2014年2月1日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場 は2018年には80億ドルになるとの見込みです。 Dell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「モビリティ・後方支援機器は通信事業者の無線能力、経路管理やスイッチのキャパシティの伸びの大きな部分を占めます。今後通信事業者がLTEの拡張とSmall Cellの配備を進めていくため、5カ年の後半にはセルサイトの増加が加速していきます。また戸外のSmall Cell向けの後方支援機器は2018年までにモビリティ・後方支援機器の10%を占めるまで成長すると予測しています。」 また報告書の主要な論点は以下の通りです。 スイッチ、ルーターは年率5%増えて全体の約35%にまで増えることになります。需要を牽引するのはパケットベースのモビリティ・後方支援機器です。通信事業者がLTE とLTE-advancedの配備を進めるためです。 伝送機器は年率2%増えます。新しいマクロセルの展開とSmall cellの増加が需要の主たる牽引役ですが、古い低能力のモビリティ・後方支援機器の更新も出てきます <本報告書について> モビリティ・後方支援機器(伝送機器とスイッチ、ルーター等からなる)世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので各機器の売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。また世界、及び地域のモバイル加入者とセルサイトの数を含んだ表を提供しています。 モビリティ・後方支援機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話:            米国 650-622-9400 内線244 FAX:            米国650-654-9428 電子メール:  Julie@delloro.com Webサイト:www.delloro.com    www.delloro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 当社の調査では半年毎の5ヵ年予測に加えて、四半期毎に市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。(www.delloro.com). 以上


2014年1月31日

Dell’Oro Groupの5カ年予測調査によると、光伝送市場の市場は2018年には150億ドルに達するとのことです。Dense Wave Division Multiplexer (DWDM) が市場の伸びの大部分をしめ、成長を牽引します。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語っています。 「100 GbpsのWDMが今後5年間の成長の中心です。従来のコア市場に加えて都市圏でもシェアを伸ばします。このため100 Gbpsの市場は今後5年間市場を牽引し、2018年には全市場のかなりの部分を占めると予測しています。」   2013-2018の主たる市場のトレンドは以下の3点です。 伝送能力増加への需要が100 Gbps wavelengths のDWDM 機器の伸びを支え、2018年までDWDM伝送機器全体で年率8%伸びる。その中で100 Gbps wavelengths の占める割合は2018年には80%まで上昇する。  OTN とpacket transport への移行がoptical packet platforms with OTN switching featuresの伸長をもたらす。Optical packet platform は年率15%の成長となる。 コア市場と都市圏市場の割合は都市圏の増加によって変わり、都市圏向けが市場の主流となる。 <レポートについて>     Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器5カ年予測市場レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。      弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 … Continued


2014 年2月1日

Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、Mobile Radio Access Network (RAN) LTEモビリティ・インフラストラクチャ–機器世界市場は2012 年から2018年まで年率21%成長するとの見込みです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「端末からアプリケーション、インフラまで通したエコシステムで変化が激しくなってきて、通信事業者のモバイルブロードバンド戦略に影響を与えています。弊社は通信事業者がWCDMA機器に2000年から 2012年まで投資したのとほぼ同額をLTE radio equipmentに 2011年から 2017年にかけて投資すると予測しています。これは勿論LTEのピークがWCDMAのピークより早く、また従来機器への投資がより急速に落ち込むことを意味しています。」 またその他の主要なポイントとして以下を挙げています。  RAN market—macro and small cell—全体は2013 年と2014年には成長するが、2013年から2018年通算では年率1%で縮小すると見ています。 短期的には北米市場は縮小するものの、中国と欧州の伸びがそれを補うでしょう。 Macro への投資は強く2018年には百万台以上の macro (RRU, antenna integrated radio, active antenna system, centralized RAN) radios が出荷されるでしょう。 そのうちの40 … Continued


