Dell’Oro Groupが2011年第2四半期ではpoint-to-pointの Microwave機器は前年同期で30%伸びたと発表しました。2011年通年では出荷は160万台に達するとみています。 これについて弊社副社長でMicrowave Transmission担当の Jimmy Yuは次のように語っています。 「Point-to-point microwave機器は全主要地域で好調でしたが、特に欧州が前年同期で58%と大きく伸びました。メーカーでこの恩恵を受けたのは、Huawei, EricssonとNECでした。3社とも40%以上の伸びを示しました。」 Microwave Radio Transceiver Shipment in 2Q 2011 Equipment Manufacturer Shipment Share Huawei 23% Ericsson 21% NEC 18% <Microwave transmission報告について> 当社のMicrowave transmission機器四半期レポートは、市場規模、市場シェア、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybridという市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。本市場レポートの 購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 … Continued


Dell’Oro Groupが2011年第2四半期のモビリティ・インフラストラクチャー市場は前年同期比で25%成長したと報告しました。これは2004年以来の高成長でした。これは為替の影響に加えて、市場の70%を占めるWCDMA/HSPAとCDMA/EV-DOが大幅に伸びたためです。 Dell’Oro Groupの先任アナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「北米ではスマートフォンが伸び、設置ベースの35%を占めるまでになりました。このためそれを支えるモビリティ・インフラストラクチャー市場が伸びています。一部の通信業者は上半期中心の投資となっていますが、弊社はそれでもこの伸びは今後も続くと見ています。たとえば2011年の北米の下半期の無線関連の設備投資は対上期で7%増です。このため、2011年は弊社がこの分野をファローし始めて以来の高い伸びとなると予測しています。」 また報告書は今後の短期の見通し、2011年の好調な伸びのドライバーについての分析、地域や技術分野別の需要動向について分析しています。またメーカー別に過去4四半期通算の市場シェアを見ると、Ericsson, Huawei, Nokia Siemens Networksが上位3社を占めています。/p> <本報告書について> モビリティ・インフラストラクチャー-機器世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、 GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Centerの売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。 モビリティ・インフラストラクチャー-機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、DWDM光伝送市場で、2011年第2四半期の全世界売上高が前年同期比で30%成長したことが判明しました。売り上げは19億ドルに達しました。 弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「これは最近4半期連続の対前年同期比二桁の伸びで、特に2011年第2四半期の売上高のレベルは2001年以来の水準です。特に40GB DWDMは対前年同期比で倍増の勢いです。」 また報告書によると、DMDW市場は全地域で伸びていますが、特にEMEAと南アメリカが好調で、対前年同期比で50%以上伸びています。過去4四半期(2010年3Qから2011年2Qまで)の世界シェアのトップグループは以下の通りです。 DWDM Revenue Share on Trailing 4-Quarter Base Equipment Manufacturer Revenue Share Huawei 18% Ciena 15% Alcatel-Lucent 14% Fujitsu 9% <レポートについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。 弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2011年第2半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で33%増と大幅に伸びたことが判明しました。これは通信事業者のワイヤレスデータ加入者管理システムへの需要が堅固なためです。市場シェア首位はEricsson, 次いでHuaweiとなっています。 これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています. 「スマートフォンとタブレット端末の急速な伸びが通信事業者のワイヤレスデータ加入者管理システムへの需要を牽引しています。需要は堅調ですが、競争環境はかわりつつあります。次世代機器、Evolved Packet Core(EPC)への移行を目指して新しいメーカーが既存勢力に挑戦しようとしています。少なくとも4社の新製品が通信業者でテストされていますが、今後数四半期の間に配備されていくものと思われます。これらの新製品が展開された際には競争環境は面白い変化を示すことになるでしょう。」 。 EPCに含まれるには以下の製品群です。 Mobility Management Entity (MME), Packet Data Node Gateway (PGW), Serving Gateway (SGW) and Policy and Charging Rules Function (PCRF). また報告書は2011年第2半期のWPCの売上が全体で6億3000万ドルに達したことを報告しています。WPCは以下の製品を包含しています。 Gateway GPRS Support Node (GGSN), Serving GPRS Support Node … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2011年第2半期に世界市場で通信事業者向けルーターが売り上げを26%伸ばしたことが判明しました。北米とアジア太平洋の需要が好調だったためです。米国でのモバイルの後方通信の強化と中国の光ファイバネットワークの更新需要によるものでした。 これについて弊社副社長であるShin Umedaは次のように語っています。 「モバイルデータを後方から支えるネットワークの好調さはここ数四半期続いています。一方、中国の光ファイバネットワークの更新の影響が出てきたのは今四半期が初めてです。メーカー別に見るとAlcatel Lucentがモバイル通信事業者向けで健闘し、Huaweiが本拠の中国で非常に好調です。しかしCiscoとJuniperも同様に好調です。」 2Q11 Worldwide Service Provider Router Leaders Vendor 2Q11 Rank Y/Y Growth Cisco Systems 1 20% Juniper Networks 2 23% Alcatel-Lucent 3 65% Huawei 4 60% <本報告書について> 上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, 100Mbps, 1000Mbps, and … Continued


