Dell’Oro Groupの調査により、2010年第3四半期でアジア太平洋の企業向けWLAN市場での出荷が好調で、前期比で35%伸びたことが判明しました。このため、世界全体の企業向け市場も前期比で9%伸びました。この伸びの主たる原因はSOHOと企業向け市場が好調なことです。 当分野の主任アナリストであるLoren Shalinskyは次の様に語っています。 「企業向け市場はアクセス・ポイントが前期比で二桁伸びる等依然として快調でした。Ciscoは最大の伸びを示し、2大主要市場、北米と欧州中近東アフリカでシェアを伸ばしました。HPは出荷が急増し、特にアジア太平洋の企業向けWLAN市場での出荷が好調で、同市場が前期比で35%伸びた主因になりました。Alcatel-Lucent, Cisco, HPはいずれも企業向けの出荷を20%以上増加させました。 SOHO市場は前年比で18%伸びました。WiFi端末は伸び続けており、これが同市場での更新需要や新規需要を牽引しています。」 また報告書は、下記のメーカーはすべて売上記録を更新しているとのことです。 Alcatel-Lucent, Aruba, Buffalo, Cisco, HP, Menu, NETGEAR, Xirrus <本報告書について> 上記は弊社の2010年第1四半期ワイヤレスLAN市場レポートからの抜粋です。この調査は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。企業向けおよびSOHO向けアクセス・ポイント、ブロードバンド・ゲートウェイ、ネットワーク・インターフェース・カードを含み、802.11b, 802.11g、802.11a/g、 と802.11nを対象としたものです。 ワイヤレスLAN市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2010年第3半期に通信事業者向けのWireless Packet Core市場が前年同期比で27%増と大幅に伸びたことが判明しました。前年同期比での伸びは2010年では初めてで、これは中国勢の投資復活によることが大きいものです。中国は現有のWireless Packet Core能力が限界に来たことに加えて、China Unicomが人気の高いiPhone4の導入の準備を始めたことにより、非常に積極的な投資を再開しました。 また報告書によるとHuaweiとZTEがシェアを拡大しています。Huaweiは売上シェアで23%から31%まで、ZTEは前期の9%から12%まで伸長しました。 これについて当社副社長Greg Collinsは次のように語っています. 「売上シェアは今後も変動を続けるでしょう。第3半期に中国の伸びで、HuaweiとZTEがシェアを拡大させましたが、第4半期には北米が拡大し、Ericsson, Nokia SiemensとCiscoがシェアを取り戻すでしょう。北米の通信事業者はスマートフォンとタブレット端末が年末商戦で大きく伸びるとみており、この無線通信需要増に備えて設備投資予算を使い切ろうとしている、と弊社は予測しています。」 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core市場レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をGateway GPRS Support Node (GGSN), Serving GPRS Support Node (SGSN), Packet Data Serving node(PDSN), Access Service Network(ASN)のセグメントに分けて分析しています。 Wireless Packet Core市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 … Continued


