Dell’Oro GroupがWAN最適化市場のカバレッジを開始いたしました。この新しい分野は物理的アプライアンスと仮想化アプライアンスに分けられます。 これについて弊社社長のTam Dell’Oroは次のように語っています。 「弊社がWAN最適化市場のカバレッジを開始いたしました。弊社が開発してきた厳密で客観的な分析のプロセスをこの分野にも適用いたします。この分野は伸びる、有望な市場です。」 また報告書によるとこの市場全体のうち、仮想化アプライアンスが占める割合は10%以下です。 比較的に数少ないメーカーしか参入していない市場ですが、この分野は2011、2012年とも確実に伸びて各年10億ドルに達すると見られています。 これについて弊社先任ディレクターであるAlan Weckel,は次のように語っています。 「支店のビデオと仮想化デスクトップが成長の源です。というのは支店からデータセンターへのデータ通信量は飛躍的に増えているからです。この分野ではRiverbed と Cisco が市場をリードしています。これより小さいが、急成長している分野ではデータセンター間の通信ネットワークリンクの最適化(データの複製を含めて)と企業からクラウド間の通信ネットワークリンクの最適化です。」 <データセンターアプライアンス> 弊社のデータセンターアプライアンス市場レポートは、Application Delivery Controller (Modular, Fixed and Virtual) とWAN Optimization (Physical and Virtualに分けて市場を調査し、詳細なデータを集め分析したものです。 データセンターアプライアンス市場に関して市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 当レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 電話:0467-25-4137 … Continued


Dell’Oro GroupのSAN市場調査四半期報告によると、2011年第3四半期で、SAN市場は売り上げ記録を更新しました。SAN市場はFibre ChannelスイッチとFibre Channel over Ethernet (FCOE) スイッチ、コントローラー、アダプターからなり、2011年第3四半期で7億7千5百万ドル、310万ポート出荷を達成しました。これはFibre ChannelスイッチとFibre Channel over Ethernet (FCOE) スイッチの両方が好調だったためです。 Dell’Oro GroupのアナリストCasey Quillinはこれについて次の様に語っています。 「SANスイッチは前期比で6千6百万ドル伸びていますが、これを分解すると、Fibre Channel スイッチが3千3百万ドル、FCoEスイッチスイッチは3千万ドル前期比で増加しています。Fibre Channel の好調は続きますBrocade はこの四半期に16 Gbps Fibre Channel スイッチポートを5万台以上出荷し、2700万ドルを突破する勢いであることが判明しました。CiscoのDirector Class も好調で平均価格の上昇によって売り上げが急伸しています。」 また報告書はFibre Channel over Ethernet (FCOE)の市場への浸透度合いを細かく分析し、今後の成長分野を検討しています。またFibre Channelの 16 Gbps への移行を分析しています。 <SAN市場報告書について> Dell’Oro … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2011年第3 四半期でWireless Packet Core (WPC) 市場全体が前年同期比で24%以上伸びたことが判明しました。通信事業者の加入者マネジメントシステムの需要が堅調だったためです。 市場のリーダーはEricssonで、Huawei と Ciscoが続きます。 当分野のアナリストであるChris DePuyは次の様に語っています。 「100以上の通信サービス事業者がLTE networksにコミットしています。そのうち約3分の1は商用サービスを始めていますが、Evolved Packet Core (EPC) equipmentを4G networksで使っています。現在これはWireless Packet Core市場の5%に過ぎません。この市場は2012年には200%以上の伸びを期待されているため、新規参入業者にとっては非常に良い機会となります。」 Wireless Packet Core市場は2011年第3 四半期で7億4千万ドルに達しました。これは通信事業者がモバイルデータ通信のアクセス等で進んだサービスに使用するものです。 弊社は今回 EPC 分野の調査も開始しました。Mobility Management Entity (MME), Packet Data Node Gateway (PGW) とServing Gateway (SGW) equipmentを含んでいます。 … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2011年第3 四半期でWLAN市場全体が前年同期比で20%以上伸びたことが判明しました。特に企業向け市場での出荷が好調で、前年同期比で40%伸びたことが貢献しました。特に目立ったのは通信サービス事業者が公衆無線アクセスに使う高級機器(オフロードアクセスポイント)が出荷台数で、前年同期比で100%以上伸びたことです。 当分野のアナリストであるChris DePuyは次の様に語っています。 「通信サービス事業者はスマートフォン、タブレットやノートブックのユーザーに対してサービス差別化のため、WiFiのカバレッジを増やしています。携帯通信業者はWiFiの使用が増えれば携帯通信インフラ(ライセンスされた周波数帯)への荷重を減らすことができます。」 このため弊社は新たにオフロードアクセスポイントの調査を始めました。これは戸外のものと企業向けの室内のものとがあります。 企業向けWLAN市場のリーダーはCisco Systems で、Aruba Networks とHewlett Packardが続きます。Small Office, Home Office (SOHO)でNetgear が首位で、Cisco Systems とD-Linkが続きます。戸外のメッシュセグメントでは, BelAir Networksがトップで、引き続いてTropos Networks とRuckus Networksとなります。 <本報告書について> 上記は弊社の2010年第1四半期ワイヤレスLAN市場レポートからの抜粋です。この調査は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。企業向けおよびSOHO向けアクセス・ポイント、ブロードバンド・ゲートウェイ、ネットワーク・インターフェース・カードを含み、802.11b, 802.11g、802.11a/g、 と802.11nを対象としたものです。 ワイヤレスLAN市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、2011年第3半期に世界市場で通信事業者向けルーターの売り上げの伸びが急減したことが判明しました。過去6四半期では毎期前年同期比で二桁伸びていましたが、第3半期では3%の伸びにとどまりました。2011年全体では100億ドルに達する見込みです。この投資の伸びの急減は主として北米と欧州で起こったため、マクロ経済の影響によるものと投資の優先順位の変更によるものと考えられます。 これについて弊社副社長であるShin Umedaは次のように語っています。 「通信事業者は投資の力点を固定通信からモバイルに移しています。これがルーターの投資の伸びが鈍った原因です。モバイルデータを後方から支えるネットワークとそのルーター需要の好調さはここ2年間続いています。 しかし、ルーター需要の80%は固定通信網にかかわるもので、その分が減速しました。」 通信事業者向けルーター上位5社はCisco, Juniper, Alcatel-Lucent, Huawei, Ericssonです。 <本報告書について> 上記の情報は弊社のルーター四半期報告から抜粋したものです。このレポートはルーターの市場規模、市場シェア、ポート(T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, 100Mbps, 1000Mbps, and 10 Gbps Ethernet)/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査したものです。セグメントとしては、10 Gbps以上のルーター、 2.5 Gbps以上 、10 Gbps 以下のルーター、1 Gbps以上 、2.5 Gbps 以下のルーター、1 Gbps 以下のミッドレンジルーター、1 Gbps 以下のローエンドルーターとその他 (WANスイッチを含む)を網羅しています。 電話: 米国 650-622-9400 … Continued


