2015年8月1日

Dell’Oro Groupが、データセンター向けイーサネットスイッチ市場が2019年まで売上が非常に好調で、110億ドルを突破するとの5カ年予測を発表しました。

これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。

「データセンター向けイーサネット市場は2008年に離陸して以来好調な伸びを続けています。当初は電子メールやデータベースといった基本的なアプリケーション向けのアーキテクチャーでしたが、現在は分析や情報インテリジェンスといった高度な核となる業務を行うまでに進化してきています。イーサネット市場は今クラウド向けと企業向けに分化してそれぞれ進化しています。クラウドではwhiteboxを採用する傾向にあり、スピード面では今年後半から100GEへの移行を始めると見ています。2010年代の終わりには企業向けよりクラウドの方が市場は大きくなるでしょう。小規模な企業向けデータセンター向けイーサネットスイッチ市場は統合化されるでしょう。またこのため商談は大規模化し、メーカーの数も限定されてくるでしょう。

また報告書によると、巨大クラウド(Apple, Amazon, Facebook, Google, Microsoft等)は今後大規模な拡張期にはいるとのことです。これは需要が旺盛なためで、サーバーは25Gbps, イーサネットは 100Gbps技術が主流になるとの見方です。

<本報告書について>

弊社のデータセンター向けイーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートは、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格をメーカー別に、またModular, Fixed, Fixed managed, Unmanaged毎、速度毎(1000Mbps, 10,25,40,50,100Gbps)に詳細に調査・分析しています。

 

イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。

 

電話:   米国 650-622-9400 内線233

FAX:    米国650-654-9428

電子メール:Matt@DellOro.com

 

Webサイト:www.delloro.com

 

<Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。

弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。

 

以上