Dell’Oro Groupの10Gbps Ethernetネットワーク・アダプターとコントローラー市場の調査によると、同市場は2010年第3四半期に前期比で16%の成長を記録したとのことです。 Dell’Oro Groupの社長であるTam DellOroはこれについて次の様に語っています。 「10Gbpsによるサーバー接続へのユーザーからの需要は大変に強くなっています。これは単に速度が速いからだけではありません。仮想化によって各種の接続の数が大きく増えています。新製品はこれに対処できます。例えば、Ciscoのhome-grown Virtual Interface CardではAdapterのそれぞれのポートで128の仮想化接続が可能になっています。」 報告書によると、いくつかの画期的な事項が達成されました。 たとえばMellanoxは初の40Gbps adapterを出荷しました。Solarflareは10G Base-T Adapterを出荷し、BroadcomやIntelに並びました。EmulexはFCoE enaled-10 Gbps LOMを量産出荷しました。 3Q10 Market Leaders – 10 Gbps Ethernet Controller and Adapter   Total Market 3Q10 Q/Q Growth MFG Revenue ($M) $83 + 16% Vendor Rank … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2010年第3四半期のUnified Communications市場が前期比で7% 成長したことが明らかになりました。また2010年全体でも2008年以来の高成長をすると予測されています。上半期は不調でした。特に欧州の不振が目立ちましたが、北米の下半期が好調でこれを補いました。 これについて当社のディレクターのAlan Weckelは次のように語っています。 「2010年第3四半期では主要メーカーが好調でした。特に北米が好調で欧州の不振を補いました。いくつかの市場で弱さもありますが、2010年全体ではUnified Communicationsは好調です。ソフトの品そろえも増え、またMicrosoftがLyncの販売促進を進めています。」 また報告書はメーカーが既設の回線をIP に移行させていると報告しています。ただこの移行が完了するまでは10年位かかるかもしれません。なお2010年第3四半期では回線出荷でみての上位8社(Aastra, Alcatel-Lucent, Avaya, Cisco, Mitel, NEC, Nortel, and Siemens)が80%の市場シェアを占めています。 <本報告書について> 弊社のIP電話企業市場レポートは、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートはIP電話市場をIP PBX(アナログ回線、ディジタル回線、IP回線と台数)、伝統的PBX(アナログ回線、ディジタル回線、IP回線と台数)、伝統的Key Telephone(アナログ回線、ディジタル回線、IP回線と台数)とIP電話機のセグメントに分けて分析しています。 IP電話市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、WDM、SONET/SDH, 光スイッチからなる光伝送市場で、2010年第3四半期の全世界売上高が前年同期比で3%成長したことが判明しました。これは最近2008年第4四半期以来減少が続いていた傾向を逆転したものです。全地域が伸びていますが、特にアメリカが好調でした。世界シェアのトップグループはHuawei, Alcatel Lucent,  Cienaでこの3社で50%近くのシェアを占めます。 セグメントでみると、WDM機器が帯域増への需要から最も恩恵を受けました。この四半期で、WDM機器は前年同期比で18%成長し、16億ドル近くになりました。北米地域はWDMでは最大の市場ですが、前年同期比で30%成長しました。 この地域のシェアのトップグループはCiena, Fujitsu, Infinera, Ciscoでこの4 社で65%近くのシェアを占めます。 また報告書によると、40 Gbps WDMは世界中で配備が進んだ結果、前年同期比で 200%伸び、また100 Gbps WDMの出荷が始まったとのことです。 <レポートについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。 弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> 以上


Dell’Oro Groupがイーサネットスイッチ市場で第3四半期で売上が前年同期比で33%伸び、売上とポート出荷数で記録を更新したと発表しました。L2-L3のスイッチングでは, Cisco, HP, Juniper が最も伸び、L4-L7 Server Load BalancingではF5が好調で最も伸びました。した。 これについてDell’Oro GroupのディレクターであるAlan Weckel は次のように述べています。 「10GE Ethernet とデータセンター向けスイッチがイーサネットスイッチの市場拡大を牽引しています。2011年には市場全体の伸びは大きく減速するでしょううが、データセンター向けは10GEを中心にサーバー接続ばかりでなく、データセンター内の統合面でも成長を続けるでしょう。」 また報告書はデータセンター向けの10GE purpose built top-of-rack(ToR) switches(サーバー接続向け)が最も成長し、メーカーで見るとこの分野に参入しているのは、Arista, Blade, Brocade, Cisco, Dell, Extreme, Force 10, HP, Juniperであるとしています。2011年に成長するのはこれらの製品とメーカーです。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[100, 1000 Mbps and 10Gbps、管理型および非管理型に分けて調査], 第4~7層(レイヤ4~7)スイッチ[100, 1000 Mbps]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: … Continued


Dell’Oro Groupの調査、SAN市場四半期報告によると、2010年ではファイバチャネル(FC)とFibre Channel over Ethernet (FCOE) スイッチは、2009年比で16 %増加して20億ドルを突破する勢いであることが判明しました。ファイバチャネル(FC)スイッチが全体の多くを占めますが、高速の8 Gbpsが非常に好調で、特にCiscoは2009年当初に苦しんだ部品不足を克服して、顧客の更新需要を捉まえています。 Dell’Oro Groupの社長であるTam Dell’Oroはこれについて次の様に語っています。 「Fibre Channel over Ethernet (FCOE)スイッチはまだテスト段階です。2011年にはこうした新製品が市場に登場し、顧客がストレージエリア・ネットワーク(SAN)市場で, ファイバチャネル(FC)をとるのか、iSCSIか、あるいはFibre Channel over Ethernet (FCOE)が伸びるのかを決めることになるでしょう。」 また報告書はFibre Channel over Ethernet (FCOE)はSANスイッチよりも、SAN Adapterの市場でよりシェアが高いと報告し,その理由を分析しています。 <SAN市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のSAN Switches and Host Bus Adapters (HBAs)市場レポートは市場規模、市場シェア、ポート(16Gbps, 8 Gbps, 4 … Continued


