2013年2月15日 -

Dell’Oro GroupがL2-L3イーサネットスイッチ市場が2017年には250億ドルに接近するとの5カ年予測を発表しました。L2-L3のスイッチングでは, データセンター向けに最適化された需要が好調なのとキャンパスネットワークで高速機種への移行が起こるためです。

これについてDell’Oro Groupの副社長であるAlan Weckel は次のように述べています。

「技術の変化がIT管理者の考えを変えつつあります。Bring Your Own Device (BYOD) の動きと、それによって多種類の膨大な端末がネットワークにアクセスすることになるのがこの変化の起点です。現在ほとんどの企業はイーサネットスイッチの購入と無線LAN (WLAN)の購入を別々に違うアプリケーションとして考えています。この予測期間ではイーサネットスイッチはまだ多様な技術の一般ユーザーのネットアクセスのために配備される一方、WLANはモバイル用途のため配備されています。ただ一部の先進企業はWLANを主たる接続技術として配備し始めています。この先進的傾向が予測期間中に伝播し、イーサネットスイッチとWLANの緊密な接続を推進していくと考えています。」

また報告書は10Gbps固定型が予測期間中にもっとも成長するとみています。データセンター向けとキャンパスネットワークの両方で需要が伸びます。このセグメントのメーカーはAlcatel-Lucent, Avaya, Brocade, Cisco, Enterasys, Extreme, Dell, HP, IBM, and Juniperです。

<本報告書について>

弊社のイーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[100, 1000 Mbps ,10Gbps、40Gbps, 100Gbps, 管理型および非管理型に分けて調査], といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析、予測したものです。

イーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。

電話:   米国 650-622-9400 内線244

FAX:    米国650-654-9428

電子メール:Julie@DellOro.com

Webサイト:www.delloro.com

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。

電子メール:kenichi@delloro.com

Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。

弊社の四半期報告と5ヵ年予測は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。