2014年9月15日

Dell’Oro Groupの調査により、2014年第2半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で25%増と成長を続けていることが判明しました。LTE wireless networks を管理するEvolved Packet Core (EPC)が大幅に伸び、市場の50%以上を占めるようになり、これにつれてHuawei とNokiaがシェアを伸ばし、それぞれシェア2位と3位になりました。

これについて当社副社長Chris DePuyは次のように語っています。
「競争状態に変化が現れています。理由は二つあって、一つ目はEPC/LTE networkを展開している地域がシフトしつつ拡大していることです。北米での展開が成熟化してくる一方、中国やヨーロッパ、中近東、アフリカでは展開が加速化しています。この結果、この地域に強いメーカーのシェアが上がってきています。二つ目には新規メーカーの進出が増えていることです。Network Function Virtualization (NFV)を通信事業者が必要としていることが要因で、Affirmed Networks, Connectem やMavenirがその例です。今後の成長を支えることが期待されます。 」

<本報告書について>
弊社のWireless Packet Core予測レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment (GGSN, SGSN, PDSN and ASN Gateway) とEvolved Packet Core equipment (MME, Serving Gateway, PDN Gateway, and PCRF).
のセグメントに分けて分析しています。
Wireless Packet Core市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。
電話: 米国 650-622-9400 内線244
FAX: 米国650-654-9428
電子メール:Julie@delloro.com
Webサイト:www.delloro.com
また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。
電子メール:kenichi@delloro.com

<Dell’Oro Groupについて>
Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。

以上