Dell’Oro Groupの5カ年予測によると、光伝送市場の市場は2016年には190億ドルに達するとのことです。このうちDWDM は年率10%伸びて120億ドルを占めます。 これについてDell’Oro Groupの副社長であるJimmy Yuは次のように語っています。 「固定通信とモバイル通信の両方で、backhaul capacity への要求は増える一方です。今後5年をみると、次の傾向がみられます。1」パケットベースの製品の増加、今後5年で3倍になるでしょう。2)パケットベースの機器の増加と相まって伝送と交換の両方で、OTN, MPLS, とMPLS-TP の使用が増える。3)40 Gbps と100 Gbps のDWDM が増え、2016年にはDWDM全体の60%を占めるまでになる。」 <レポートについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の光伝送システム機器市場5カ年予測レポートは、長距離DMDW、都市圏DMDW、SONET/SDH多重化装置(マルチサービス、ADM)及び光スイッチについて、市場規模、市場シェア、ポート・ライン・波長等や台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメント別に詳細に調査・分析・予測したものです。 弊社光伝送システム機器市場5カ年予測レポートレポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> 以上


Dell’Oro Groupの最新の予測によると、Application Deliveryコントローラーは2016年には20億ドルを超え、WAN Optimizationは15億ドルを超えるとみています。これはクラウドとVirtualizationに代表されるデータセンターの進化によるものです。 Dell’Oro Groupの主任アナリストであるAlan Weckel はこれについて次の様に語っています。 「データセンター向け製品は隣接分野の機能を取り込んで拡大しています。二つ例を上げます。 Application Delivery Controllersは security機能を取り込んでいます。WAN Optimization devicesにはstorage protocols が取り込まれています。この傾向は二つの方向で続くとみています。ひとつの方向は現在のプラットフォームのうえに隣接の機能を取り込む方向、もう一つの方向は製品の進化が続き製品間の境目がはっきりしなくなるなかで、包括的な新しいプラットフォームが出現してくる方向です。」 報告書によると、virtual appliances が今後シェアを高めていくと分析しています。Application Delivery Controllers と WAN Optimization の両方でシェアの高いメーカーCisco, Citrix, F5, とRiverbedです。 <データセンターアプライアンス> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のData Center Appliance市場四半期報告はApplication Delivery Controller (Modular, Fixed and Virtual) … Continued


Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、モビリティ・インフラストラクチャ-機器世界市場 (GSM/GPRS/EDGE, TDMA, CDMA, およびWCDMA) でLTE機器が今後5カ年で年率46%成長するとの見込みです。 Dell’Oro Groupの主任アナリストであるStefan Pongratz はこれについて次の様に語っています。 はこれについて次の様に語っています。 「スマートフォンがより手に入りやすくなり、エコシステムが確立してきて急増するモビリティ・データトラフィックの伸びがLTE機器の成長を牽引しています。これは先進国のみならず、新興国でも起こっています。これに加えて周波数の限界があることから、各社は最も周波数効率が良い通信システムを展開しています。4Gの通信網に加えて、macro networkを補完するpico nodes とWiFiのco-channel 化が進んでいます。」 また報告書は今後5カ年の前半には macro LTEが伸び、その後2016年には戸外metro とpico eNode B がmacro を凌駕すると見ています。また3GPP RANは年率6%伸びると予測しています。 <本報告書について> モビリティ・インフラストラクチャー-機器世界市場5ヶ年予測は業界の完全な展望を行うもので、 GSM/GPRS/EDGE, CDMA, TDMA, 及びWCDMA. といった技術カテゴリー毎に、Base Station Controller、Base Transceiver Stationと Mobile Switching Centerの売上高、出荷台数、送受信機の数量と価格の表を含んだものです。 … Continued


