか高速サーバーアクセスでの高速化への対応(40vs.25, 50vs.100GE)について、クラウドデータセンターと企業データセンターの差を分析しています。 <サーバー市場四半期報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のサーバー市場四半期報告はBlade, High Density, Stand-Aloneの市場規模、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と出荷数量を詳細に調査・分析・予測したものです。また各種のイーサネット接続(1 Gbps, 10 Gbps, 25 Gbps, 40 Gbps, 50 Gbps, 100 Gbps)、仮想化の度合い、VM Density、ストレージ、サーバーと通信機器の共通機器の状況、White Boxと従来のサーバーの出荷比較、フォームファクター、クラウド、企業向けあるいは特定の場所むけ毎の出荷状況を分析しています。 この報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 Email; … Continued


Dell’Oro Groupが、データセンター向けイーサネットスイッチ市場が2015年第2四半期に売上が非常に好調で、24億ドルを突破した、と発表しました。しかしWhite Boxの売上高は減少し、彼らの上昇トレンドが一服したことが明確になりました。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「この四半期ではHuawei等の中国勢の伸長と、10GEをアクセス、40GEをアグレゲーションと 中枢機能に使う企業への逆風が目立ちます。2015年後半と 2016年の初めにはこの市場では始まって以来の大きな更新が見込まれています。巨大クラウドユーザーがBroadcom, CaviumやMellanoxの導入する次世代機、100GEの配備を始めるためです。100GEのポート出荷は記録を更新するでしょう。業界が10GE SERDESベースのチップから25GE SERDESベースに移行するためです。この移行がWhite Boxメーカーにどんな影響を与えるかが注目されます。」 <本報告書について> 弊社のデータセンター向けイーサネットスイッチ市場レポートは、サーバーアクセス、サーバーアグレゲーション、データセンターコア、企業データセンター向けコアのセグメントに分けて分析しています。またソフトは分けて分析しています。 上記のセグメント毎に市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格をメーカー別に、またModular, Fixed, Fixed managed, Unmanaged毎、速度毎(1000, 10,25,40,100Gbps), 四半期毎に詳細に調査・分析しています。またFibre Channel over Ethernetと地域別のデータも用意しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール:Matt@DellOro.com       Webサイト:www.delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。 … Continued


Dell’Oro Groupの通信業界報告では、通信事業者の設備投資(アクセス、IP電話、マイクロウェーブ、モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)、光通信、ルーター、WiFi, ワイヤレスパケットコア機器を含む)は、2015年では株式市場の動揺や世界経済見込みの下方修正にもかかわらず成長を持続する、との見込みです。 主要な通信事業者は2015年前半には堅調なペースで設備投資を行っていて、また現時点で2015年投資ガイドラインを変更する様子はありません。 欧州と中国は為替変動を除くと設備投資を堅調に伸ばしていますが、2016年にはリスクがあります。China MobileとVodafoneの見通しが期待薄のためです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「2014年後半と2015年前半では経済の動きやモバイルと通信機器市場の動向と通信事業者の設備投資の連動性は薄れたように見えます。しかし、これは通信事業者が投資決定の方式を変えたというよりは通貨の変動の影響によるものです。米ドルが強くなったことによって、2015年前半では通信事業者の設備投資は世界全体で100億ドル減少しました。しかし、通貨変動の影響を取り除くと通信事業者の設備投資は一桁の低いレベルで成長していると見ています。」 報告書は2015年について前回の予測を踏襲し、通信事業者の世界売り上げと設備投資は米ドルベースでは一桁の高いレベルで減少するが、通貨変動の影響を除くと世界売り上げと設備投資は一桁の低いレベルで成長しているとしています。 <本報告書について> 通信事業者経済報告は、世界の主要な通信事業者の売り上げ、設備投資や設備集約度の傾向を調査したものです。この報告書は上記の項目の実績と予測について、事業者別、地域別雨、国別(米国、カナダ、中国、インド、日本、韓国)、技術別(有線、無線)に分けて分析したものです。 本報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール: Matt@delloro.com Webサイト:www.delloro.com www.delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 当社の調査では半年毎の5ヵ年予測に加えて、四半期毎に市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。(www.delloro.com).


