Dell’Oro Groupが2011年第3四半期のモビリティ・インフラストラクチャー市場は相変らず好調で、RAN収入は前年同期比で20%成長したと報告しました。これは主としてLTE(市場の伸びの半分を占める)とWCDMA(市場の伸びの3分の1を占める)が大幅に伸びたためです。

Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「マクロ経済は不安定ですが、短期的にはモバイル通信事業者はモバイルブロードバンドへの投資に相変わらず積極的です。大多数のモバイル通信事業者は2011年の設備投資案を維持しています。2011年第3四半期の全体の売上は季節性を考慮してもほぼ予想通りでしたが、4Gでの大きな伸びがありました。Verizon Wireless とAT&Tの4Gの導入がLTE市場を牽引しました。」

また報告書は今後の短期の見通し、2011年の好調な伸びのドライバーについての分析、2012年の予測、地域や技術分野別の需要動向について分析しています。またメーカー別に過去2四半期通算のLTEの市場シェアを見ると、EricssonとAlcatel-Lucentがそれぞれ44%と30%と高いシェアを維持していると報告しています。

<本報告書について>

モビリティ・インフラストラクチャー-機器世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、 GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Centerの売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。

モビリティ・インフラストラクチャー-機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。

電話: 米国 650-622-9400 内線223
FAX: 米国650-654-9428
電子メール : Emily@DellOro.com
Webサイト:www.DellOro.com

また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。

電話:0467-25-4137
FAX: 0467-25-4137
電子メール:Kenichi@DellOro.com

 

<Dell’Oro Groupについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。 当社の調査では半年毎の5ヵ年予測に加えて、四半期毎に市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析しています。

以上