2014年2月1日

Dell’Oro Groupがpoint-to-point Microwave機器の5か年予測を発表しました。これによると、同市場は2018年には45億ドルに達するとのことです。これは2012 年と2013年の二年続いた縮小を逆転するものです。 Dell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「過去2年間は穏やかな縮小が続きましたが、今後は成長に復帰すると見ています。過去2年の縮小は不況、規制の変化と通信事業者における優先順位の変更といった要因によるものでした。こうしたマイナス要因は過去のものとなったと見ています。通信事業者はLTEの無線カバレッジを拡大しようとしています。また戸外Small Cellの配備がついに始まることもプラス要因です。」 また以下の二つのセグメントが2018年までには恩恵を受けると見ています。 native Ethernetですべてのdata transmissionsを行うPacket microwave systemsは年率6%で伸びる V-band と E-bandの周波数を使う超大容量の製品は平均で年率30%成長する。 <Microwave transmission報告について> 当社のMicrowave transmission機器5か年予測は、市場規模、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybrid、屋内と戸外という市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に詳細に調査・分析したものです。本市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話:   米国 650-622-9400 内線244 FAX:    米国650-654-9428 電子メール Julie@delloro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。 以上


2013年12月10日

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第3半期に世界市場で通信事業者向けコアルーターの売り上げが前年比で7%成長したことが判明しました。これは2四半期連続で、ほぼ2年振りの成長復帰です。(市場の停滞は2011年半ばに始まった)。これは通信事業者がコアインフラへ重点を置いていることを示しています。 これについて弊社アナリストであるAlam Tamboliは次のように語っています。 「すべてのコアルーターのメーカーは能力を大幅に増強した新しいプラットフォームを発表したか、しようとしています。通信事業者の認定が進むので、2014年にはコアルーターは二ケタの伸びになるでしょう。」 通信事業者向けルーター市場では上位4社で市場の98%を占めています。 シェア首位は引き続きCiscoで、過去6ヶ月に二つの新しいプラットフォームを発表しています。続いてJuniperで、新しいプラットフォームを発売し, より広範囲なポートフォリオを持つことになって、本四半期にシェアを上げています。3位はHuawei で新しい高能力の新製品で中国と国際市場でシェアを伸ばしています。Alcatel-Lucentは4位で初めてコアルーター製品を発売しました。 <本報告書について> 上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, 100Mbps, 1000Mbps, 10 Gbps、100Gbps、その他(WANスイッチを含む))/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査したものです。セグメントとしては、通信事業者向けのコアとエッジ、企業向けのルーターを網羅しています。             電話:           米国 650-622-9400 内線244             FAX:            米国650-654-9428                         電子メール:Julie@delloro.com                   Webサイト:www.delloro.com     また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。                         電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。 以上 … Continued


2013年12月10日

Dell’Oro Groupが。L2-L3のイーサネットスイッチ市場が2013年第3四半期に売上が50億ドルを超え、売上で記録を更新したと発表しました。一方アジア太平洋と南米は前年同期比で一ケタの半ば程度減少しています。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。 「本四半期および2013年は好調ですが、一方2014年に関しては、厳しい状況です。これは中国の市場と競争条件が変わるためです。現在のままではアメリカのメーカーは中国市場で、多国籍企業向けを除いては事実上締め出されるでしょう。これで弊社の予測が変わるわけではありませんが、入札の価格には影響が出るでしょう。」 また報告書は10 Gigabit Ethernetのセグメントでは10G Base-T port の出荷が最も成長しています。弊社の報告では10G Base-T portの出荷が1万ポートを超えたのは3社であったとしています。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[Fast Ethernet, 1Gps、10Gbps、40Gbps, 100Gbps、管理型および非管理型に分けて調査]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 イーサネットスイッチ市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。                         電話:   米国 650-622-9400 内線222                         FAX:    米国650-654-9428                         電子メール:Julie@DellOro.com                   Webサイト:www.delloro.com     また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。                         電子メール:kenichi@delloro.com <Dell’Oro Groupについて> … Continued


