2015年2月1日

Dell’Oro Groupの5カ年予測調査によると、光パケット伝送市場は年後5年間年率14%で伸び2019年には100億ドルまで伸びるとのことです。

これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語って

います。

 

「今までの光伝送機器は伝送能力によって定義されていました。しかしながら次世代の光伝送機器では適応能力とオープンネスが鍵になります。通信事業者はSDN(Software Defined Network)アーキテクチャーへの移行期にあります。このSDNの能力を生かしてネットワークを柔軟にし、コストパフォーマンスを上げるには光伝送でも次世代機が必要です。例えば、光パケット伝送機器のような新しい要素がSDNの能力を生かすために要求されます。」

 

光パケット伝送機器はWDM機能とスイッチ機能を組み合わせたもので、WDMのシステム能力を高速度伝送のみならず、帯域管理能力、プロテクションやリストレーションの能力を含んだものに高度化したものです。機器メーカーがオープンコントロール能力を付け加えているため、光伝送パケット機器はSDN

コントローラーからネットワークの変更やサービスの開始や終了の為の指示を

受け取ることができ、ネットワークの重要な要因になり得ます。

   

<レポートについて>

   Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場5カ年予測レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。

 

弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。

電話:          米国 650-622-9400 内線244

FAX:           米国650-654-9428

電子メール:    Julie@DellOro.com

Webサイト:www.delloro.com    www.delloro.com

  

以上