2012年9月27日 -

Dell’Oro Groupの調査により、2012年第2半期に世界市場で通信事業者向けルーターの売り上げが前年比で大きく減少したことが判明しました。2011年半ばに始まった市場の停滞が続いています。通信事業者向けルーターは通信事業者がインターネットの管理に使うものですが、殆どの地域と、かつトップグループのメーカー全てで減少しています。

これについて弊社副社長であるShin Umedaは次のように語っています。

「2011年半ば以降多くの要因が重なって減少が続いています。ヨーロッパの経済不振、米国と中国の投資サイクルの下降、量の増加を上回る価格の低下といったものです。今年後半もこうした傾向は続くでしょう。このため今年は前年比で横這いになるでしょう。」

通信事業者向けルーター市場のシェア首位はCiscoで、続いてJuniper, Alcatel-Lucent、 Huawei Technologiesという順位です。この順位はここ当分変化がなく、2012年第2四半期ではこの4社で90%以上のシェアを獲得しています。

<本報告書について>

上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, 100Mbps, 1000Mbps, 10 Gbps、100Gbps、その他(WANスイッチを含む))/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査したものです。セグメントとしては、通信事業者向けのコアとエッジ、企業向けのルーターを網羅しています。

電話:米国 650-622-9400 内線222

FAX: 米国650-654-9428

電子メール:Jessica@delloro.com

Webサイト:www.delloro.com

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。

電子メール:kenichi@delloro.com

Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。

弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。