Dell’Oro Groupが、通信事業者向けのIP電話(ソフトスイッチやメディアゲートウェイ)の市場のなかで有線の音声コア市場は2016年に68億ドルに達するが、2011年比で10%の減少になるとの5ヵ年予測を明らかにしました。この5年間で、回路交換やトラフィックを回路交換からVoIPへ変換する機器の需要は年率8%で減少しますが、 VoIP-Only のソフトベースの市場は年率19%増加すると見ています。特に有望なのは、 Voice Application Servers (VAS)、Border Controllers (SBC) とIP Multimedia Subsystem (IMS) devicesで、この理由はブロードバンドへの移行に伴って企業のSIP Trunkingの使用、クラウドベースの音声電話、ワイヤレスのVoLTEへの移行が起こっているためです。 これについて当社のアナリストのChris DePuyは次のように語っています。 「今年は北米で、VoLTEの商用化 serviceが始まります。これのインフラは従来までのワイヤレス音声コアと異なってソフトウェアベースなことが特徴です。ワイヤレスユーザーの大きなベースがVoLTEに移行するため、VAS, SBC とIMS systems への投資が増えるでしょう。これは有線で起こっているものと同じ傾向です。」 また報告書はVoLTE加入者数の予測、ソフトスイッチやメディアゲートウェイ、企業向けSBCの予測をふくんでいます。 <通信事業者向けIP電話市場5カ年予測レポートについて> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社の通信事業者向けIP電話市場5ヵ年予測レポートは、ソフトスイッチ、メディアゲートウェイやSBCの市場規模、平均販売価格とライセンス・チャネル出荷を詳細に調査・分析しています。このレポートはメディアゲートウェイを高密度、中密度、低密度のセグメントに分けて分析しています。 通信事業者向けIP電話市場レポートの購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記までご連絡ください。 … Continued


Dell’Oro Groupの最新の5ヶ年予測では、ワイヤレスLAN市場が2016年までに99億ドルを突破するとしています。2011年比で52%増になります。市場の新しい牽引者としてBYOD(Bring Your Own Device)に加えて, WiFi Offload, 802.11ac Upgrade, Consumer Video over WiFiが出現してきています。 Dell’Oro GroupのアナリストであるChris DePuyは次の様に語っています。 「企業は従業員がスマートフォンやタブレットといったWi-Fi応用端末をネットワークに連結する手段としてWi-Fiを評価しています。これに加えて通信事業者がWi-Fi機器の購入を増やしてきています。これがWi-Fiの事業範囲をひろげています。通信事業者はWi-Fiを携帯のトラッフィクのOffloadに使用しています。最近では固定通信業者もこの分野に乗り出し、企業のWi-Fi需要のアウトソーシングサービスを始めています。」 また報告書は企業Wi-Fi市場が2016年には50億ドルに達し、SOHO市場はやはり46億ドルに達すると予測しています。また台数予測とWiFi Offloadのトラッフィク予測も記載しています。 <ワイヤレスLAN市場5ヶ年予測について> 上記は弊社の2010年第1四半期ワイヤレスLAN市場レポートからの抜粋です。この調査は市場規模、市場シェア、ポート/台数の出荷数量と平均販売価格を市場セグメントとメーカー別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。企業向けおよびSOHO向けアクセス・ポイント、ブロードバンド・ゲートウェイ、ネットワーク・インターフェース・カードを含み、802.11b, 802.11g、802.11a/g、 と802.11nを対象としたものです。 ワイヤレスLAN市場レポートの購入をご希望の方は、市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール : Jessica@DellOro.com Webサイト:www.DellOro.com また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。 電話:0467-25-4137 FAX: 0467-25-4137 電子メール:Kenichi@DellOro.com <Dell’Oro Groupについて> … Continued


Dell’Oro GroupがL2-L3イーサネットスイッチ市場が2016年には280億ドルに接近するとの5カ年予測を発表しました。L2-L3のスイッチングでは, データセンター向けに最適化された需要が好調で、売上の大部分は10Gbps が占めるものと予測しています。一方、40Gbpsと100Gpsの需要も堅調で両方合わせて30億ドルに達するとみています。 これについてDell’Oro Groupの先任ディレクターであるAlan Weckel は次のように述べています。 「イーサネットスイッチの市場は2013年と2014年には10Gbpsへの移行が起こるため大幅に伸びるでしょう。2013年には大企業がサーバーアクセスに各種の接続、ブレードサーバー、SFP+ direct attach あるいは 10G Base-T、を経由しての10Gbpsイーサネットスイッチに移行するでしょう。2014年には中小規模の企業が10Gbpsに移行すると思います。2010年代の後半には、40Gbpsと100Gpsの需要が堅調に伸びるとみています。」 また報告書は予測期間で最も伸びるのは固定型10Gbpsとみています。 メーカー別で見ると、Alcatel-Lucent, Avaya, Brocade, Cisco, Extreme, Dell, HP, IBM, とJuniperが該当製品を供給しています。 <本報告書について> 弊社のイーサネットスイッチ市場5カ年予測レポートは、第2層(レイヤ2)スイッチ、第3層(レイヤ3)スイッチ[100, 1000 Mbps and 10Gbps、管理型および非管理型に分けて調査], 第4~7層(レイヤ4~7)スイッチ[100, 1000 Mbps]といった技術カテゴリー毎に詳細なデータを集め分析、予測したものです。 イーサネットスイッチ市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。 電話: 米国 650-622-9400 内線222 FAX: 米国650-654-9428 電子メール … Continued