2014年12月15日

Dell’Oro Groupが、L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2014年第3四半期に売上とポート出荷が記録を更新した、と発表しました。データセンター向けが好調で全体の40%を占めました。

これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。

 

「イーサネット市場では企業向けもデータセンター向けも前期比で伸び好調でした。各地域も多くのセグメントも来年に向けて好調を維持する要因が数多くあります。クラウド顧客はサーバー接続に10 GEを超える製品への更新サイクルへの前兆が出てきています。企業向けはFixed topologiesの増加と、2.5 5.0 GEの導入に前向きです。もともと顧客ベースがしっかりしていることに加え、多くの成長要因があることから2015年はリーマンショック以来の好調な年になると予測しています。」

また報告書によると、この四半期でHewlett-Packard Huaweiが中国市場の50%以上を占めています。また同時に10 GE Top-of-Rack switchingで大きな市場シェアと順位の変動がありました。

 

<本報告書について>

弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[Fast Ethernet, 1Gps10Gbps40Gbps, 100Gbps、管理型および非管理型に分けて調査]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。

イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。

イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。

 

                        電話:   米国 650-622-9400 内線244

                        FAX    米国650-654-9428

                        電子メールJulie@DellOro.com

 

                 Webサイトwww.delloro.com           

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。

 

                        電子メールkenichi@delloro.com

Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。

弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。

 

以上