Dell’Oro Groupの調査によると、2011年第3四半期のアクセス機器市場のうちDOCSIS 3.0 準拠や、WiFi機能を内蔵した高級なケーブル宅内機器(統合化された端末)が急増し、前年同期比で倍増したことが判明しました。 これについてDell’Oro Groupの創業者であり、社長であるTam Dell’Oro は次のように述べています。 「DOCSIS 3.0準拠機器のコストは下降してきています。このため、ケーブル事業者はユーザーがこの機能に金を払う、払わないにかかわらず、配備の際の標準とし始めています。 従来ケーブル事業者はホームネットワークに巻き込まれるのを避けてユーザーが自分でワイヤレスルーターをセットアップするよう仕向けてきました。しかし、加入者の需要増加や競争環境の変化、統合された機器のコストや機能の改良が進んだことからケーブル事業者は自ら統合化された端末を配備し始めています。」 また報告書はケーブル端末全体の出荷では Arrisが首位で続いて、Cisco, Motorola Mobility, Technicolor、Ubee Interactiveとしています。 <本報告書について> 弊社のアクセス市場レポートは、DSL、ケーブル・モデムとPON機器、すなわちネットワーク機器ではDSL 集線装置(ADSL, G.SHDSL, VDSL), CMTS、PON OLT(BPON, EPON, GPON)、と宅内機器ではDSL Modems, DSL ルーター (data only and voice and data), ケーブルモデム宅内機器、PON ONTをカバーしており、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 アクセス市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。   電話: 米国 … Continued


