Dell’Oro Groupは、20217月の「光伝送市場5年間予測レポート」を公開しました。 

 

光伝送市場は2025年まで成長すると予測 

主にWDM機器によって推進される光伝送市場は、今後5年間、毎年規模が拡大し、約180億ドルに達すると予測しています。今回の予測では、前回の予測から変更されていません。ただし、WDMメトロについては、コヒーレント400Gbps ZR(400ZR)プラガブルオプティクスが発売され、IPoDWDMアーキテクチャでの利用に対する関心が高まっていることから、見通しを下方修正しました。 

コヒーレントZRオプティカルプラガブルが登場 

コヒーレントなZRオプティカルプラガブル需要は、400ZRから始まり、2022年にピークに達すると予測しています。このプラガブルオプティックは、インターネットコンテンツプロバイダー(ICP)の間で高い需要があり、今後数年間は非常に高い成長率を実現すると予測しています。 400ZRの成功を受けて、800ZRは数年後に市場に参入すると予想されます。 ZRプラガブル光学市場は、2025年までに年間売上高が5億ドルを超えると予測しています。 

800Gbpsの次は1 + Tbps 

2020年初頭に登場した800Gbpsラインカードへの需要は急速に高まっており、高い採用率とより高性能なDWDMトランスポンダカードに対する市場の需要を示しています。そのため、市場では次世代シングルキャリア波長速度の発売を準備していると考えています。 

800 Gbpsの次は、1200 Gbps(1.2 Tbps)であると予測しています。過去のコヒーレントDSPの登場時期から推測すると、1.2Tbpsラインカードは2023年末までに市場に登場すると予想しています。 

2025年には、コヒーレント波長の全出荷量の約3分の1が、800Gbps以上の速度で信号を伝送できるラインカードによるものになると予測しています。 

このレポートについて 

Dell'Oro Groupの「光伝送市場5年間予測レポート」は、光伝送業界の完全な概要を提供し、メーカー収益、平均販売価格、出荷台数、波長出荷(最大1.2 Tbps)をカバーする表を提供します。このレポートは、DWDM長距離、WDMメトロ、マルチサービスマルチプレクサ(SONET / SDH)、光スイッチ、光パケットプラットフォーム、データセンター相互接続(メトロおよび長距離)、および脱集中WDMを追跡します。詳細について、dgsales @ delloro.comまでお問い合わせください。 

 

Jimmy Yu, Dell'Oro Group

Jimmy Yuについて

Jimmy Yu氏は2001年にDell’Oro Groupに入社し、光伝送およびマイクロ波伝送とモバイルバックホール輸送の市場調査プログラムを担当しています。 Yu氏は、彼の専門分野の権威として知られており、さまざまな業界誌に記事を執筆しています。 また、OFC、OIDA、Photonics Society、NGONなどの業界会議やイベントで頻繁に講演を行っています。