2015年3月13日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測The Advanced Research Report: C-RAN(March, 2015) では、C-RAN(Macro and Small Cell)が今後5カ年間に大きな伸びが期待できる、とのことです。通信事業者の将来のデータ需要の増加に対応できるばかりでなく、投資効率も良いためです。

Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratzは次の様に語っています。

「C-RANアーキテクチャーにはコンピューティングのコストはデータ転送コストより早く低下するという事実からチャレンジされている、という側面があります。しかし、セルサイトの変動運営コストはかなり高いのでやはりC-RANは有望です。」

この他の主要な予測は以下の通りです。

  • 今後5年間ではCentralized and Metro C-RAN fronthaulと無線機器が市場を牽引する。
  • Cloud RANは短期的には伸びは限定的だが、長期的には大変に有望。
  • 予測期間中ではSmall Cell configured C-RANが市場の大部分を占める。

The Advanced Research Report: C-RAN (March 2015) について>

弊社のThe Advanced Research Report: C-RAN (March 2015) はC-RANの今後5年間の完全な展望を行うもので、セグメントは2つ;C-RAN Radio Access Network (Macro and Small Cell) とFronthaul で、セグメント毎の売上高、出荷数量の予測表を含んでいます。

この5ヶ年予測レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。

電話:  米国 650-622-9400 内線244

FAX:  米国650-654-9428

電子メール:Julie@DellOro.com

Webサイト:www.delloro.com

 

Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のレポートは市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に、かつ精密に調査・分析しています。

以上