Dell’Oro Groupの10Gbps Ethernetネットワーク・アダプターとコントローラー市場の調査によると、2011年第3四半期の同市場では10 Gbps Ethernet のサーバー接続への採用が急増しているとのことです。IntelがRomleyプラットフォームの導入を2011年末から2012年初頭に延期したにも拘わらず、2011年第3四半期の10Gbps Ethernetネットワーク・アダプターとコントローラーのポート出荷数は前年同期比で47%伸びて130万台に達しています。 Dell’Oro GroupのアナリストであるSaheh Boujelbeneはこれについて次の様に語っています。 「10Gbpsのサーバー接続はまだ始まったばかりです。IntelがRomleyプラットフォームの導入を2012年に開始すれば、さらに10Gbpsの普及は進むでしょう。市場のニッチを狙った新規参入があり、市場の競争状況は変わってきています。今四半期ではMellanoxが良い例です。今後一、二年はこうしたシェアの変動が常に起こるでしょう。」 3Q11 Market Leaders – 10 Gbps Ethernet Controller & Adapter Port Shipments Total Market 3Q11 Y/Y Growth Port Shipments (M) 1.3 47% Vendor Rank Y/Y Growth Emulex 1 +181% Broadcom 2 … Continued


Dell’Oro Groupが2011年第3四半期のモビリティ・インフラストラクチャー市場は相変らず好調で、RAN収入は前年同期比で20%成長したと報告しました。これは主としてLTE(市場の伸びの半分を占める)とWCDMA(市場の伸びの3分の1を占める)が大幅に伸びたためです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「マクロ経済は不安定ですが、短期的にはモバイル通信事業者はモバイルブロードバンドへの投資に相変わらず積極的です。大多数のモバイル通信事業者は2011年の設備投資案を維持しています。2011年第3四半期の全体の売上は季節性を考慮してもほぼ予想通りでしたが、4Gでの大きな伸びがありました。Verizon Wireless とAT&Tの4Gの導入がLTE市場を牽引しました。」 また報告書は今後の短期の見通し、2011年の好調な伸びのドライバーについての分析、2012年の予測、地域や技術分野別の需要動向について分析しています。またメーカー別に過去2四半期通算のLTEの市場シェアを見ると、EricssonとAlcatel-Lucentがそれぞれ44%と30%と高いシェアを維持していると報告しています。 <本報告書について> モビリティ・インフラストラクチャー-機器世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、 GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Centerの売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。 モビリティ・インフラストラクチャー-機器世界市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com   … Continued


が判明しました。前期比でみて、Voice Application Server (VAS) は伸びましたが、Session Border Controller (SBC) 、Media GatewayとSoftswitchの縮小を補えなかった形になりました。伸びが目立ったのは前期同様通信事業者のビジネス向けVASとVoice over Long Term Evolution(VoLTE)向けインフラ投資です。 これについて当社アナリストChris DePuyは次のように語っています。 「メーカーと通信業者両方のインタビューによって2011年第3半期にIP Multimedia Service (IMS)機器分野で初めてVoice over Long Term Evolution向けインフラ投資の売上が立ったことが確認されました。VoLTEのインフラ投資が始まったことは大変意義のあることです。最初は音声中心ですが、通信事業者はSkypeのようなOver the Topのサービスと競争するため、新しいメッセージングやエンターテイメントのサービスを始めることになるでしょう。来年にはVoLTEのサービスが順調にのびているか否かを判定するために、ハンドセットの動きを注視していきます。」 また報告書によるとGENBANDが固定音声コア市場ではシェア首位で、ワイヤレス音声コア市場ではEricssonがシェア首位です。 <本報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の通信事業者向けIP電話市場5ヵ年予測レポートは、ソフトスイッチ、メディアゲートウェイやSBCの市場規模、平均販売価格とライセンス・チャネル出荷を詳細に調査・分析しています。このレポートはメディアゲートウェイを高密度、中密度、低密度のセグメントに分けて分析しています。 通信事業者向けIP電話市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線223 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Emily@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 … Continued


Dell’Oro GroupのSAN市場調査四半期報告によると、2011年第2四半期で、Fibre Channel over Ethernet (FCOE)といった統合化されたスイッチは、スイッチでもアダプターでも、ポート出荷が前期比で大変好調に伸びた、とのことです。 Dell’Oro GroupのアナリストCasey Quillinはこれについて次の様に語っています。 「FCoEスイッチは前期比で19%増加して9400万ドルを突破する勢いであることが判明しました。CiscoのNexus 5000 series switchは20万ポート以上出荷されました。 シェアは50%以上です。Brocade もやはりVDX switchesが好調でした。 またJuniper Networks がQFX series switches の出荷を始め市場に新規参入を果たしました。これはstandards-based FCoE switch であり、FCoE to Fibre Channel gatewayとしても機能します。」 また報告書はFibre Channel over Ethernet (FCOE)の市場への浸透度合いを細かく分析し、今後の成長分野を検討しています。たとえばFCoE switchesに接続されたFCoE capable ports とend-to-end のFCoE traffic … Continued