Dell’Oro Groupの調査によると、ブロードバンド高速アクセス機器市場で初めてGPONがEPONを凌駕したとのことです。これはEPON ,GPON のOLTとONTを含んだものです。GPONは2010年1四半期に前期比で40%伸び、前年同期比でも70%成長し, 売り上げ記録を更新したことが判明しました。 これについてDell’Oro Groupの創業者であり、社長であるTam Dell’Oro は次のように述べています。 「GPONが伸びたのは中国での配備が進んだためです。China TelecomとChina UnicomはEPONとGPONの両方を展開していますが、新たに広帯域ブロードバンドの認可を得たChina MobileはGPONを優先しています。これがGPONの伸びに大きく影響しました。他にも、GPONは韓国、マレーシア、ポルトガル、シンガポール、スペイン、UAEと北米で出荷を増やしています。」 また報告書はHuaweiが主として中国向けのGPONで首位にたち、また、Alcatel-Lucentが北米と欧州向けONTの出荷が好調で2位、かつ首位との差を縮小させているとしています。3位はMotorolaで4位はEricsson。Ericssonは中国向けのGPONが好調でシェアを倍増させました。 <本報告書について> 弊社のアクセス市場レポートは、DSL、ケーブル・モデムとPON機器、すなわちネットワーク機器ではDSL 集線装置(ADSL, G.SHDSL, VDSL), CMTS、PON OLT(BPON, EPON, GPON)、と宅内機器ではDSL Modems, DSL ルーター (data only and voice and data), ケーブルモデム宅内機器、PON ONTをカバーしており、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : … Continued


と大幅に落ち込んだことが判明しました。これは季節性、前期が大幅に伸びた反動と注文や売り上げに変動が大きいためです。しかしながら2010年全体ではこの市場は成長すると予測しています。 これについて当社副社長Greg Collinsは次のように語っています. 「第1四半期は長い道のなかでのひとつの変動にすぎません。モバイルデータやスマートフォンの利用は広がっています。このため、ワイヤレス信号処理と帯域幅の必要性は広がる一方です。こうした需要の強さのため、第1四半期は減少しましたが、2010年全体の予測は以前と変わらない21億ドルで、2009年比では約10%の伸びです。」 また報告書はHuaweiがEricssonとNokiaSiemensを抜いて約25%の市場シェアを押さえシェアトップにたったとしています。一方EricssonとNokiaSiemensは2009年第4四半期に北米でGGSNとSGSN, が大幅に伸びた反動と売り上げや注文の変動幅が大きいため、第1四半期では大幅に落ち込みました。しかしワイヤレスのデータの伸びが大きいと予測されていることと、ワイヤレス信号処理の必要性から両社とも今後の四半期では盛り返してくるものと予測されます。 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core市場レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をGateway GPRS Support Node (GGSN), Serving GPRS Support Node (SGSN), Packet Data Serving node(PDSN)のセグメントに分けて分析しています。 IP電話通信事業者市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2009年第4半期に通信事業者向けのWireless Packet Core市場のカバレッジを開始したと発表しました。これは通信事業者のモバイルネットワークで使われるデータ伝送のためのGGSN, SGSN, PDSN機器を追跡するものです。 これについて当社社長Tam Dell’Oroは次のように語っています. 「これは弊社がモバイルインフラストラクチャー市場のカバレッジを広げていることのひとつの表れで、この分野では過去2カ月間で3番目の新しいプログラムです。弊社はこの分野を殆ど2年前から注視してきました。最初のこの分野での最初のプログラムは2001年のRANとMSCセグメントから始まっています。この新しい四半期サービスも弊社が1995年の創業以来一貫している調査方法に則って行っています。」 この分野の売上は2009年には30%伸びていて、全てのセグメントが好調ですが、GGSNとPDSNは各々60%近く伸びています。 これについて当社副社長のGreg Collinsは次のように語っています。 「帯域の幅がよくWireless Packet Coreでもっとも重要と言われますが、信号能力もやはり重要です。特にスマートフォンが増えてくると、より信号能力が重要になります。そのため、帯域の幅が広いGateway製品に加えて信号能力の高いSGSNとMME市場が成長すると見ています。」 HuaweiとZTEが2009年ではシェアを伸ばしています。一方シェア首位のEricssonはシェアを維持していますが、2位のNokiaはシェアを失っています。 <本報告書について> 弊社のWireless Packet Core市場レポートは、市場規模、市場シェア、セッションの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは市場をGateway GPRS Support Node (GGSN), Serving GPRS Support Node (SGSN), Packet Data Serving node(PDSN)のセグメントに分けて分析しています。 Wireless Packet Core市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2009年第4半期に通信事業者向けのIP電話・通信事業者向け機器(Softswitch、Media Gateway、Hybrid Media Gateway)でWireless Voice Core市場のカバレッジを開始したと発表しました。これは通信事業者のモバイルネットワークで使われる従来の技術によるモバイル交換センターやWireless Softswitches, Wireless Media gatewaysを追跡するものです。 これについて当社社長Tam Dell’Oroは次のように語っています. 「これは弊社がモバイルインフラストラクチャー市場のカバレッジを広げていることのひとつの表れです。弊社はこの分野を殆ど10年前から注視してきました。この新しいサービスも弊社が1995年の創業以来一貫している調査方法に則って行っています。」 この分野の売上は2009年第4半期には10%伸びて15億ドルと2008年第4半期以来の伸びを示しています。 これについて当社副社長のGreg Collinsは次のように語っています。 「2009年第4半期はWireless Voice Coreにとっては恵まれた四半期でした。ただそれでも2008年のレベルには達していません。ただ市場は安定化してきており、2008年から2009年でみられた厳しい縮小の時代は終わりました。」 HuaweiとZTEが2009年ではシェアを伸ばしています。これは両社が躍進する新興国市場(アジア太平洋、東欧中近東、中南米)で強いためです。 <本報告書について> 弊社のIP電話通信事業者市場レポートは、市場規模、市場シェア、台数/ライセンス/チャネルの出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートは有線IP電話市場をSoftswitch、Media Gateway、Session Border Controllers (SBC), 音声アプリケーションサーバのセグメントに分けて分析しています。また各々のMedia Gatewayを高密度、中密度、低密度に分類しています。また無線IP電話市場を従来の技術によるモバイル交換センターやWireless Softswitches, Wireless Media gateways にわけて分析しています。 IP電話通信事業者市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com … Continued


