Dell’Oro Groupが2011年第4四半期ではpoint-to-pointの Microwave機器は前年同期で19%伸びたと発表しました。セグメント(TDM, Packet and Hybrid)でみると、packet-only radioが前期比で20%と最大の伸びを示しています。 これについて弊社副社長でMicrowave Transmission担当の Jimmy Yuは次のように語っています。 「Packet-only radio は3四半期連続で前期比でみると二桁伸びています。これは通信業者がセルのsite backhaul でのPacket transport に慣れてきたためです。Packet-only radio機器は過去数四半期予想を上回る勢いで伸びてきました。過去2年間ではAlcatel-Lucent がシェア首位で、 Nokia Siemens Networks とDragonWaveが続きます。」 また報告書は2011年に140万台が出荷され、70万台のmicrowave backhaul linksに使われ、2012年には13%伸びると予想しています。シェアの高いメーカーは以下の通りです。 Worldwide 2011 Total Radio Transceiver Shipment Equipment Manufacturer Rank Ericsson 1 Huawei 2 … Continued


Dell’Oro Groupの調査によると、2011年第4四半期では帯域増への需要が売上を牽引したとのことです。ケーブル業者はDOCSIS 3.0を追加し、通信事業者はVDSL とPONの配備を進めました。この結果アクセス機器(Cable + DSL + PON)市場は前期比で10%増、対前年同期比で9%のびました。 これについてDell’Oro Groupの主任アナリストであるSteve Nozik は次のように述べています。 「一番伸びているPON市場の過半は中国市場の大規模配備から来ていますが他の地域も伸びています。次にケーブル分野ではインターネットトラフィックの急増に対応するため、DOCSIS 3.0の配備が進みました。DSLは全体としては縮小していますが、高速のVDSLのポート出荷は記録を更新しています。」 また報告書はCMTSでは Ciscoが首位、ついで Arris。GPONではHuawei が首位、次いでAlcatel-Lucent。 VDSLではAlcatel Lucent が首位維持と報告しています。 <本報告書について> 弊社のアクセス市場レポートは、DSL、ケーブル・モデムとPON機器、すなわちネットワーク機器ではDSL 集線装置(ADSL, G.SHDSL, VDSL), CMTS、PON OLT(BPON, EPON, GPON)、と宅内機器ではDSL Modems, DSL ルーター (data only and voice and data), ケーブルモデム宅内機器、PON ONTをカバーしており、市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析しています。 アクセス市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 … Continued


Dell’Oro GroupのSAN市場調査四半期報告によると、2011年第4四半期で、Fibre Channel (FC) switch and adapterの売上が6億9100万ドルに達したことが判明しました。Brocade とCisco の両社もそれぞれ3億3100万ドル、1億6200万ドルと売り上げ記録を更新しました。Brocade は 前期比で15% 増で、16 Gbps の立ち上げも8万台と順調です。Cisco もdirector class switches でarbitrated local switching といったフィーチャーを持ったnew Advanced Fibre Channel Modules を発売しました。 また報告書は大規模なデータセンターで cloud and virtualizationが需要を牽引していることを分析しています。弊社主任アナリストのCasey Quillinは次の様に語っています。 「データセンターの技術は急速に変化しています。今後10年の変化は今までの変化より大きくなるでしょう。クラウドとvirtualizationの進展はストレージへの需要を大きく膨らませています。これが SAN市場を変化と成長の激しい興味深い分野にしています。 」報告書は更にFCoE, iSCSI, や NASといった他のSAN technologiesについても分析しています。 <SAN市場報告書について> Dell’Oro … Continued


Dell’Oro Groupの調査により、DWDM光伝送市場で、2011年の全世界売上高が前年同期比で19%成長したことが判明しました。売り上げは73億ドルに達しました。 弊社副社長のJimmy Yuは次のように述べています。 「40 と 100 Gbpsの伝送需要が伸びを牽引しています。2012年もmetro 、long haul の双方とも伸びは好調でしょう。2000年に記録した過去最高の77億ドルを突破する勢いで80億ドルに達するとみています。」 また報告書によると、DMDW市場は全地域で伸びていますが、規模では北米が最大です。40 と 100 Gbpsの伝送需要は60%伸び、全体売り上げの3分の一を占めました。2011年の世界シェアのトップグループは以下の通りです。 Worldwide 2011 Total DWDM Revenue Share Equipment Manufacturer Rank Huawei 1 Ciena 2 Alcatel-Lucent 3 <レポートについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に詳細に調査・分析したものです。 弊社光伝送システム機器市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 … Continued


