2013年8月26日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第2半期に通信事業者向けのIP電話市場は全体としては前年比で12%縮小したことが判明しました。一方でIP Multimedia Subsystem (IMS) Core systems Session Border Controller (SBC)、Voice Application Server (VAS) systemsの売り上げは26%伸びました。GENBAND とAlcatel-Lucentが合わせてSBC marketで約5%のシェアを得ています。

弊社副社長のChris DePuyは次のように分析しています。

「SBC marketの主たるドライバーは無線ネットワークの建設の進展です。ワイヤレスネットワークの建設が進み。実際に売り上げを上げ始めるにつれ通信事業者はSBC のような音声通信に必須の機器の購入を増やしています。」

通信事業者向けのIP電話市場は、これは従来型の回路スイッチへの加入者とVoice over IP (VoIP)の加入者の両方を含みますが、合計で約14億ドルに達しています。

 

<本報告書について>

弊社のIP電話通信事業者市場レポートは、市場規模、市場シェア、台数/ライセンス/チャネルの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは有線、無線のIP電話(音声コア)市場をSoftswitch、Media Gateway、Session Border Controllers (SBC), Softswitch、音声アプリケーションサーバIMS CSCF, とlegacy mobile switching centers.のセグメントに分けて分析しています。また各々のMedia Gatewayを高密度、中密度、低密度に分類しています。

 

IP電話通信事業者市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。

電話:    米国 650-622-9400 内線244

FAX:       米国650-654-9428

電子メール:Julie@delloro.com

Webサイト:www.delloro.com

 

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。

 

電子メール:kenichi@delloro.com

 

Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。

 

以上