2014年12月15日

Dell’Oro GroupのNetwork Functions Virtualization あるいはNFV movementに関する報告書は始まってから3年を経過した通信業界でのこの一大革新について分析しています。 NFV は通信基盤にインターネットのクラウドでGoogle, Amazon、Facebook等が普通に行なっている仮想化とクラウドコンピューティングの技術を適用しようとするものです。報告書はこの技術が持つ革新性とそれが通信業界、機器メーカーと通信事業者に与える影響を分析したものです。 弊社の副社長であるShin Umeda,は次のように語っています。 「NFV関連で注ぎ込まれているエネルギーは大変なもので興奮させられます。 一方そのエコシステムは大きく進化してはいますが大規模な配備には未だ数年はかかるとみています。」 <本報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のNFV Advanced Research ReportはNFV市場の今後5カ年の動向を予測し、それが機器メーカーと通信事業者に与える影響を分析するものです。NFVの各技術セグメントに関する売り上げを予測し、技術、ビジネスとその財務的影響を分析するものです。この報告書が分析する事項は;   NFVはネットワーク機器を補完するものか、あるいは代替するものか? どのネットワーク機器がNFVの影響を受けるか? オープンソースがNFVに使われるか? NFVで重要な技術とは? 通信事業者の設備投資、運営費や売り上げに与える影響は? NFVはメーカーや通信事業者に大きな影響を与えるか?   この報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。                                  電話:           米国 650-622-9400 内線244                                FAX:            米国650-654-9428                                Email; Julie@DellOro.com. … Continued


2014年12月15日

Dell’Oro Groupが2014年第3四半期では、point-to-pointの マイクロウェーヴ伝送機器市場は2014年初頭に始まった成長が継続している、と発表しました。これは3年間続いた市場縮小の後で起こっています。2014年第3四半期では前年同期で5%と2四半期連続で伸び2014年通年では3%前後の伸びになるとみています。 これについて弊社副社長でマイクロウェーヴ伝送機器担当の Jimmy Yuは次のように語っています。 「マイクロウェーヴ伝送機器市場は成長に復帰しました。2四半期連続の成長のあともこの成長は継続するとみています。モバイル通信事業者は固定回線よりも無線による後方支援がより有利な地域での事業拡大を進めています。インドや中近東はそうした地域の一例です。これらの地域がマイクロウェーヴ伝送機器市場の拡大を支えるでしょう。」 “2014年第3四半期ではアジア太平洋と中近東のマイクロウェーヴ伝送機器市場はそれぞれ33 percent と20 percent伸びました。アフリカや欧州の一部で、後方支援を無線に頼る地域の伸びがアメリカでの減少を補いました。   <Microwave transmission報告について> 当社のマイクロウェーヴ伝送機器四半期レポートは、市場規模、市場シェア、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybridという市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 本市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。                           電話:   米国 650-622-9400 内線224                         FAX:   米国650-654-9428                         電子メール Julie@DellOllo.com                Webサイト:www.DellOro.com             また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。                                電子メール:kenichi@delloro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro … Continued


2014年9月30日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、通信事業者向け機器世界市(Access, Carrier IP Telephony, Microwave, Mobile RAN, Optical, SP Routers, SP WiFi, and Wireless Packet Core markets)が2013年から2018年までの今後5カ年で300億ドル成長するとの見込みです。2008年から2013年までは年平均成長率はマイナス1%でしたが、今後5カ年では年平均成長率は2%となると見ています。 これについてデルオロ社の創業者で社長のTam Dell’Oroは次の様に語っています。 「2007年のiPhoneの登場以降、スマホが普及しデータ、音声ともにトラフィックが急増しました。このため通信事業者は有線、無線両方で回線能力の増強につとめました。今後も無線分野での能力増強は続きますが、通信事業者は、今後5カ年は増え続けるトラフィックを支える後方支援分野、すなわち有線分野の強化に資金を投ずると見ています。」 また報告書は  今後5カ年(2013−2018)に無線分野は年平均1%、有線分野は年平均3%成長する  同期間に主として成長するのは、Microwave, Optical, SP Routers, とWireless Packet Core である。 としています。 <本報告書について> 通信事業者向け機器世界市場5ヶ年予測は市場全体の完全な展望を行うもので、 Access, Carrier IP Telephony, … Continued