Dell’Oro Groupが2011年第4四半期のモビリティ・インフラストラクチャーRAN市場は2004年以来の成長を遂げたと報告しました。しかし、最後の四半期には前半の成長を牽引した要因が変化し、成長は急に減速しました。2012年にもこの傾向は続くとみています。 Dell’Oro GroupのアナリストであるStefan Pongratzはこれについて次の様に語っています。 「北米では通信事業者は設備投資のガイダンスを守ろうとしています。このため、2011年前半に設備投資が集中するということは予見できましたが、製品購入は変わってきています。すなわち、投資はLTEへの投資にシフトしていて、その他の投資は鈍ってきています。これは2012年にも続きさらに大きな影響を与えます。2012年では世界全体のRANのうち、LTEが40%を占めると予想します。これは経済が不透明でも続くでしょう」 また報告書は今後の短期の見通し、2012年の伸びのドライバーについての分析、地域や技術分野別の需要動向について分析しています。またメーカー別に2011年通算のmobile RAN市場シェアを見ると、Ericsson,が首位、Huawei,が続いています。 <モビリティ・インフラストラクチャー報告について> 当社のモビリティ・インフラストラクチャー四半期レポートは、市場規模、市場シェア、トランシーバーの出荷数量と平均販売価格をベースステーション・コントローラー、ベーストランシーバー・ステーション、モバイル・スイッチング・センターという市場セグメントとGSM/GPRS/EDGE、CDMA、WCDMAとWiMAX別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 モビリティ・インフラストラクチャー市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、厳密な分析のプロセスと検証によって常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。詳細については上記ホームページを御参照ください。 以上


Emulex がシェア首位、Intel とMellanox がポート出荷の伸びでは一位 2012年2月20日 Dell’Oro Groupの10Gbps Ethernetネットワーク・アダプターとコントローラー市場の調査によると、同市場の2011年第4四半期の伸びは前期比で3%、ポート出荷数は130万台と目立たないレベルでした。しかし、2012年第一四半期では大幅に伸びると見ています。Intelの次期サーバープラットフォームRomleyが発売されるためです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるSaheh Boujelbeneはこれについて次の様に語っています。 「従来のサーバー向け出荷は減少していますが、クラウドカスタマー向けの出荷は急伸しています。Mellanoxはadapterの出荷を倍増させましたが、これは単一のクラウド顧客のためです。 またIntel はクラウド顧客向けの独立型サーバーへのLOM 出荷を激増させています。」 報告書によると、2011年第4四半期ではBroadcom, Cisco, Emulex, Intel, Mellanox とQLogicの間でシェアが変動しているとのことです。また10 Gbps の stand-alone vs. Blade serversの 移行、Fibre Channel over Ethernet enabled ports と10G Base-T shipmentsについても分析しています。   <Ethernetネットワーク・コントローラー・アダプター市場報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のEthernetネットワークコントローラー・アダプター市場はアダプターカードの市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格と、Controllerチップの出荷数量をメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 Ethernetスイッチ・ネットワークコントロラー・アダプター市場の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 … Continued


Dell’Oro Groupの5ヵ年予測によると、Fibre Channel Switch & Adapter 市場は今後年率3%で成長し、2016年には28億ドルに達するとのことです。 Dell’Oro GroupのアナリストであるCasey Quillinはこれについて次の様に語っています。 「Virtualization と cloud initiativesがSAN市場を牽引します。サーバーの‘provisioning on demand’というフィーチャーは同時にストレージに柔軟性と拡張性を要求します。SAN storage virtualizationはこの要求にこたえる可能性があり、このためFC市場は拡大するでしょう。またCloudによるストレージはコスト削減効果があり、企業市場で一部ストレージ需要がアウトソースされることになるとみています。このためストレージサービス事業者はインフラに大きな投資が必要になり、やはりFCの需要を牽引するでしょう。」 また報告書はFCの代替技術、たとえばFCoEについても分析しています。FCoE enabled equipment の VendorはCisco, HP, Brocade, Juniper, Emulex, とQLogic.です。 <本報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のSAN 5年予測レポートは市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメント毎に詳細に調査・分析、予測したものです。 SAN 5年予測.レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は、Jessica(連絡先下記)までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 … Continued