Dell’Oro GroupがMicrowave transmission機器市場を追跡する新サービスを始めたと発表しました。TDM 、PacketとHybridのセグメントに分けて分析します。主としてモバイルネットワークの幹線後方支援通信に使われています これについて当社社長Tam Dell’Oroは次のように語っています. 「今回point-to-point microwave機器をカバーする新しいサービスを開始します。主としてモバイルデータのトラッフィクが急速に増えているため、この後方支援通信で使われています。これは弊社がモバイルインフラストラクチャー市場のカバレッジを広げていることのひとつの表れです。弊社はこの分野で2001年からリーダーでした。この新しいサービスも弊社が1995年の創業以来一貫している調査方法に則って行っています。」 この新報告書によると、2009年第4四半期のMicrowave transmission危機市場は9%成長し、またそのなかでPacket Microwave transmissionセグメントは40%増えたとのことです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「Packet Microwave transmission 機器市場は最も小さいセグメントですが、急速に伸びています。通信事業者がPacket only Architecture のMicrowave transmission機器 に慣れて信頼感を持つようになったためです。北米はこの市場では最も小さな市場でしたが、2009年第4四半期ではPacket Microwave transmission では最大になっています。これはClearwireによる 4G WiMAXの配備が急速に進んでいるためです。セルの後方支援通信に使われています。」 また報告書はこの第4四半期でシェアが高いのは、Dragonwave (37% ), Alcatel-Lucent (30%) Bridgewave(9%)、と見ています。 <Microwave Transmission報告について> 当社のMicrowave Transmission機器四半期レポートは、市場規模、市場シェア、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybridという市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。本市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 電話: … Continued


Dell’Oro Groupがアクセス市場の最新の5ヶ年予測を発表しました。これによると、2010年にはアクセス市場は回復するとのことです。これは経済が回復するのに加え、通信事業者の設備更新プロジェクトが数多くあるためです。このため、2009年には対前年比で12%下落したこの市場は2010年には3%成長に復帰し、約90億ドルに達するとみています。最も成長するのは, PON機器の市場で、ついでCable機器で、DSL機器は2007年から始まった減少傾向が止まらず、2014年まで毎年減少が続くとのことです。 Dell’Oro Groupの創業者であり, またCEOのTam Dell’Oroはこれについて次のように語っています。 「インターネット接続の速度競争を勝ち抜くため、通信事業者はアクセスネットワークを更新します。インターネットの増え続けるトラフィックを支え、ブロードバンドサービスでの収入増を確保するためです。多くの通信業者はPON機器に移行します。GPONとEPONは今後5年間毎年伸びるでしょう。2014年にはこの両者のシェアは拮抗するでしょう。またDOCSIS 3.0 CMTSポート出荷は2014年まで大変強く成長する分野になるとみています。これはCable事業者がSwitched Digital Videoをアクセスネットワーク経由で配信する事業モデルに移行するためです。」 また報告書はこの第4四半期も中国でこの傾向は続くが、2010年にはChina UnicomとChina Telecomの3G投資が再開されWCDMAとCDMA市場に大きなプラス影響を与えると見ています。 <本報告書について> Dell’Oro Groupのアクセス機器市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、DSL、ケーブル機器、PONといった技術カテゴリー毎の売上高、台数と価格の表が入っています。これはCMTS, DSLAMs(ADSL, G.SHDSL, VDSL), OLT(BPON, EPON, GPON)といったネットワークインフラ機器とDSLやケーブルの宅内機器(CPE)とONTを含んでいます。 上記レポートの購入をご希望の方は、Karen(連絡先下記)までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。 以上