Dell’Oro Groupの二つの調査、SAN市場四半期報告とNetwork Adapter市場四半期報告によると、2010年上期ではファイバチャネル(FC)ストレージエリア・ネットワーク(SNA)市場向けAdapterのポート出荷(160万台弱)はほぼ記録レベルで、LAN とLOM (LAN on Motherboard) 向けNetwork Adapterのポート出荷(1億台弱)は記録を更新したとのことです。 Dell’Oro Groupの社長であるTam Dell’Oroはこれについて次の様に語っています。」 「高速のFibre Channel adapters (8 Gbps)は2009年第3四半期から大きく伸びました。また同時に10 Gbps Ethernet adaptersが非常に高い、かつ着実な、連続的な伸びを示しています。これはIntel の、50 Gbps of in/out trafficをサポートする Nehalem-based server processor の出荷が始まったことと関連しています。10 Gbps Ethernet adapters with SFP+ Direct Attach Copperは2010年第2四半期に殆ど倍増となりました。またEthernetスイッチも同じような傾向を示しています。」 また二つの報告書ともメーカー毎の市場シェアを含んでいます。10 Gbps Ethernet adaptersではEmulex とQLogicといった新規参入組がシェアを拡大しています。一方10 … Continued


Dell’Oro Groupの調査によると、2010年第2四半期のアクセス機器市場のうちCMTS (Cable Modem Termination System) の売上が前期比で15%、前年同期比で63%と急伸し記録的レベルに達したとのことです。一方Cable CPE(宅内端末)の出荷台数は前年同期比でほぼ横ばいでした。 これについてDell’Oro Groupの創業者であり、社長であるTam Dell’Oro は次のように述べています。 「殆どのCMTSは2年前から DOCSIS3.0ベースになっていましたが、宅内端末の DOCSIS3.0化は遅れていました。DOCSIS3.0を使った端末もサービスも価格プレミアムがあり高価だったせいです。この価格プレミアムが下がってきたため、今後は宅内端末の DOCSIS3.0化が進み、2010年下半期から端末の出荷が増えるとみています。」 また報告書はCMTSではCiscoが大きく伸び Arris とMotorolaの減少をカバーしてかつ市場を大きく押し上げたとしています。Ciscoのシェアは前期比で14%伸び過去2年で最大となりました。一方Cable CPE(宅内端末)では音声とデータセグメントのリーダーであるArris が出荷総台数ではCiscoとMotorolaを抑えて首位に立ったとのことです。 <本報告書について> 弊社のアクセス市場レポートは、DSL、ケーブル・モデムとPON機器、すなわちネットワーク機器ではDSL 集線装置(ADSL, G.SHDSL, VDSL), CMTS、PON OLT(BPON, EPON, GPON)、と宅内機器ではDSL Modems, DSL ルーター (data only and voice and data), ケーブルモデム宅内機器、PON ONTをカバーしており、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 … Continued


Dell’Oro Groupが2010年第2四半期ではpoint-to-pointの Microwave機器は10億ドルを少し上回るレベルまで減少したと発表しました。これは前四半期に引き続いてのもので、通常は季節的に強い四半期であるにも拘わらず市場は弱いものでした。 Dell’Oro GroupのディレクターであるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「Microwave transmission 機器市場は2010年第1四半期で減少しましたが、第2四半期では通常は通信業界では季節的に強い四半期であることからも回復すると予測していました。しかし、ユーロの動揺、WiMAX業者の購入減少、インドでの政府の新しい安全性規制による配備の遅れといった問題を克服できませんでした。」 また報告書は第2四半期ではEricssonがシェア首位、 Huaweiがシェアを前年同期比で5%伸ば し首位に迫る2位、Alcatel-Lucentが着実な伸びで3位としています。 <Microwave transmission報告について> 当社のMicrowave transmission機器四半期レポートは、市場規模、市場シェア、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybridという市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。本市場レポートの 購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。 以上