2014年9月15日

Dell’Oro Groupの調査により、2014年第2半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で25%増と成長を続けていることが判明しました。LTE wireless networks を管理するEvolved Packet Core (EPC)が大幅に伸び、市場の50%以上を占めるようになり、これにつれてHuawei とNokiaがシェアを伸ばし、それぞれシェア2位と3位になりました。 これについて当社副社長Chris DePuyは次のように語っています。 「競争状態に変化が現れています。理由は二つあって、一つ目はEPC/LTE networkを展開している地域がシフトしつつ拡大していることです。北米での展開が成熟化してくる一方、中国やヨーロッパ、中近東、アフリカでは展開が加速化しています。この結果、この地域に強いメーカーのシェアが上がってきています。二つ目には新規メーカーの進出が増えていることです。Network Function Virtualization (NFV)を通信事業者が必要としていることが要因で、Affirmed Networks, Connectem やMavenirがその例です。今後の成長を支えることが期待されます。 」 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core予測レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment (GGSN, SGSN, PDSN and ASN Gateway) とEvolved Packet Core equipment (MME, … Continued


2014年9月15日

Dell’Oro Groupが、L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2014年第2四半期に売上が56億ドルを超えたレベルになった、と発表しました。殆ど全てのメーカーが売り上げを伸ばしています。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「イーサネット市場では来年に向けて好調を維持する要因が数多くあります。データセンターは相変わらず最も伸びている分野です。中国ではHuaweiとZTEが伸びています。また特殊なニッチに特化したメーカーも出てきています。データセンターあるいは企業向け、または地域というそれぞれの切り口でみると、シェア上位は多様化しています。それぞれの特徴を生かしたメーカーが健闘しているためで、この傾向は今後数四半期続くと見ています。」 また報告書によると、この四半期で売上高1億ドルを突破したメーカーの数が記録的な多さとなりました。Arista Networks, Cisco Systems, Dell, Extreme Networks, Hewlett-Packard, Huawei Technologies, と Juniper Networksです。なおイーサネットスイッチ市場全般ではHuawei がシェア3位ですが、データセンターではArista が3位を維持しています。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[Fast Ethernet, 1Gps、10Gbps、40Gbps, 100Gbps、管理型および非管理型に分けて調査]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線244 FAX: 米国650-654-9428 電子メール:Julie@DellOro.com       Webサイト:www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro … Continued


2014年8月26日

Dell’Oro Groupが2014年第2四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場が二桁伸び、2011年第3四半期以来の伸びを記録したと報告しました。 Dell’Oro GroupのDirectorであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「LTE 市場で日本やCanada, Koreaと米国で起こったことが中国やヨーロッパの一部でまた起こっています。ヨーロッパではLTE rolloutが在来品の落ち込みを補う勢いです。一方中国の4G rolloutは2014年前半で世界市場の伸びに最も貢献しました。ただRAN市場はAPACを除けば2014年前半で二桁減少しています。」 この他に報告書は下記を報告しています。 • Ericsson, HuaweiとNokiaがそれぞれ33 percent, 24 percent, 17 percentのシェア(2014年前半のWCDMA/LTE RAN売上比)を占めた。 • Ericsson, HuaweiとAlcatel-Lucentの3社は2014年第2四半期でもそれまでの一年間の合計でもLTE RAN市場でそれぞれ1位、2位、3位を占めた。 • Total RAN market (macro and small cell)は2014年には2年連続で5%以下の伸びと予測されている。しかし2015年には減少が予測されている <当社のモビリティRAN四半期レポート> 当社のモビリティRAN四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMA、LTE-FDD, LTE-TDDとMobile WiMAX別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。モビリティRAN市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線244 … Continued