Dell’Oro Groupが、イーサネット・スイッチ市場は2010年に成長軌道に戻り2014年まで成長を継続するとの業界5ヶ年予測を発表しました。成長を牽引するのは大型データセンター向けに最適化されたイーサネット・スイッチで, 仮想化と経済性が良いデータセンターのさらなる大型化に対応したものです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるAlan Weckelはこれについて次のように語っています。 「今後5年間の成長を牽引するのはデータセンターです。データセンターはポートの伸びはマアマア市場を上回る程度ですが、収入は大きく伸びるでしょう。サーバー接続の10Gigabitへの移行は始まったばかりです。この10Gigabitが今後のこの市場の成長の鍵です。」 10Gigabitでは固定型が最も伸びますが、メーカー別にみると、現行のメーカー全て、3COM/H3C、Arista, Blade, Brocade, Cisco, Extreme, Force 10, HP、Juniperがこの分野に製品を提供しています。 <イーサネット・スイッチ市場5ヵ年予測について> イーサネット・スイッチ市場5ヵ年予測はLayer 2(ManagedとUnmanaged)、Layer 3、Layer 4-7、Fast Ethernet、Gigabit Ethernet、10Gigabit Ethernetといった技術カテゴリー毎に市場規模、ポートの出荷数量と平均販売価格を予測しています。イーサネット・スイッチ市場5ヵ年予測レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 IP電話市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。 以上


Dell’Oro Groupが、通信事業者向けのIP電話(ソフトスイッチやメディアゲートウェイ)の市場は2010年には過去2年間の急激な下落から安定化へ向かうとの5ヵ年予測を明らかにしました。これは住宅市場が改善してくるのと、通信事業者が攻撃的な価格戦略をとるためVoIP加入者が増加するとみているためです。また経済が回復するにつれ通信事業者が先送りにしていたネットワーク更新投資を再開することもプラス要因です。ただし、数量は増加しても価格が下落するため、2010年でも売上高は若干減少するとみています。 これについて当社の副社長のGreg Collinsは次のように語っています。 「2010年以降2014年までこの市場は一桁の下のレベルでの成長を遂げるでしょう。今後5年間で国家レベルのネットワーク接続促進プログラム(たとえば米国での国家ブロードバンド計画)が実施され、いままで接続の難しかった層でもブロードバンド接続化が進むでしょう。VoBBはブロードバンド接続化の度合いと密接に連動します。ただこれらの影響は2011年までは設備機器市場にはあらわれないでしょう。これは規制や予算がなかなかきまらないためです」 <通信事業者向けIP電話市場レポートについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の通信事業者向けIP電話市場5ヵ年予測レポートは、ソフトスイッチ、メディアゲートウェイやSBCの市場規模、平均販売価格とライセンス・チャネル出荷を詳細に調査・分析しています。このレポートはメディアゲートウェイを高密度、中密度、低密度のセグメントに分けて分析しています。 通信事業者向けIP電話市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。 以上


Dell’Oro Groupの5ヵ年調査では、2014年までにはUCがIP電話一般を上回る伸びを示すとのことです。またPBXは2014年には60億ドル以上に達するものの、2007年の記録、70億ドルは超せないとのことです。 これについて当社のIP電話の先任アナリストAlan Weckelは次のように語っています。 「UCはメーカーの製品開発のみならず市場開発戦略にも影響を与えるとみています。メーカーにとってUCと機能的に対抗する製品を開発するには今後まだ数世代にわたるソフトウェアの開発が必要です。これは既存のメーカーには設置ベースを強化する時間を与えることになりますが、同時に新しいメーカーにとっては参入の機会でもあります。」 <本報告書について> 弊社のIP電話企業市場レポートは、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。このレポートはIP電話市場をIP PBX(アナログ回線、ディジタル回線、IP回線と台数)、伝統的PBX(アナログ回線、ディジタル回線、IP回線と台数)、伝統的Key Telephone(アナログ回線、ディジタル回線、IP回線と台数)とIP電話機のセグメントに分けて分析しています。 IP電話市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。 以上


Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・インフラストラクチャ機器世界市場(GSM/GPRS/EDGE, TDMA, CDMA, およびWCDMA)は今後5か年間成長を続け、2014年には420億ドルに達するとの見込みです。しかしそれでも2008年に記録した430億ドルには達しません。 Dell’Oro Groupの主任アナリストであるScott Sieglerはこれについて次の様に語っています。 「モビリティ・インフラストラクチャ市場は現在2Gから3Gへの移行期にあります。このためWCDMAは伸びますが、GSM とCDMAが大幅に減少するのを補うにはまだ足りません。ただWCDMAの成長に加えて、WiMAXとLTEが非常に大きく伸びるでしょう。こうした3Gと4Gの急速な伸びにもかかわらず、売り上げ総額はまだ2008年のピークを超えないと見ています。」 また報告書は3G LTEが2010年から立ち上がってくるとみています。今後5か年でWCDMAが依然売上の多数を占めますが、3G LTEはGSM,CDMAとWiMaxをほぼ合計した規模にまで成長するとしています。 <本報告書について> モビリティ・インフラストラクチャ機器世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、 GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Centerの売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。 モビリティ・インフラストラクチャ機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com … Continued