2015年8月1日

Dell’Oro Groupの5カ年予測調査によると、光伝送市場は年後5年間もWDM

が伸びを牽引し、2019年には150億ドルまで成長するとのことです。

これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語って

います。

「ネットワークはまだ生の伝送帯域能力を増やすことが必要です。これにはWDMが一番向いています。長距離WDMも高い伸びが続きますが、何よりも伸びを支えるのは都市圏WDMです。都市圏WDMの購入者の主力は通信事業者ですが、最近では企業ユーザーも増えています。インターネットコンテントプロバイダーや金融機関等が100Gbpsの高速光リンクを導入しています。データセンターが企業の競争力にとって

重要性を増していることがこのトレンドの背景にあります。」

また報告書は光伝送機器市場の動向について以下のポイントを挙げています。:

1. 都市圏WDMは年率10%で成長する。

  1. 今後5年間のWDMの設置の75%以上が100Gbps。
  2. 200Gbpsは今年後半に都市圏で立ち上げが進み、2019年には売上高で都市圏の25%を占める。

<レポートについて>

Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場5カ年予測レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長(100 Gbps 以下)等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。

 

弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。

電話:          米国 650-622-9400 内線233

FAX:           米国650-654-9428

電子メール: Matt@delloro.com

Webサイト:www.delloro.com    www.delloro.com

以上