2014年8月4日

Dell’Oro Groupの5カ年予測によると、今後5年間の通信事業者向けのIP電話市場で、新規のサービス、Session Border Controllers (SBCs), IP Multimedia Subsystem (IMS) Core とVoice Applications Servers (VASs)は今後5年間で90%以上成長するとのことです。 これについて当社副社長Chris DePuyは次のように語っています. 「Voice Over LTE (VoLTE) とVoice over Wi-Fiといった新しいサービスはSBCs, IMS Core とVASへの強い需要を引き起こします。これらの新サービスは従来の音声サービスを代替するものです。これまでの急成長のため、新サービスは売り上げでも従来のサービスを凌ぐ勢いです。この結果、今後5年間で音声サービス全体では新サービスの伸びが従来のサービスの衰退を補うため,横ばいになるでしょう。」 また報告書はSession Border Controller (SBC) 、IMS Core とVAS markets向けのNFV licensesの分析と予測を行っています。またVoice over LTE (VoLTE)の加入者、IMS Core equipment, Softswitch、Media … Continued


2014年7月25日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・無線アクセスネットワーク(RAN)機器世界市場でLTE機器(macro とsmall cell radiosを合わせて)が今後5カ年で大きく成長するとの見込みです。この結果、LTE RANの売り上げは2007年のGSM、2011年のWCDMAのそれぞれのピークを超えると見ています。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratz はこれについて次の様に語っています。 「LTEの配備とそれに対する加入者の反応はこれまでのモバイル技術での経験を超えるものです。LTEの初期段階での配備の速度が早いうえ、複数の周波数帯を組み合わせて使うことのできる柔軟性があるため通信事業者がそれぞれの地域に合わせて配備を進めることができます。このため初期配備が終わっても設備投資が続くと見られます。」 この他5カ年予測は以下のポイントを指摘しています。 l   RAN市場全体(macro とsmall cell)は2014年に2年連続で成長するが、2014 と2018年の間では年成長率平均は一桁に減速する。 l   Macroの投資は予測期間を通して強く2018年には百万以上のmacro (RRU, antenna integrated radio, active antenna system) がdistributed とcentralized baseband architectures.の両方をあわせると出荷されるであろう。 l   予測期間中にLTE-TDDはLTE RFの通信事業者向け出荷の40% を占めるであろう。 2014年第一四半期のLTE RANの売上高ベースの市場シェアの上位4社は Ericsson, Huawei, Alcatel-Lucent, と … Continued


2014年7月25日

Dell’Oro Groupの5カ年予測調査によると、都市圏光伝送市場は2018年には90億ドルまで伸びるとのことです。特にWDMが今後5カ年では好調で、2018年では市場の大部分を占めると見ています。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語って います。 「都市圏光伝送市場は移行期にあります。SONET/SDHから高性能の伝送機器へ移行しようとしています。この結果SONET/SDHは今後5年間継続的に年率平均で30% 以上減少すると見ています。この穴を埋めるのはpacket friendlyで高性能な機器、optical packet-switches と WDM metroです。弊社はoptical packet-switch は年率平均3 %で2018年まで、 WDM metro は年率平均で9 %伸びる、と予測しています。」 <レポートについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。 弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 電話:           米国 650-622-9400 内線244 FAX:            米国650-654-9428 電子メール: Julie@DellOro.com Webサイト:www.delloro.com    www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com 以上


2014年6月31日

Dell’Oro Groupの調査により、2014年第1半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で26%増となったことが判明しましたLTE wireless networks を管理するEvolved Packet Core (EPC)が大幅に伸びたことが全体を牽引しました。 1.   北米は前期比で250%と大幅にのびました。これは2013年第 3 四半期と2013年 第4四半期に大幅に減速した後のことです。 2.   2014年第1半期の通信事業者の入札のうち、半分以上がNetwork Function Virtualization (NFV) capabilities の将来の運用とその技術仕様を要求しています。 3.   Nokiaが大きくシェアを伸ばしていて、過去4四半期の実績ではシェア第3位になりました。 これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています。 「LTEが北米、日本、韓国を超えてその他地域でも展開されるようになると、その他地域で強いメーカーが シェアも増やしてくるでしょう。Nokiaがのびているのはこのためです。 」 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core予測レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をTraditional Packet Core equipment (GGSN, SGSN, PDSN and … Continued