Dell’Oro Groupの調査によると、WLAN市場は2015年第2四半期に前年同期比で5%伸びたとのことです。ただ米国FCCのE-Rateプログラムが7月からスタートするため企業向けのセグメントで短期的な伸び悩みがみられました。 当分野の副社長であるChris DePuyは次の様に語っています。 「2012年以来802.11ac は無線LAN インフラストラクチャーの発展に刺激を与えてきました。第2四半期にはRuckus Wirelessが初めて802.11ac Wave2Device を上市しました。弊社はこの後、多くの企業がこの高性能のWave 2 Deviceを導入してくると見ています。また実際のところ、端末数の著しい増加、Internet of Things、Video利用の増加から帯域幅への需要増が続くためWave 2を超える高性能機が必要になってきていると見ています。」 無線LAN四半期報告書はまたメーカー別シェアを明らかにしています。首位はCiscoで50%に近く、HP Brand(Aruba Networksを含む)が20%に接近していて、Ruckusが7%とみています。 また企業向け市場のなかで垂直統合のケースのパフォーマンスを分析しています。


Dell’Oro Groupのデータセンターアプライアンス報告によると、企業向けのFirewall市場は拡大を続け2015年第2四半期では 売上高が前年同期比で10%伸びて四半期売上高ベースで10億ドルに接近しているとのことです。企業のエッジ向けに最適化された製品のほうがデータセンター向けに最適化された製品より伸びています。 弊社のディレクターであるCasey Quillinは次のように語っています。 「データセンター向けの市場でシェアに変動が見られます。FortinetやPalo Altoといった新興企業がシェアを増やしています。Fortinetは今やCheck Point Softwareに接近していてシェア第3位の座を争っています。データセンターではCiscoが40%近いシェアを握っていますが、新興企業も大きな受注を獲得し始めています。データセンターでの大規模なアーキテクチャーの変化や速度の向上は効率やスループットの向上という面でNetwork Securityの更新に追い風となっています。」 また報告書は企業のエッジ向けの市場は前年同期比で14%伸びたにもかかわらずシェアの変動はほとんどなかった、と分析しています。 <本報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のData Center Appliance Reportはdata center networkを評価し、Application Delivery Controllers, WAN Optimization appliance, Network Security Appliances (NSA) の売上、出荷台数、平均価格を調査したものです。また仮想化と物理的アプライアンスのセグメントでも分析しています。加えてNSAをContent Security, Firewall, IDS and IPS, VPN and SSLのセグメントに分けています。 この報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2015年第2四半期に通信事業者向けのIP電話市場のうち、IMS CoreとSession Border Controllersは前年同期比で23%成長 したことが判明しました。 これはVoice over LTEとVoice over WiFiへの需要増がこの分野への投資を促進 しているためです。   これについて弊社副社長Chris DePuyは次のように語っています。 「ユーザー当たりの音声の使用は減少しています。しかし、通信事業者の音声向け投資のうち一部の設備への需要は成長しています。VoLTE, VoWiFi, SIP Trunkingや通信事業者ネットワーク全体のVoIPへの対応可能性の拡大のための投資です。これらの投資がSession Border Controllers, Voice Application Servers, IMS Coreへの需要を牽引しています。」 <本報告書について> 弊社のIP電話通信事業者市場レポートは、市場規模、市場シェア、台数/ライセンス/チャネルの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは有線、無線のIP電話(音声コア)市場をSoftswitch、Media Gateway、Session Border Controllers (SBC), Softswitch、Voice Application Servers, IMS CSCF, とlegacy mobile switching centers.のセグメントに分けて分析しています。また各々のMedia Gatewayを高密度、中密度、低密度に分類しています。 … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2015年第2半期の通信事業者向けのWireless Packet Core市場が前年同期比で二桁と大幅に減少し、10億ドルを下回ったことが判明しました。これについて当社副社長Chris Depuyは次のように語っています . 「Ericssonがシェア首位で、Huaweiが僅差で続いています。NokiaとCiscoが次のグループです。外国為替の変動がヨーロッパのメーカーの今期の売り上げシェアを低く見せています。アメリカと中国のメーカーのシェアは通過変動の影響は最近までうけませんでしたが、最近中国の通貨も切り下げられたので、第3四半期にはHuaweiやZTEのシェアに影響が出るでしょう。またSession出荷のベースを見ると、市場は鈍化しています。短期的な要因、例えばNFVベースの新製品のテストが続いているといった要因のためです。」   この報告書は、セグメント毎の価格の詳細、例えばTraditional Packet CoreやEvolved Packet Core別の価格の詳細です。   <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core市場レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core(GGSN, SGSN, PDSN, ASN Gateway)とEvolved Packet Core(MME, SGW, PDN Gateway, PCRF)のセグメントに分けて分析しています。Wireless Packet Core市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話:   米国 650-622-9400 内線223 FAX:    米国650-654-9428 電子メール:Matt@delloro.com … Continued