Dell’Oro Groupの調査によると、2011年第2四半期のアクセス機器市場のうちGPON機器 の売上が過去10四半期連続で伸び、前期比で10%、前年同期比で34%伸びたとのことです。 これはOLT, ONTの両方を含むもので、売上記録を更新しています。 これについてDell’Oro Groupの創業者であり、社長であるTam Dell’Oro は次のように述べています。 「PON市場の過半は中国市場から来ています。しかし中国以外の市場を総合してみると、2010年第2四半期以降初めて前期比で伸びました。欧州中近東アフリカではロシアが伸びていますが、それ以外にもいくつか小さいプロジェクトがあります。また北米や南米も同様成長しています。」 また報告書はHuawei が中国で首位を続け、世界市場でもリードを保っているとしています。Alcatel-Lucent、EricssonとZTEがやはり中国での売上も多くシェアで続いています。 <本報告書について> 弊社のアクセス市場レポートは、DSL、ケーブル・モデムとPON機器、すなわちネットワーク機器ではDSL 集線装置(ADSL, G.SHDSL, VDSL), CMTS、PON OLT(BPON, EPON, GPON)、と宅内機器ではDSL Modems, DSL ルーター (data only and voice and data), ケーブルモデム宅内機器、PON ONTをカバーしており、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 アクセス市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール … Continued


Dell’Oro Groupの10Gbps Ethernetネットワーク・アダプターとコントローラー市場の調査によると、同市場はFibre Channel over Ethernet (FCoE) Capable機器が好調で、成長を支えましたが、同時にシェアの変動をもたらしているとのことです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるSaheh Boujelbeneはこれについて次の様に語っています。 「今四半期のシェアの変動はすべてFCoE Capable機器の成長がもたらしています。FCoE Capable機器は10Gbps Ethernetネットワーク・アダプターとコントローラー市場全体よりも早く成長していて、市場全体のなかでのシェアも増えています。ただ、実際にFCoE Capable機器のうちFCoEのトラッフィクをあつかっているのは40%以下でしょう。」 報告書によると、2011年第2四半期を2011年第1四半期とポート出荷で比べた場合、シェア首位はEmulexで、QLogic は4位から3位に上がり、Ciscoも5位から4位に上がったとのことです。   <Ethernetネットワーク・アダプター市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のEthernetネットワーク・アダプター市場はアダプターカードの市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と、Controllerチップの出荷数量をメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 Ethernetスイッチ・ネットワーク・アダプター市場の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro … Continued


Dell’Oro Groupがイーサネットスイッチ市場で第2四半期で売上が前期比で8%伸び、売上とポート出荷数で記録を更新したと発表しました。L2-L3のスイッチングでは, データセンター向け需要が好調で、Top of Rack とブレードサーバー分野で10GB が伸びています。 これについてDell’Oro Groupの先任ディレクターであるAlan Weckel は次のように述べています。 「イーサネットスイッチの市場は2011年第2四半期に大きく回復しました。これは固定型の売上高とポート出荷数が記録更新レベルに達したためです。データセンター向け需要が相変わらず好調で、そこでは10GB Ethernet が売上の中心です。 しかし、通年では市場全体で前年同期比では減少となるとの予測は変更しません。」 また報告書はDell, Enterasys, Extreme, Juniperすべてが固定型で、前期比で20%以上売り上げを伸ばしています。需要の伸びはキャンパス、通信会社とデータセンター向けが中心です。 メーカーで見ると、固定型の上位4社は、 Cisco, HP, Juniper, Dellです。モジュラー型では Cisco, HP, Huawei, Brocadeとなります。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[100, 1000 Mbps and 10Gbps、管理型および非管理型に分けて調査], 第4~7層(レイヤ4~7)スイッチ[100, 1000 Mbps]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 … Continued


Dell’Oro Groupの調査によると、2010年第3四半期のアクセス機器市場のうちDSL の売上が過去3年で初めて前年同期比で伸びたとのことです。これはアクセス集線装置へのポート出荷数が2年振りの高いレベルに達したためです。 これについてDell’Oro Groupの創業者であり、社長であるTam Dell’Oro は次のように述べています。 「ポート出荷数が好調なのにはいくつかの要因があります。広帯域への更新プロジェクトのため、VDSLのポート出荷数が記録を更新したこと、部品不足が緩和され、いくつかの企業が納期の遅れていた注残を出荷したこと、また世界景気が回復したこと等です。前年同期比でみると、中南米が好調で、ついで欧州・中近東・アフリカです。中国は光回線を配備して、PONへ移行しようとしているため、DSLアクセス集線装置へのポート出荷数の伸びはさほどではありません。」 また報告書はAlcatel-Lucentが今年初めてHuaweiを抜いたとしています。これはVDSLのポート出荷数が北米、欧州とアジアで好調だったためです。Huawei は欧州向けのVDSLは伸びましたが、全体としてのADSLの減少を補えるほどではなく、前期比ではポート出荷数は減少しました。 <本報告書について> 弊社のアクセス市場レポートは、DSL、ケーブル・モデムとPON機器、すなわちネットワーク機器ではDSL 集線装置(ADSL, G.SHDSL, VDSL), CMTS、PON OLT(BPON, EPON, GPON)、と宅内機器ではDSL Modems, DSL ルーター (data only and voice and data), ケーブルモデム宅内機器、PON ONTをカバーしており、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 アクセス市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2010年第3半期に世界市場で通信事業者向けエッジルーターが売り上げ記録を更新したことが判明しました。前年同期比で25%伸び、15億ドルを突破しました。 Ciscoはシェアを伸ばして首位の座を確固たるものとし、Alcatel LucentがJuniperに代わって2位になりました。 これについて弊社副社長であるShin Umedaは次のように語っています。 「今年はモバイルデータを後方から支えるネットワークで、エッジルーターの需要が顕著に伸びています。モバイル通信事業者は、新規のデータサービスを展開するためIP/MPLS技術に設備投資し、成長に備えてさらなる展開を計画しています。」 3Q10 Worldwide Service Provider Edge Router Leaders   Vendor 3Q10 Rank 2Q10 Rank Cisco 1 1 Alcatel-Lucent 2 3 Juniper Networks 3 2 Huawei 4 5 Tellabs 5 4   <本報告書について> 上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, … Continued