2012年8月15日 Dell’Oro Groupがアクセス市場の最新の5ヶ年予測を発表しました。これによると、今後5か年は広帯域サービスや売上増につながる新サービスが増えるため、アクセス市場は好調な伸びになるとのことです。これをセグメント別にみると、GPONのOLT, VDSL, DOCSIS 3.0 Cable CMTS, VDSL infrastructure 機器が伸び、ADSLの減速を補うとの見込みです。最も成長するのはGPON で、次に CMTS 、そしてVDSLと続きます。 Dell’Oro Groupの主任アナリスト、Steve Nozikはこれについて次のように語っています。 「GPONを牽引するのは中国ですが、その他地域でも多くのプロジェクトがあります。CMTSについていえばIP ビデオサービス、中小企業向けの用途開発に加えて本命のインターネットの需要を巡っての地域電話会社との競争が機器の需要を拡大させています。技術的には今後5年間はDOCSISが主流を占めます。Additional channel bondingが益々増える帯域への要求に対応できるためです。VDSLはvectoring technology でcross-talkを除去できるようになったため、銅線が使用できる限度を広げたことがやはり需要を伸ばしています。」 <本報告書について> Dell’Oro Groupのアクセス機器市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、DSL、ケーブル機器、PONといった技術カテゴリー毎の売上高、台数と価格の表が入っています。これはCMTS, DSLAMs(ADSL, G.SHDSL, VDSL), OLT(BPON, EPON, GPON)といったネットワークインフ アクセス市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 … Continued


2012年8月14日 Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場 は2016年には90億ドルになるとの見込みです。 Dell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)への需要は堅調です。通信事業者がセルサイトを追加し、ネットワークのIP化を進めているためです。モバイル無線は現在音声よりもPacketのデータ量が多くなっています。将来はこれがさらに進みます。通信事業者がネットワークエッジやセルサイトにより多くのルーターやスイッチを配備して効率やスループットを上げるため、モビリティ・後方支援機器は増えていきます。」 また報告書の主要な論点は以下の通りです。 モビリティ・後方支援機器のうち、伝送機器は年率2%増えて2016年には60億ドルに達するでしょう。Microwaveが半分以上を占めるでしょう。 スイッチ、ルーターは年率9%増えて2016年には30億ドルに達するでしょう。全体の約30%にまで増えることになります。 マクロセルの展開が一段落した後、都市部ではmicro and pico cells あるいはsmall cells の展開が進むでしょう。直視ラインを必要としないソリューションがもとめられるため、small cell後方支援システムへの需要が伸びるでしょう。 <本報告書について> モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので各機器の売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。また世界、及び地域のモバイル加入者とセルサイトの数を含んだ表を提供しています。 モビリティ・後方支援機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 モビリティ・後方支援機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro … Continued


2012年8月8日 Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場でLTE機器が今後5カ年で年率50%以上成長するとの見込みです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratz はこれについて次の様に語っています。 「LTEの米国、日本、韓国での早期導入の成功によって世界中の通信事業者はLTEの導入にコミットしました。効率、通信の遅れの改善、全体のスループットに優れ、かつ将来方向も明確なためです。導入以来たった18カ月ですでにRAN市場の15%以上を占めています。」 また報告書は今後5カ年RAN市場全体(マクロと公衆アクセス用小セル)ではLTEの伸びが従来の(GSM/GPRS/EDGE, TDMA, CDMA, およびWiMAX)の減速を補い、年率2%で成長するものと見ています。公衆アクセス用小セルは5カ年の後半には大きく伸び 、2016年には全体の9%を占めると予測しています。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場5ヶ年予測はRAN市場全体(マクロと公衆アクセス用小セル)の完全な展望を行うもので、 LTE, WiMAX, GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Center、RE Carrier別の売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。 モビリティ・アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 … Continued


