2014年12月15日

Dell’Oro GroupのNetwork Functions Virtualization あるいはNFV movementに関する報告書は始まってから3年を経過した通信業界でのこの一大革新について分析しています。 NFV は通信基盤にインターネットのクラウドでGoogle, Amazon、Facebook等が普通に行なっている仮想化とクラウドコンピューティングの技術を適用しようとするものです。報告書はこの技術が持つ革新性とそれが通信業界、機器メーカーと通信事業者に与える影響を分析したものです。 弊社の副社長であるShin Umeda,は次のように語っています。 「NFV関連で注ぎ込まれているエネルギーは大変なもので興奮させられます。 一方そのエコシステムは大きく進化してはいますが大規模な配備には未だ数年はかかるとみています。」 <本報告書について> Dell’Oro Groupはネットワーキング業界専門の市場調査会社で、常に正確かつタイムリーな情報を提供しています。弊社のNFV Advanced Research ReportはNFV市場の今後5カ年の動向を予測し、それが機器メーカーと通信事業者に与える影響を分析するものです。NFVの各技術セグメントに関する売り上げを予測し、技術、ビジネスとその財務的影響を分析するものです。この報告書が分析する事項は;   NFVはネットワーク機器を補完するものか、あるいは代替するものか? どのネットワーク機器がNFVの影響を受けるか? オープンソースがNFVに使われるか? NFVで重要な技術とは? 通信事業者の設備投資、運営費や売り上げに与える影響は? NFVはメーカーや通信事業者に大きな影響を与えるか?   この報告書の購入をご希望の方は、下記までご一報下さい。                                  電話:           米国 650-622-9400 内線244                                FAX:            米国650-654-9428                                Email; Julie@DellOro.com. … Continued


2014年12月15日

Dell’Oro Groupが2014年第3四半期では、point-to-pointの マイクロウェーヴ伝送機器市場は2014年初頭に始まった成長が継続している、と発表しました。これは3年間続いた市場縮小の後で起こっています。2014年第3四半期では前年同期で5%と2四半期連続で伸び2014年通年では3%前後の伸びになるとみています。 これについて弊社副社長でマイクロウェーヴ伝送機器担当の Jimmy Yuは次のように語っています。 「マイクロウェーヴ伝送機器市場は成長に復帰しました。2四半期連続の成長のあともこの成長は継続するとみています。モバイル通信事業者は固定回線よりも無線による後方支援がより有利な地域での事業拡大を進めています。インドや中近東はそうした地域の一例です。これらの地域がマイクロウェーヴ伝送機器市場の拡大を支えるでしょう。」 “2014年第3四半期ではアジア太平洋と中近東のマイクロウェーヴ伝送機器市場はそれぞれ33 percent と20 percent伸びました。アフリカや欧州の一部で、後方支援を無線に頼る地域の伸びがアメリカでの減少を補いました。   <Microwave transmission報告について> 当社のマイクロウェーヴ伝送機器四半期レポートは、市場規模、市場シェア、ポート・トランシーバー出荷数量と平均販売価格をpoint-to-point TDM 、PacketとHybridという市場セグメントと伝送能力(低速、高速、超高速)別に四半期毎に詳細に調査・分析したものです。 本市場レポートの購入をご希望の方は、連絡先下記までご一報下さい。                           電話:   米国 650-622-9400 内線224                         FAX:   米国650-654-9428                         電子メール Julie@DellOllo.com                Webサイト:www.DellOro.com             また日本語でのお問い合わせをご希望の方は、下記にてご連絡ください。                                電子メール:kenichi@delloro.com   <Dell’Oro Groupについて> Dell’Oro … Continued