Dell’Oro Groupが2015年第2四半期では、point-to-pointの マイクロウェーヴ伝送機器市場は前年同期では停滞していた、と発表しました。 しかし、3Gbpsまでのリンク能力を持つ超高性能E/V-Bandの伝送機器についての需要は旺盛でした。第2四半期では前年同期では30%伸びました。これで10四半期連続で二桁の伸びを示しています。これについて同社副社長でマイクロウェーヴ伝送機器担当の Jimmy Yuは次のように語っています。 「E/V-Bandのマイクロウェーヴ伝送機器市場はまだ小さいですが、大きなポテンシャルがあります。広帯域のモバイルの需要は堅実に成長にし、またLTE無線の設置も増えています。しかし、モバイルの後方接続はどうでしょうか?広帯域のモバイルの需要が通常のマイクロウェーヴ伝送機器の能力を超え、また光ファイバケーブルが利用できない場合には、E/V-Bandのマイクロウェーヴ伝送機器が最も強力な手段になります。 特にE/V-Bandのマイクロウェーヴが経済的に利用可能な国ではそうなります。」   Microwave Transmission MarketUltra High Capacity Systems (E/V-Band) Trailing Four Quarter Manufacturer Rank Revenue Share Huawei 1 25% Siklu 2 14% NEC 3 13%     <Microwave transmission報告について> 当社のマイクロウェーヴ伝送機器四半期レポートは、市場規模、市場シェア、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybridという市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 本市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 … Continued


Dell’Oro Groupが2015年第2四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場が3四半期連続で縮小を記録したと報告しました。これは中国での4Gの大規模配備にも拘わらず、先進国の市場が弱かったためです。 Dell’Oro GroupのDirectorであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。   「今四半期ではまた中国が4G rolloutで好調である一方、先進国が弱く、また為替が大きく変動し数値に影響を与えました。今四半期は先進国の市場が弱かったため中国が4Gを大規模に配備したにも拘わらず、全体としては縮小しました。これで中国の4Gの大規模配備が安定化するとこの市場の成長は難しくなります。先進国の市場が8四半期連続で前年同期で縮小しているためです。」 この他に報告書は下記を報告しています。   Huaweiが初めてシェア首位になった。 Ericsson, HuaweiとNokiaの3社は2015年上半期でも上位3社を占め、合計75%以上のシェアを占めた。 NokiaとAlcatel-Lucentは合計すると2015年上半期でLTE分野ではシェア首位となる。 Distributed Radio Systemが好調で非住居向けのSmall Cellは前年同期で3倍以上伸長。   <当社のモビリティRAN四半期レポート> 当社のモビリティRAN四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMA、LTE-FDD, LTE-TDDとMobile WiMAX別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。モビリティRAN市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話:  米国 650-622-9400 内線223 FAX:   米国650-654-9428 電子メール Matt@delloro.com Webサイト:www.DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。