2013年5月28日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第1半期に通信事業者向けのIP電話市場は全体としては19%縮小したことが判明しました。一方でIP Multimedia Subsystem (IMS) Core systems Session Border Controller (SBC)、Voice Application Server (VAS) systemsの売り上げは10%伸びました。これは通信事業者がVoice Over Long Term Evolution (VoLTE) serviceへの投資を開始したためで、この傾向は今後も続くものと見ています。これに加えて新しい傾向としてthe virtualization of the telecom coreが出てきています。

これについて副社長Chris DePuyは次のように語っています.

「通信事業者は過去数カ月間、software-based core networking functionsをメーカーに要求しています。 いくつかのメーカーはcontrol-plane oriented functions(たとえば IMS Core とVoice Application Servers )のプロトタイプをソフトウェアベースで供給し始めています。こうした新傾向は今後の通信事業者市場に大きな影響を与えるでしょう。」

また報告書によると通信事業者向けのIP電話市場はcircuit switched 加入者とVoice Over IP (VoIP) 加者を合わせて14億ドルに達したとのことです。

<本報告書について>

弊社のIP電話通信事業者市場レポートは、市場規模、市場シェア、台数/ライセンス/チャネルの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは有線、無線のIP電話(音声コア)市場をSoftswitch、Media Gateway、Session Border Controllers (SBC), Softswitch、音声アプリケーションサーバIMS CSCF, とlegacy mobile switching centers.のセグメントに分けて分析しています。また各々のMedia Gatewayを高密度、中密度、低密度に分類しています。

IP電話通信事業者市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。

電話:    米国 650-622-9400 内線222

FAX:       米国650-654-9428

電子メール:Amy@delloro.com

Webサイト:www.delloro.com

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。

電子メール:kenichi@delloro.com

Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。