2013年12月10日

Dell’Oro Groupが。L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2013年第3四半期に売上が50億ドルを超え、売上で記録を更新したと発表しました。一方アジア太平洋と南米は前年同期比で一ケタの半ば程度減少しています。

これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。

「本四半期および2013年は好調ですが、一方2014年に関しては、厳しい状況です。これは中国の市場と競争条件が変わるためです。現在のままではアメリカのメーカーは中国市場で、多国籍企業向けを除いては事実上締め出されるでしょう。これで弊社の予測が変わるわけではありませんが、入札の価格には影響が出るでしょう。」

また報告書は10 Gigabit Ethernetのセグメントでは10G Base-T port の出荷が最も成長しています。弊社の報告では10G Base-T portの出荷が1万ポートを超えたのは3社であったとしています。

<本報告書について>

弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[Fast Ethernet, 1Gps10Gbps40Gbps, 100Gbps、管理型および非管理型に分けて調査]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。

イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。

イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。

                        電話:   米国 650-622-9400 内線222

                        FAX    米国650-654-9428

                        電子メールJulie@DellOro.com

                  Webサイトwww.delloro.com    

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。

                        電子メールkenichi@delloro.com

Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。

弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。

以上