2013年12月10日

Dell’Oro Groupが企業向けエッジ市場で第3四半期に売上が前年同期比で14%伸び、38億ドルに達したと発表しました。この四半期はEnterprise-class 802.11ac wireless LAN productsが完全に市場に出た初めての四半期でした。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるChris DePuy は次のように述べています。   「Enterprise-class WLAN と企業向けEthernet switchesの両方を扱うメーカーは802.11ac wireless upgrade cycleという流れに乗ろうとしています。802.11acとto 802.11nの価格差は前回の製品更新(802.11n と 802.11a/g)の価格差より少ない模様です。またイーサネットスイッチとWLANの統合化された新製品はwireless controllerの能力を持っていてネットワークを簡素化できます。これでネットワークの簡素化に加えて顧客の信頼も維持できます。この統合化された新製品は企業向けエッジ市場の伸びを牽引しています。」 また報告書によると上位10社は以下の通りです。: Alcatel-Lucent, Aruba Networks, Avaya, Brocade, Cisco Systems, Enterasys, Hewlett-Packard, Huawei Technologies, Juniper Networks, Ruckus Wireless   <本報告書について> 弊社の企業向けエッジ市場レポートは、イーサネットスイッチとWLANの統合化された新製品を扱っています。取り扱うセグメントは以下の通り:WLAN … Continued


2013年11月26日

Dell’Oro Groupの調査により、2013年第3半期に通信事業者向けのWireless Packet Core(WPC)市場が前年同期比で17%増となったことが判明しました。Huawei, Ericsson, Cisco とNokia Solutions and Networksが売上高で上位を占めています。また急成長のEvolved Packet Core (EPC) でAlcatel-Lucentがシェアを伸ばしEricsson と Huaweiとともに上位3社を形成しています。 EPCの市場は大きな変化のただ中にあります。 北米以外のLTE 市場がEPC の成長を牽引しています。このため数多くのメーカーが世界市場での競争に参入しています。弊社は、今後は欧州と中国市場が伸びると見ています。 大手はNew Network Function Virtualization (NFV) technology を提供し始め、通信事業者でのトライアルが始まっています。弊社では2014年以降にはNFV EPC systemsの配備が始まると予測しています。 EPC core networksに加えて追加サービスが始まっています。Voice over LTE (VoLTE) やRich Communication Services (RCS) がその例です。こうした新サービスは通信ネットワークを向上させるため、通信事業者も新規メーカーを受け入れています。  … Continued


2013年11月26日

Dell’Oro Groupが2013年第3四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN(無線アクセスネットワーク) 市場で、LTE RAN が急速に成長し、その他のセグメント (GSM, WCDMA, CDMA) の減少をほぼ補うまでになったと報告しました。 この結果、これまで3四半期連続で、前年同期比で成長したRAN 市場全体(2G, 3G, 4G, ただしTD-SCDMA とSP WiFiは除く)は2013年第3四半期には2G/3G分野では減少しているものの、LTE分野が好調であるため、前年同期比で1%の縮小に留まった形になりました。 Dell’Oro GroupのディレクターであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「第3四半期はadvanced Mobile Broadband (MBB) marketsでは一部弱さがみられたものの、欧州のLTE RANは前年同期比で倍増以上でした。」 報告書は2013年第3四半期のポイントとして以下を挙げています。 LTE market ではEricssonが首位のシェアを保ち、過去4四半期のシェアで2位のHuawei に15%の差を付けています。 Alcatel-LucentがNSN を抜いて3位になりましたが、過去4四半期のシェアではNSNがシェア3位を維持しています。 2014年のTotal RAN市場は中国の成長が期待できるため、米国と日本が減少するものの、全体としては伸びると分析しています。 Small Cell RAN marketの見込みについては楽観的で、2014年のTotal RAN市場の1%を占めるまで成長すると見ています。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> 当社のモビリティRAN四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション(macro … Continued


2013年11月20日

Dell’Oro Groupの調査により、WDM光伝送機器市場で、2013年の第3 四半期までの9カ月間で北米の売上高が前年同期比で約20%成長したことが判明しました。この市場は都市圏と長距離の2セグメントで構成されています。   弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「北米の光伝送機器の需要はずっと好調です。WDM機器の市場は2013年では3四半期連続で伸びています。需要の伸びは第一四半期には5%増と緩やかに始まり、第3 四半期には25%とペースをあげました。しかし通信事業者の設備予算に限界があるため、第4 四半期の伸びは限定的でしょう。」   North America WDM Equipment Market $2.3 Billion for period including 1Q13 thru 3Q13   Equipment Manufacturer Rank Y/Y Growth Ciena 1 + 9 % Fujitsu 2 + 65 % Cisco … Continued