2012年8月6日 Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、ワイヤレスパケットコア機器世界市場 は今後5か年間成長を続け、2016年には現在の倍以上の60億ドルに達するとの見込みです。特に注目されているEvolved Packet Coreはこのうち約半分の30億ドルまで成長するとみています。これはLTE向けの設備投資によるものです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるChris DePuy はこれについて次の様に語っています。 「通信事業者はネットワークをインターネットプロトコールベースのアーキテクチャーに変換しています。特に3G を4G等の次世代ネットワークに接続することができるEvolved Packet Core機器はシステム効率をあげ、かつ4Gデータ通信機能に加えて、Policy and Charging Rules Function (PCRF) があり、課金( billing) systemsを可能にするため、通信事業者のサービスの差別化を可能にします。Evolved Packet Core 機器は単なるデータ通信帯域管理ではなく、モバイルデータサービスビジネスモデルの管理にかかせないものになっています。」 一方従来のワイヤレスパケットコアの伸びは年率一ケタになると予測されています。 また報告書はPCRF市場が2015年には7億ドルに達するとみています。 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core予測レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment (GGSN, SGSN, PDSN and ASN Gateway) … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2012年第1半期に世界市場でコアルーターの売り上げが2四半期連続で前年同期比で縮小したことが判明しました。2011年第4四半期には13%縮小し、今四半期は7%しました。 これについて弊社副社長であるShin Umedaは次のように語っています。 「2011年半ば以降の数四半期は、コアルーターの売上は急速な縮小に向かっています。これは通常の投資サイクルでもありますが、通信事業者が経済の先行きが不透明なため、設備投資予算を切り詰めたためです。ただ良いニュースとしては、現在は新しい投資サイクルの始まりの時点にあり、現行製品の2.5倍から10倍の性能のある100Gibの技術が姿をあらわしつつあります。このため、今年の後半にはかなりな伸びが期待できるでしょう。」 通信事業者向けコアルーター市場のシェア首位はCiscoで、ここ10年では最大のシェアを得ています。続いてJuniper, Huawei Technologiesという順位です。 <本報告書について> 上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, 100Mbps, 1000Mbps, and 10 Gbps Ethernet)/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査したものです。セグメントとしては、100Gbps ,10 Gbps以上のルーター、 2.5 Gbps以上 、10 Gbps 以下のルーター、1 Gbps以上 、2.5 Gbps 以下のルーター、1 Gbps 以下のミッドレンジルーター、1 Gbps 以下のローエンドルーターとその他(WANスイッチを含む)を網羅しています。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2012年第1半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で9%増となったことが判明しました。Long Term Evolution (LTE) networks の展開につれてEvolved Packet Coreが大幅に伸びたことが全体を牽引しました。 Cisco Systemsが大きく売り上げを伸ばし、本四半期のみで前期比でシェアを5ポイント増やし、Huawei と僅差ながら2位に躍進しました。 Juniper のMobileNext プロダクトラインが初めての売上を立てました。また伸びの著しいEvolved Packet Core 分野で、新参のAlcatel-Lucentが8%のシェアを獲得しました。 これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています。 「Wireless Packet Core 市場の最大のドライバーはLTEです。通信事業者はLTE加入者の大きな伸びをみて、Evolved Packet Core 機器の導入を加速化しています。 これに伴ってメーカーの分布も変わってきています。たとえばCiscoは従来までの北米中心の枠を超えてシェアを伸ばしています。またLTE以外の技術、たとえばWiFi,もWireless Packet Core の成長を促進するものと見ています、」 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core予測レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment … Continued


Dell’Oro Groupが2012年第1四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場で、2G/3G分野では停滞しているものの、LTE分野では経済の不安定さにもかかわらず、非常に好調であると報告しました。 LTE RANは前年同期比で160%の伸び 本四半期末ではLTEネットワークが60以上商業化された。 加入者は千五百万人に達し、前期比で70%の伸び TDD LTEが日本で商業化された。 Dell’Oro Groupの先任アナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「北米では人口の2/3がLTEでカバーされるようになりました。こうした環境下でLTEとタブレット端末のエコシステム、価格プランをどう組み合わせると最も魅力的か世界中が北米での成り行きを注視しています。現時点ではこの組み合わせが成功し、拡大していることは明白です。LTEには80カ国以上がコミットしています。2012年第1四半期ではLTEビジネスの80%以上が北米、日本、韓国で構成されていましたが、今後のLTEのビジネスは世界に拡大してゆくでしょう。」 報告書はLTE全体ではEricsson とAlcatel-Lucentがシェア上位を維持しているが、LTE TDDではSoftbank Mobileの Wireless City PlanningによってHuawei と ZTEがシェア上位を占めたと報告しています。またSamsung とNECがLTEでは一番シェアを伸ばしたと分析しています。また今後の短期の見通し、2012年の伸びのドライバーについての分析、地域や技術分野別の需要動向についても報告しています。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> 当社のモビリティ・インフラストラクチャー四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMAとWiMAX別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 モビリティ・インフラストラクチャー市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   … Continued


