Dell’Oro Groupがアクセス市場の最新の5ヶ年予測を発表しました。これによると、2010年にはアクセス市場は回復するとのことです。これは経済が回復するのに加え、通信事業者の設備更新プロジェクトが数多くあるためです。このため、2009年には対前年比で12%下落したこの市場は2010年には3%成長に復帰し、約90億ドルに達するとみています。最も成長するのは, PON機器の市場で、ついでCable機器で、DSL機器は2007年から始まった減少傾向が止まらず、2014年まで毎年減少が続くとのことです。

Dell’Oro Groupの創業者であり, またCEOのTam Dell’Oroはこれについて次のように語っています。

「インターネット接続の速度競争を勝ち抜くため、通信事業者はアクセスネットワークを更新します。インターネットの増え続けるトラフィックを支え、ブロードバンドサービスでの収入増を確保するためです。多くの通信業者はPON機器に移行します。GPONとEPONは今後5年間毎年伸びるでしょう。2014年にはこの両者のシェアは拮抗するでしょう。またDOCSIS 3.0 CMTSポート出荷は2014年まで大変強く成長する分野になるとみています。これはCable事業者がSwitched Digital Videoをアクセスネットワーク経由で配信する事業モデルに移行するためです。」

また報告書はこの第4四半期も中国でこの傾向は続くが、2010年にはChina UnicomとChina Telecomの3G投資が再開されWCDMAとCDMA市場に大きなプラス影響を与えると見ています。

<本報告書について>

Dell’Oro Groupのアクセス機器市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、DSL、ケーブル機器、PONといった技術カテゴリー毎の売上高、台数と価格の表が入っています。これはCMTS, DSLAMs(ADSL, G.SHDSL, VDSL), OLT(BPON, EPON, GPON)といったネットワークインフラ機器とDSLやケーブルの宅内機器(CPE)とONTを含んでいます。 上記レポートの購入をご希望の方は、Karen(連絡先下記)までご一報下さい。

電話: 米国 650-622-9400 内線223
FAX: 米国650-654-9428
電子メール : Emily@DellOro.com
Webサイト:www.DellOro.com

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。

電話:0467-25-4137
FAX: 0467-25-4137
電子メール:Kenichi@DellOro.com

<Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。

以上