Dell’Oro GroupがイーサネットController and Adapter市場で今後5年間、10Gbps Ethernet Controller and Adapterが年率33%で伸びるとの予測を発表しました。これはサーバーの I/O processing capacitiesの向上, Virtualization とBig Dataの進展によるものです。 これについてDell’Oro GroupのアナリストであるSameh Boujelbene は次のように述べています。「従来の移行(100Mbpsから1Gbps)と異なり、10Gbpsへの移行はLOM(native LAN on Motherboard)ではなくいわゆる “daughter adapter” の形で起こっています。主要なサーバーメーカーにとっては、ブランドとフィーチャーの両面でより柔軟性を持てるため、“daughter adapter”への移行は当分続くでしょう。またサーバーメーカーは当分1GbpsをController and Adapterのマザーボードに残して最終ユーザーが10Gbpsへスムースに移行できるようにするでしょう。」 また報告書は10Gbpsと1Gbpsの価格とポート出荷を分析し、10Gbpsへの移行が一気に進むと予測しています。また10G Base-Tの採用を促進する要因、阻害する要因を分析し、FCoE 可能なポートについても予測しています。   <本報告書について> 弊社のイーサネットController and Adapter市場レポートは、1Gbps, 10 Gbps, 40Gbps EthernetとFCoEのController and Adapterいった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析したものです。 … Continued


Dell’Oro Groupがpoint-to-pointの Microwave機器の5か年予測を発表しました。これによると、同市場は今後年率16%伸びて2016年には60億ドルに達するとのことです。 Dell’Oro GroupのディレクターであるJimmy Yuはこれについて次の様に語っています。 「HSPA とLTEといった4G networksでのモバイル・データトラッフィクは毎年急増します。2016年までにはセルサイトから送られるトラッフィクは4倍になるとみています。一方、技術革新が起こっています。たとえば、広帯域化、高周波数化、変調技術の進展といったものです。イーサネット対応のMicrowave transmission 機器は1 Gbps in native Ethernetへ達し、価格も競争力が出てくるので、トラッフィクの急増には対応可能でしょう。」 <Microwave transmission報告について> 当社のMicrowave transmission機器5か年予測は、市場規模、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybridという市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に詳細に調査・分析したものです。 本市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro … Continued


Dell’Oro Groupが、通信事業者向けエッジルーター市場で、今後5年間の成長が56%に達するとの5ヶ年予測を明らかにしました。 インターネットのトラッフィックの急増に対処するためです。特にモバイルデータをセルサイトからスイッチングセンターへ送るmobile backhaulでのルーターの使用が増えると予測しています。 これについてDell’Oro Group の副社長であるShin Umeda は次の様に分析しています。 「インターネットのトラッフィックを処理するためにはルーターが最も適しています。モバイルはLTE やHSPA+といったように高速化しています。この高速化と大量のデータに対応するため、通信事業者はルーターの投資を増加させています。過去18カ月は北米がこうした動きの中心でしたが、今後5年間でこの動きは世界に広がるでしょう。」 このmobile backhaulの成長に関しては、ルーターのみならず、microwave transmission, optical transport, routers とswitches.といった報告書でカバーしています。 <ルーター市場5ヵ年予測レポート> ルーター市場5ヵ年予測は企業向けと通信事業者向けに市場規模、ポート台数ベースの出荷数量と平均販売価格を予測しています。製品セグメントは以下の通りです。(By speed T1/E1, T3/E3, OC-3/STM-1, OC-12/STM-4, OC-48/STM-16, OC-192/STM-64, OC-768/STM-256, 100Mbps Ethernet, 1000Mbps Ethernet, and 10 Gbps Ethernet) for router and WAN switch technologies. … Continued