Dell’Oro Groupがイーサネットスイッチ市場で大きな変化が起きていると発表しました。2012年には10 Gigabit Ethernetの売上がdata center 向けのサーバーアクセス用に大きく伸びているため、各メーカーがそれぞれの特殊用途に最適化された製品を出してきているためです。このため、弊社ではこの変化の程度を測るため使用場所別の特別レポートを作成しました。これによって現在200億ドルにも達するこの巨大なイーサネットスイッチ市場の各社の強さ、弱さと成長ドライバーがよく分析できます。 これについてDell’Oro Groupの先任ディレクターであるAlan Weckel は次のように述べています。 「現在知能がエッジからデータセンターのコアに集中してきています。これは企業がサーバーの仮想化とクラウドへのアウトソース化を進めているためです。弊社はこの変化は根本的なものであり、今後数年続き、このため、data center 向けのサーバーアクセス用のイーサネットスイッチは成長ドライバーであり続けると信じています。メーカーは他の用途向けに開発した製品を改造して、こうした新しい用途に充てていくというわけには行きません。メーカー別シェアはメーカーが個別の特殊な用途にどう対応できるか、あるいは他社と提携して顧客に完全なポートフォリオを提供できうるかによって大きく変わってきます。」 報告書は市場を4つのセグメント:the Data Center, Enterprise (e.g., campus and branch office), Small and Medium Businesses (SMBs), and Carrier Ethernet Servicesに分けて分析しています。また報告書は Alcatel-Lucent, Cisco, Dell, D-Link, HP, Huawei, IBM, Juniper, と … Continued


Dell’Oro Groupの最新の報告によると、Application Deliveryコントローラー(ADC)は2012年には10%伸びて14億ドルに達するとみています。これはクラウドとVirtualizationに代表されるデータセンターの進化によるものです。 Dell’Oro Groupの主任アナリストであるAlan Weckel はこれについて次の様に語っています。 「データセンターの増設や統合、ユーザーの多様なニーズや自前の機器の持ち込みがADCの堅調な成長を支えています。またADCはネットワーク知能レベルを上げて、基本的な負荷調整機能を超えてデータセキュリティの分野に広がっています。またデータセンター需要に特化しているため経済環境の変化にも対応力があります。Facebook やGoogle向け製品は経済環境に無関係に好調を維持するでしょう。」 報告書によると、virtual appliances が今後シェアを高めていくと分析しています。virtual appliances はまだ初期段階ですが、2011年第4四半期にはApplication Delivery Controllers の3%を占めています。virtual appliancesでシェアの高いメーカーはA10、Cisco, Citrix, F5, とRiverbedです。 <データセンターアプライアンス市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のData Center Appliance市場四半期報告はApplication Delivery Controller (Modular, Fixed and Virtual) とWAN Optimization (Physical and Virtual)の市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と出荷数量をメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 この報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 … Continued


Dell’Oro Groupがイーサネットスイッチ市場で2012年には10 Gigabit Ethernetの売上がスイッチ全体の売り上げの3分の1を超える見通しであると発表しました。これはdata center 向けの売り上げが伸びていて、Top-of-Rack とBlade switchesに10 Gigabit Ethernetを使用しているためです。 これについてDell’Oro Groupの先任ディレクターであるAlan Weckel は次のように述べています。 「1 Gigabit Ethernet から10 Gigabit Ethernet.への移行はまだ始まったばかりです。2012年後半から2013年にかけて最初の大きな売り上げの伸びが見込めるでしょう。Intel’の Romely chipsetのサーバーへの採用がこの時期に始まります。その後、殆どのハイエンドサーバーは10 Gigabit Ethernetを採用することになるでしょう。Blade serversでは接続は SFP+ direct attach から10G Base-Tまで多様な展開になるでしょう。また1 Gigabit Ethernet から10 Gigabit Ethernet への大きな移行、その後のさらなる40 Gigabit Ethernetへの移行を踏まえて、サーバーのメーカーはデータセンター市場のなかで、専門化するか、あるいは幅広くあらゆる顧客に多様な製品ラインを提供するか、選択を迫られるでしょう。」 また報告書はFixed 10 … Continued